時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

最新記事

すべて表示

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。イベリア半島とオランダがハプスブルグ領であったことから、オランダに「黒いユダヤ人」が移住するようになり、このことがカール・マルクスがヨーロッパ中央部に出現する原因となっ ...すべて表示すべて表示

カール・マルクスの正体

2018/8/18(土) 午後 0:04

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。本日は、これまで本ブログにて述べてまいりましたことから、全人類の非文明化・動物化・家畜化を進めることによって、全世界を破滅へと導く計画の遂行者であった「黒いユダヤ人」、カ ...すべて表示すべて表示

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。本日の『産経新聞』の「話の肖像画」欄に、日本思想史家・歴史家・評論家の渡辺京二氏が、「堕落した善の追求は最悪の事態を招く」と題して、「近世の日本に宣教師を派遣した当時のイ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事