咢堂香風の最新ニュース

咢堂香風のHPにつながりにくくなっれいます。こちらへどうぞ http://gakudoukofu.hotcom-web.com/
 5月11日(土)にさくらの絵コンクール表彰式後、NPO法人咢堂香風社員総会が開催されました。会では、提出した4議案「事業報告、決算、事業計画()、予算()」と2報告「監査報告、記念館管理運営」が審議され、何れも原案どおり承認されました。

イメージ 1
 

開く コメント(0)

 東京市長でもあった尾崎行雄がアメリカのワシントンに桜を贈ったことにちなんで開催した「さくらの写生コンクール」は九回目を迎えました。
今年は開花期間が長かったためか応募作品数も多く、なんと七五二点もの応募がありました。どの作品も思わずみとれてしまうほどの力作ばかりでした。
五月十一日の表彰式当日には伊勢市長、市議会副議長、教育長の臨席を賜り、当該賞受賞者に直接手渡していただきました。引き続き審査委員長の大西雅子先生から受賞作品ひとつひとつにわかりやすい講評をいただき、盛会のうちに式典を終えました。
全応募作品は表彰式から一か月間尾崎咢堂記念館内に掲示され、館内は子どもたちの描いた満開の桜につつまれています
イメージ 1

開く コメント(0)

第22回生誕祭開催

12月8日(土)第23回生誕祭が開催されました。小中学生読書感想文コンクールは、小学校387名、中学校164名の応募があり、23回目で応募総数10,207点となりました。
各賞学校名学年名  前読み仮名題名
市長賞1明野小 6山形 奏太やまがた かなた咢堂から学んだ生き方
1小俣中 2加藤 愛香かとう まなか私の目標「尾崎咢堂」
市議会議長賞2御薗小 6田中 ゆずはたなか ゆずは尾崎がくどうの生き方から学んだこと
2玉城中 3八木 琴香やぎ ことか咢堂と出会って
教育委員会教育長賞3神社小 6野村 紗穂のむら さほ目指すのは平和 尾崎行雄
3五十鈴中 3中村 日南なかむら ひな大切なこと
尾崎行雄記念財団賞4明倫小 6向井 琉矩むかい るく尾崎咢堂
4伊勢宮川中 3大田 真穂おおた まほ今に通じる咢堂
NPO法人咢堂
香風会長賞
5厚生小 6河口 凛美かわぐち りみ私と真逆だ・・・尾崎咢堂
5五十鈴中 3河原田 悠雅かわらだ ゆうが戦い続けた尾崎咢堂
NPO法人咢堂
香風理事長賞
6有緝小 6大久保 健太おおくぼ けんた尾崎行雄について
6城田中 3山中 慶人やまなか けいと尾崎行雄と桜の木
尾崎咢堂記念館
館長賞
7中島小 6金森 星明かなもり せいあ咢堂について
7城田中 3成田 蒼葉なりた あおば伊勢の誇り・尾崎行雄
イメージ 1

今年も講演は石田尊昭氏にお願いしました。演題は「尾崎行雄の信念と生き方に学ぶ」です。過去の事を糧にして1931年咢堂翁77歳の時に「人生の本舞台は将来にあり」と詠み、私利私欲なく世界の為に何ができるかを考え、民主主義の精神が国民に根付き有権者としての自覚を持ち責任ある行動する事の意義を唱えました。この咢堂精神を伊勢の地から発信すべく後世に伝えていく重要性をお話しいただきました。
イメージ 2

その後は「未来の宝 子供達との集い」です。伊勢市議会議員との集いも会を重ねました。今年も受賞者、父兄が集い避難所の設備、瀬田川の汚染、児童の放課後教育等色々な質問に3名の市議会議員が答えて頂きました。
イメージ 3


開く コメント(0)

11月25日(日)尾崎咢堂記念館にて伊勢選管などが投票への関心をたかめてもらおうと企画した「第44回白ばらの集い」が開催されました。
イメージ 1

石田尊昭氏(尾崎行雄記念財団理事・事務局長)が講演を行い演題は、「尾崎行雄に学ぶ一票の価値」で、尾崎の著書「民主政治読本」など有権者が大事にする心得が書かれていることを紹介。「どんな国や政治を望むのか、有権者が自分の頭で常に考えないといけない。尾崎の視線は有権者に厳しく向けられていたことも知るべきだ」などと語った。
イメージ 2

開く コメント(0)

10月19〜20日、尾崎行雄ゆかりの地を巡るフィールドワークが実施されました。ハナミズキの女王はじめ19人の会員が参加しました。
朝7時に咢堂記念館前を出発し、まずは静岡市興津にある農業食品産業技術総合研究機構果樹研究所カンキツ研究興津拠点を訪問しました。この施設は尾崎がアメリカに贈った桜の育成に携わった場所で、ここがなければワシントンに桜は咲いていなかったかもしれません。
研究所では、保存されていた資料を基に育成に尽力された方々の名前を挙げて、その努力を丁寧に説明していただきました。とともに、研究対象の「みかんの効能」についても話していただきました。健康や長寿に結びつく成分がたくさん含まれているという話に参加者は身を乗り出して聞き入っていました。施設名の硬いイメージと違って、わかりやすいお話でした。
その後、東京の憲政記念館に向かいました。夕刻から尾崎行雄記念財団主催の「憲政の父・尾崎行雄生誕160周年の集い」に参加しました。
式典では、大島理森衆議院議長、高村正彦財団理事長の挨拶に始まり、安倍晋三総理や鈴木健一伊勢市長のメッセージが紹介されました。
挨拶に引き続いて当会の土井孝子理事長の講演が持たれました。演題を「全米桜まつりへの参加と日米交流」と掲げ、これまでの日米交流の経過や今年の訪米の様子を、プロジェクターから投影される写真を提示して、時にはユーモアも交えながらていねいに話しました。
翌日は朝から皇居東御苑を見学しました。ここは、旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備されたものです。たびたび東京に行かれる方でもつい見落としてしまいがちな場所です。殿様気分に浸りながらゆっくりとめぐりました。
昼食は横浜中華街でとったあと、車中でビンゴゲームなどを楽しみながら帰途につきました。                奥本謙造館長寄稿
イメージ 1

イメージ 2
            

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事