時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 竹島や”慰安婦”問題に対する韓国の強硬策をきっかけとして、日本国における対韓感情は、著しく悪化しました。治安や風紀の悪さから、韓国への修学旅行も減少傾向にあるそうですが、日本国の学校は、対馬を修学旅行先に選んではどうかと思うのです。

 対馬は、『日本書紀』や『古事記』において、国生みの段にその名が見え、塔の首遺跡など、弥生時代の遺跡が残されております。鎌倉時代には、元寇の激戦地ともなりましたし、李氏朝鮮との外交や通商の窓口ともなった歴史もあります。対馬の歴史に触れることは、日本が歩んできた歴史を再確認することでもあるのです。そして、現在、韓国が、対馬の領有権を主張していることを知れば、対馬が置かれている立場の理解にも役立ちます(李承晩による領有宣言など…)。歴史の荒波に翻弄され、時にして、国家的危機の最前線となった対馬こそ、学生さん達が、旅を通して歴史を学ぶ訪問先として、相応しいと思うのです。

 対馬への修学旅行は、対馬経済の韓国人観光客頼りからの脱却にも貢献しますし、領有権を主張する韓国に対する牽制にもなります。長崎県、並びに、対馬の方々が、積極的に修学旅行誘致活動を全国的に展開すれば(長崎県の韓国企業への補助金は打ち切り、予算は、修学旅行誘致キャンペーンに振り向ける…)、必ずや、対馬を修学旅行先に選ぶ学校が現れるのではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

<a href="https://blog.with2.net/in.php?626231">人気ブログランキングへ</a>

この記事に

閉じる コメント(32)

顔アイコン

初めてコメントさせていただきます。そろそろ来年の修学旅行先が検討される頃では?対馬に誘導できるかは別として、教育委員会や学校に電話して確認し、韓国や中国に行こうとしていないか、牽制する必要があると思います。拡散して全国的な行動にしてはいかがでしょうか? 削除

2012/12/30(日) 午後 7:47 [ HN希望 ] 返信する

HN希望さま
コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。
これまで、修学旅行先については、教育委員会や学校任せでした。この結果、日教組の方針なのか、韓国や中国への”洗脳の旅”や”土下座の旅”となり、日本国の学生が、韓国や中国の”歴史認識”に取り込まれるきっかけともなってなってきたのです。今後は、全国的な運動を起こすことで、修学旅行先について、適切な訪問地を選ぶよう(対馬を含めて!)、教育界に対して働き掛けを強めるべきと思います。

2012/12/30(日) 午後 10:20 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

倉西雅子様
働きかけの第一歩は文部科学省と都道府県の教育委員会と思います。このブログに葉URLは張れないようですので、情報だけ伝えると、文部科学省のHPから入って行くと教育委員会の一覧にたどりつけます。また自民党のHPから直接意見することも可能です。

改めてエントリで取り上げて皆さんと一緒の行動を呼び掛けて見るというのもいいかも知れません。要請文の文例が必要であれば私の方で作って見てもいいですよ。 削除

2012/12/30(日) 午後 11:27 [ HN希望 ] 返信する

顔アイコン

転載させて頂きます。

応援&今日のランクリ ナイス ポチ凸

2012/12/31(月) 午前 2:00 hito 返信する

はじめまして。上のhito様からきました。
素晴らしいアイデアですね。是非みんなに拡めたく転載させていただきます。
もちろん、ないす!
「お気に入り」に入れさせて頂きます。

2012/12/31(月) 午前 7:52 watch_compass 返信する

HN希望さま
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
貴重な情報をいただきまして、ありがとうございました。再度、全国的な運動を呼びかけの記事を掲載するとともに、文部科学省、都道府県の教育委員会、そして、自民党に働きかけてみようと思います。行動に移しませんと、何事も始まりませんので、年明けごろを目安に頑張ります。要請文につきましては、以前にも意見を書いたことがありますので、おそらく、大丈夫なのではないかと思います。ご親切な配慮をいただきまして、ありがとうございました。今後とも、お世話になるかもしれませんが、その時には、また、よろしくお願い申し上げます。

2012/12/31(月) 午前 8:51 [ 倉西雅子 ] 返信する

hitoさま
応援&今日のランクリナイスをいただいまして、ありがとうございました。どうぞ、ご遠慮なく、転載なさってくださいませ。

2012/12/31(月) 午前 8:53 [ 倉西雅子 ] 返信する

watchさま
コメントをお寄せくださり、また、お気に入りに入れてくださいまして、ありがとうございました。
これから、このアイディアを広げる運動を行う予定でおります。今後とも、どうか、ご協力をお願い申し上げます。

2012/12/31(月) 午前 8:58 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

希望さまの呼びかけで私もブログに拡散させていただきました。
平沼赳夫先生は毎年対馬に行って様子を御覧になっています。
私たち民間が声をあげないと、それに対馬の方々が頑張っておられます。詳しくはhttp://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/cded636def2b21dc5f91f3f1d78917e1
この緑の字で書かれた文にあります。

