鉄道&模型 浜リン Blog

お越しいただき、ありがとうございます。 コメント・トラックバックは承認されるまで表示されません。ご了承ください。。

Narrow Gauge

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全162ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年何を作ったか 2018

恒例の今年の振り返りです。

1、HOナロー、アルモデル 猫屋線改造パーツセットE+アルパワーN16
改造パーツセットなのに、猫屋線DLは使わなくても1両できるというエッチング板キットです。
素組ですが、つかみ棒とヘッドライトは挽物を使いました。カプラーは猫屋線の部品。
塗装は尾小屋風にしました。
イメージ 1

2、HOナロー MW  根室拓殖のちどり号
ちどり号は、エンジンを載せ替えた時に車体が鋼体化されて、車体の裾の絞りが無くなったようで、MWのキットをベースに、車体の裾の絞りを修正して無くしました。
ドアも縁を削って引込み具合を修正してあります。
代燃装置を付けました。代燃装置は、キットのエンドビームは使わず、Lアングルを使ってネジ止めにし、代燃無しの姿も再現できるようにしました。
代燃装置が付いていた頃は、この塗装色では無かったようです。
イメージ 2

イメージ 3

3、HOナロー W工芸 根室拓殖の銀龍号
随分前から仕掛かりになっていましたが、仕上げました。
運転代のAピラーを細く削って、窓枠は作り直しました。窓枠が太かったかな?
運転台の後ろ側は、右側は角を丸くしました。左側はレールトラックだった頃は代燃装置がありましたが、客室に載せ換えた時に、代燃装置は外され、運転台が箱になりましたが、角は丸ではなく直角に付き合わせただけだったようですので、模型でも右は丸、左は角にしました。
運転台のドアは面一だったようなので、真鍮板を貼って窓を開けました。
イメージ 4

イメージ 5

これで、根室拓殖の珍車?レールカー3台が揃いました。
イメージ 6

4、HOナロー、ペアーハンズのキット多数
軽便祭のクリクラのお題がペアーハンズだったので、仕掛かりになっていたキットをせっせと組みました。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

旧作を含めて、21両ほど展示しました。
イメージ 11

以下、仕掛かり
5、HOナロー ペアーハンズ、レールトラック
とても可愛らしい形のレールトラックです。
はこてつ動力を見えるようにした設計ですが、ボンネットや代燃措置で動力を隠しました。
四角い代燃装置は、建設機械の方のKATO本を参考に、それらしく作りました。かなりオーバースケールかもしれません。
さて、何色に塗ろうか・・・
イメージ 12

イメージ 13

6、HOナロー MW 歌登のマイクロレールバスIII
まだ素組の状態
同社の旧製品に比べると、車体の幅が広くなっています。
旧製品と最新のIIIのどちらが、ファインスケールなのでしょうか?
どなたか実車の寸法をご存知でしたら、コメントをください。
イメージ 14

イメージ 15

他にも多少ありますが、一応形になっているのは以上です。








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年も、ブログの更新をサボッている内に年末です。(汗

恒例の今年の振り返りです。

1.  HOナロー、MW かもめ
 前面を除いてキットのママです。左のドアは実車はアルミ地のままだったようですが、塗りました。
 地面はみのるさんの作品。軽便鉄道模型祭にて
イメージ 1

 前面は、三角窓の形を修正。車体の角も丸くしました。
イメージ 2


2. HOナロー、ARUMODEL 協三Bタンク
 ほぼ素組ですが、握り棒を追加、汽笛と安全弁は真鍮挽物に変えました。
 この後、窓をつけて、一応完成。
イメージ 3


3.4.5.  HOナロー、DL3台、ワールド工芸、頸城のDB,DCと、三重交通D21
 以前、組んで、未塗装だった仕掛かりを塗りました。
 今年の軽便祭クリクラのお題が、ロッド式だったので・・・(^^;
 来年のお題は、私の仕掛りから選んで頂けると、仕掛りが履けて、助かります。(^^;
イメージ 5

 DDC92は、この後、砂箱を追加して、軽便祭に間に合わせました。
イメージ 6


6. HOナロー、100均コースター線路
 両面テープを前面に貼って、丸てもらった線路、バラスト、草を貼りつけて完成!というお手軽工作です。
イメージ 4


7. トーマモデルワークス、HOナロー、ポーターサドルタンク
 大きなモーターがキャブ内に見えるのが気にいらなくて、小さいアルモーターに変えて、サドルタンク内に移設しました。
 キャブインテリアは、今野さんの製品です。まだ仕掛り
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

