ここから本文です
BCL日記
BCL日記 2005 : ラジオで聴く世界の放送を中心にしたブログです。現在コメントへの回答はしていません。ご容赦ください。

書庫全体表示

ハムフェア2012

今年もハムフェアに行きました。会場は東京ビッグサイトでした。
結構な人出で、会場の外まで人の列が出来ていました。
イメージ 1

さっそく日本短波クラブのブースに行きました。
ブースではHCJBの尾崎さんがいらっしゃってました。
イメージ 2

午後の講演会では赤林さんの過去10年間の総括と今後の短波放送という題で
過去10年に消えた短波放送局等の総括がありました。
欧州で短波放送局が次々と消えていったこと等を話されていました。
イメージ 3

会場で特に目新しいと感じたのは、AORが同調式磁界型ループアンテナ LA800 (定価 59850円) を発売していたことでした。

ΔLoop7のコンセプトに近いアンテナと感じましたがΔLoop7との違いは、カバレッジ(10kHz〜500MHz)
が広いことと、バンド分割が多いことです。

中波から短波にかけてを6バンドに分割した同調式のアンテナとなっており、ループのサイズはALA1530より
直径で10cmほど小さいコンパクトサイズとなっていました。

短波だけではなく中波も同調式となっていることから、中波受信における中波強大局の混変調・混信を
抑える効果もあると思われます。

さらにシールド・ループになっている(ちなみにALA1530はシールド・ループではない)ことから
さらなるノイズ低減効果があるものと思われます。

差動増幅回路になっているかどうかは不明です。(なっていたとしたらシールド・ループの効果と併せて
相当低ノイズのアンテナになっていると思われます)

さらに長波、30MHzから500MHzについても同調式ではないものの20dBゲインのアクティブループ
アンテナとして動作するということ等、非常に興味深い商品となっておりました。

実働結果を見ていないので断定は出来ませんが、スペック上からは、かなりDX適性の高いアンテナで
あると思います。
イメージ 4
イメージ 5

会場で目を引いたのは非売品のKENCRAFT QR666 でした。
傷もほとんどなく、垂涎ものの美品でした。しばらく見とれていました。

すでに会場前から入場出来るブース出展関係者の方が、目ぼしい商品の購入をしていたようで、
コンディションの良い商品、レアな商品は開場時にはほとんど売約済みとなっていました。

程度の良いR-300が2台あったのですが売約済みとなっていたのが残念でした。

またTRY-X2000(東芝)の程度がいいものが15000円で売られていて、購入するかどうか迷っていたのですが
思案しながら他のブースを回って戻ったら、既に売約済みとなっていて、残念でした。
イメージ 6

今年日本短波クラブは創立60周年ということで記念パーティーに参加しました。
現在の会員数が300人強とのことでしたが、そのうち40名強のメンバーの方がパーティーに
参加されていて、楽しい歓談の席となりました。

私も多くの方との会話をさせていただきました。
どうも有難うございました。
イメージ 7
夜8時ごろに散会となりました。
大変充実した楽しいハムフェアでした。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事