ありがとう 感謝します

ありがとう 感謝します で 世界をみたしましょう

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

浅草寺の管長だった清水谷恭順師が尊徳先生と観音経についてこのように講和されていた。
(「観音信仰と坐禅の心」より抜粋)

「神奈川県の飯泉(いいずみ)観音は、板東(ばんとう)33箇所霊場の一つであります。
あの寺へ二宮尊徳先生が若いころにお参りをしました。
その日に先にお坊さんが行ってお経をあげておりました。
二宮金次郎さんはうしろでそれを聞いておりますと、日本語であげておるものですからよくわかります。

そこでお経が済んでしまったから、その旅僧に向かって
「ただいまおあげになったお経は何というお経でございますか」
「これは観音経でございます」
「そうですか、私はときどき菩提所へ参りまして、お坊さんが観音経をあげるのをお聞きしますけれども、少しもわかりませんでしたが、ただいまのはよくわかったのですが、どういうわけですか」
「いや、ふだんは呉音で中国風に棒読みにしておるからおわかりにならないんでありますけれども、ただいまのは和訳をして読誦(どくじゅ)しましたからおわかりになったんんであります」
「あ、そうですか、まことにありがとうございました。
ここに僅かではありますが、200文あります。
これをお布施におあげしますから、もう一度ただいまのように日本語であげてください」
「それはおやすいことですからいたしますがお布施はいりません」
「いや、そうではなく、どうぞ些細でありますけれどもお受け願いたい、
ぜひもう一度おあげください」
「かしこまりました。
それならばちょうだいいたします」
というのでその200文をいただいて、
旅僧がもう一度
「その時に無尽意菩薩(むじんにぼさつ)、すなわち座よりたってひとえに右の肩をあらわにして・・・」というふうに和訳して観音経を唱えました。

そうすると二宮尊徳先生は若い時から偉かった。
それをずっとお聞きして何と申されたかというと
「誠にありがたいことです。
観音経は要するに私には二宮金次郎観音になれということをお説きになったんですね」
と坊さんに尋ねました。
坊さんはびっくりしました。
自分などが長い間かかってそういうことを悟ったにもかかわらず、
二宮金次郎青年は二度聞いただけで直ちに観音経の真髄を体得されたのであります。
あありっぱな人であると感じまして
「あなたもお若いのになかなか偉い、
あなたのおっしゃるとおりであります。
観音様は、われわれに観音になれ、お互いが観音さまになって慈悲をもって一切の人々に対し、また動物にも対し、草木にも対せよということ、
つまりわれわれに観音さまになれということが、説かれてあるのであります」
という答えをしたそうです。

ですから、皆さんが観音経をおあげになり観音さまを信仰する以上は、皆さんがそのまま一分の観音さまになってください。
それが観音さまの思し召しであります。」

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事