鉄道&模型 浜リン Blog

お越しいただき、ありがとうございます。 コメント・トラックバックは承認されるまで表示されません。ご了承ください。。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

お約束の1枚、もちろん現物も展示してありました。
イメージ 1

皆さん、既に色々レポートをアップされているので、気になった点だけ。

Tゲージ(軌間3mm)のパーツを使った1/160 Nナロー。3 x 160 = 480 ≒ 500mmのようです。
イメージ 2
電車や気動車の動力を使って動かすようです。
興味深いですが、かなり無理があるような・・・

メーカーのHPはこちら↓、でもドイツ語。

こちらの2台も無動力なのかな?
イメージ 6

Tゲージの小型DL、開発中とのこと。小指の先ほどの大きさです。
イメージ 7

造形村のEF13凸、DCCのコネクタに21ピン仕様が出来たとは知りませんでした。
イメージ 8

Nゲージの線路を丸めたJoke Track。イメージ 9

名前の付け方が洒落ています。一番小さいのは\3500もしますが、このサイズを奇麗に丸めるのは大変です。
イメージ 10

Left Engine 2 wheels shay
イメージ 11

やはり、今回の目玉はこれでしょうね。3線式、8mmゲージ、連接台車。
昭和16年の製作。72年前?凄い!
イメージ 12

鉄道模型功労者の方々の特別講話。興味深い話でした。
イメージ 3

今野さんのクリニック。「ナローの動輪を作る」
簡単そうにやっていましたが、私の腕と、私の持っている旋盤の精度では無理でしょう。
イメージ 4

大東さんのクリニック。「等角逆捻り機構の工夫」も興味深いお話でした。
車輛はOゲージですが、この機構ならHOの車輛に組めるかな?
イメージ 5

今回の物欲はこれだけ
試作のピンカプラー用のリンク、アルモデルのφ4用のアーチバー台車枠、杉山模型の煙突。
イメージ 13
今回の散財は駅弁1個に満たない額でした。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事