時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

最新記事

すべて表示

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。昨日、本ブログにて、『旧約聖書』のアブラハムについて、「アブラハムやソロモン王も、秘かに、マルクート教を信仰していた可能性がある」と述べました。アブラハムは、古代シュメー ...すべて表示すべて表示

  今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。イルミナティーは、滅亡対象国に対して「尖兵作戦」と「大量虐殺作戦」という内と外からの2方向からの殲滅作戦を遂行していると推測することができるのですが、この作戦は、イルミナ ...すべて表示すべて表示

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。今日、日本国憲法第九条の改正が議論されており、改正案の作成段階にまで至っております。しかしながら、この問題に関しても、イルミナティー・ファクターを考慮すべきなのではないか ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事