8.9. トーマモデルワークス、Nゲージ、日車Cタンク
 煙突を少し細くしたのと、解放テコを真鍮線に換えました。KDカプラーを取り付けました。
イメージ 10

イメージ 11

10. その他
 DCC、ミント缶コントローラーと電池電源を組みました。
 最近、TOMIXのTONSを購入して、遊んでいます。これ、面白いです。
イメージ 12

 以上
 来年は、もう少し工作する時間が欲しいですね



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年はブログの更新をサボっていたら、大晦日です (滝汗 

恒例の今年の振り返りです。

1. 自動往復運転パイク
初めての地面作りに四苦八苦 (笑 
祭までに、なんとか形にしました。
イメージ 1

2. アルモデル、森林用Cタンク
Nと共通で小さいドームとシリンダーをパテ盛りして大きくしました。
まだ多少凸凹していますが、妥協しました。
ライト、煙突、安全弁を変更、手摺棒と汽笛を追加しました。
イメージ 2

以上が、一応完成したもの
以下、いつもの仕掛かり

3. 珊瑚模型、SR&RL No.9 2-4-4 
あっちこっち弄りまくってます。一番の変更点は、台枠を切り離してメイソンボギーに改造
イメージ 3

4. トーマモデル 谷村鉄工所タイプGL
半田だらけでお恥ずかしい、半田が良く拡がる板です。
いつもの通り、ネジ穴を裏打ちしてネジの噛み合いを増やした以外、素組み。
イメージ 4

5. ワールド工芸、ホイットコム
車体を箱にして、動力を組んだけど・・・どこいった?

番外編
6. フェルト盤のコントローラーの埋め込み
パワーパックx2と配電盤、ポイントスイッチを縁に納めました。ポイントの切り換えはコンデンサー式。
イメージ 5

祭では、背景にボール紙も立てて、スッキリしました。
イメージ 6


他に、トーマモデルの日車20トンも手をつけました。

仕事は9月頃から、割と暇になったのですが、地面を作って息切れでした。

それでは、皆様、良いお年を

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

恒例の今年の振り返りです。

今年は仕事が忙しく、仕事で疲れて帰宅してからの工作もほとんどなく、低調でした。
年末巨大富籤で1等賞を当てて、すっぱり隠居する予定です。(笑)

トーマモデルワークスのシェイ。もう少し手を入れようと思っています。
イメージ 1

杉山模型Baby Boxcar改、スチームトラム。
イメージ 2
トーマモデルワークスのシリンダとロッド、杉山模型の煙突を使ってSLにしました。
ラジエターは外して、扉にしてあります。
室内に縦釜をつけようと思いつつ、未工作です。

アルモデルHOナロー、森林用Bタンク
イメージ 3
作品拝見に間に合わせるために、トビカの黒をぷしゅ〜と吹きました。
塗装ムラあり、ウエザリングで誤魔化そうか・・・(^_^;;) 

今年は仕事が忙しく、海外出張も3回。
出張がてらフランクフルト軽便鉄道博物館に寄れたのは幸いでした。
イメージ 4

来年は工作の時間がとれることを願っています。
それでは、皆様、良いお年を・・・

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

遅ればせならが、第11回軽便鉄道模型祭の報告です。

昨年までのさつき会館から、綿商会館に会場が移って、会場がかなり広くなりました。
今年は、ゆったり使えると思いきや・・・

当初、フェルト盤の上にだけ置く予定のフィニッシュ祭でしたが、予想以上に集まり、急遽用地拡大。
拡大した方に看板を置いたためか、こちらは取材があったようですが・・・
イメージ 1

本来の置き場であったフェルト盤の方は取材は、ほとんど無かったようです。
イメージ 3

イメージ 2
フィニッシュ祭とは、あまり関係の無いシェイが往復運転していて、こちらは目を凝らして見ていた方が多かったようです。

2011年に制作したフェルト盤は、今年も役にたってくれました。
パワーパック等が邪魔なので、少し整備しようかと思っています。

罪庫過多ですが、欲しい時に飼っておかないと、無くなってしまうので、今年も散財。
他に、貝島炭鉱と軽便賛歌の本も買いました。
イメージ 4

簡単ですが、他に沢山レポートが上がっているので、これだけ。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全162ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事