時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

最新記事

すべて表示

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。本日の日本経済新聞によりますと、来年の4月から1号資格外国人として日本に流入してくる、もしくは、在日実習生から移行する外国人は、なにゆえにか、政府は、政府間協定を結ぶ ...すべて表示すべて表示

入管法の改正後の最悪のシナリオ

2018/12/11(火) 午後 0:30

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。入管法の改正の持つ、日本国の実質的滅亡につながる危険性をめぐりましては、どのようなシナリオが想定できるのかを明らかにいたしませんと、読者の皆様にご理解いただけませんので ...すべて表示すべて表示

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。今般の入管法の改正問題から、自民党に対しまして「もはや保守党」ではない、という声が聞かれるようになりました。 “保守党”とは、良かれ悪しかれ“自国 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事