2013/1/12(土) 午後 2:00 [ ベッラ ] 返信する

顔アイコン

上のリンクが私のブログです。ヤフーにはブログは開設していません。gooにあります。そして私はイタリアオペラのソプラノで声楽家です。

2013/1/12(土) 午後 2:03 [ ベッラ ] 返信する

顔アイコン

ベッラ・カンタービレさま
ご賛同、並びに、拡散のご協力をいただきまして、ありがとうございました。心より、御礼申し上げます。
ベッラさまのブログも拝見いたしました。韓国依存からの脱却を目指して頑張っておられる対馬の方々を支えることができれば、何よりと考えております。今後とも、どうそ、よろしくお願い申し上げます。

2013/1/12(土) 午後 5:18 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

書店で「長崎旅行」 の旅行本で、るるぶの発行でしたが、「対馬」がありました。明るい内容で女性向でした。
民間もがんばってきたな、と思いました。
そして私が好きな作家宮脇俊三氏の「古代史紀行」を読むと対馬の造絶な歴史がありました。元寇に対し、激しく戦った人々、これらのことは学校の歴史の教科書にしっかりと書いてほしい、そして道の両側に高く積まれた石垣は朝鮮通信使に町を見せないものであった、と。
おかげさまで多くを学べました。平沼先生にもメールしてお伝えします。修学旅行はまず1,2校と実施すればあとは増えていくと思います。また学生旅行や家族旅行、気軽に参加できる安いツアーなど増えていくことでしょう。真珠もとれるそうで、ペンダントなど女性に喜ばれる新婚旅行もいいでしょうね。中韓は避けねばなりません。

2013/1/12(土) 午後 6:54 [ ベッラ ] 返信する

ベッラ・カンタービレさま
ご返事をいただきまして、ありがとうございました。また、平沼赳夫先生にメールにてお伝えくださるとここと、心より、御礼申し上げます。
電車に乗っておりまして、車内広告や動画で、”対馬に行こう!”のキャッチフレーズが乗客の目に入れば、宣伝効果は抜群なのではないかと、ふと思いました。”行ってみたいな”と思っていただくことが、何よりも大事なことなのかもしれません。修学旅行のみならず、一般の方々にも、ぜひ、身近な観光地として対馬を訪れていただきたいものです。美しい自然のみならず、学ぶことが、たくさんあると思うのです。

2013/1/12(土) 午後 8:46 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

法制第2がすでに行っています。
くわしくはhttp://blog.tsushima-net.org/?eid=577を御覧ください。好評だったようです。
拡散しましょう。

2013/1/13(日) 午前 1:05 [ ベッラ ] 返信する

ベッラ・カンタービレさま
コメントをいただきまして、ありがとうごうございました。
実は、法政第2中学さまには、お電話にてお話を伺っておりまして、大変、よい修学旅行であったそうです。今年も、対馬を選んでくださっておられます。現在、参考情報を作成しておりまして、完成しましたら、法政第2中学さまの情報を含め、本ブログでも掲載する予定です。実績があることは強みですので、ぜひ、他の学校にも、検討していただきたいと思うのです。

2013/1/13(日) 午前 9:15 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

2008年からですが、あのお祭りのことです。
「アリラン祭」では対馬の方々は寄付もせず、無視する状態になり、観光客のために開いているようなもので、祭りの名前を「みなとまつり」に戻したのです。
副題として<アリラン祭り>がついていますが、ここまで対馬の方々が、頑張ってきたのですが、実際に看板を見たら副題のはずの<アリラン祭>の字が大きくてまた騒ぎになりました。
平沼先生が対馬に「日本会議対馬支部」を開き、対馬はハングルもはずし日本であることをアピールしてきています。
これを後押しするのは国民です。
私のブログで「西村眞後、三宅博、平沼赳夫各氏」の対馬への思いや取り組みを書きました。
竹島も2月は政府主催でするべきです。
国家という大黒柱を折ると敵は大喜びです。
また、対馬・竹島を語るとき、多くの犠牲者への鎮魂もしてほしい。
これは靖国神社参拝と同じことです。
昨年は「竹島の日」にお祝いと鎮魂をかねて島根県庁にメ 。ールをおくりました。

2013/1/13(日) 午後 6:18 [ ベッラ ] 返信する

ベッラ・カンタービレさま
ベッラさまのブログ、拝見いたしました。政治家の方をはじめ、多くの方々が、対馬の現状に危機感を抱いておられ、対馬を救う活動に参加されていることを知ることができました。貴重な情報をご提供くださいまして、ありがとうございました。
いろいろ調べてみますと、韓国は、本気で対馬の領有を狙っているようで、そら恐ろしくなります。退役したとはいえ、韓国海軍の元司令官が、韓国政府に対して対馬への軍事侵攻計画の作成を要請したお話などは、驚くばかりです。国民の多くが、対馬の危機に気付いてくだされば良いのですが・・・。まことに心配な限りです。

2013/1/13(日) 午後 7:39 [ 倉西雅子 ] 返信する

ベッラ・カンタービレさま
お知り合いの先生方やブログ王の方にお話ししてくださるとのこと、まことにありがとうございます。実を申しますと、文科相と都道府県(行政や教育委員会…)には既に意見書をお送りしておりまして、ご返事も、幾つかいただいております。文面を読みましたところ、やはり、修学旅行の行く先を決定するのは、学校らしいのです。そこで、只今、学校、保護者、生徒さん…向けに対馬修学旅行の参考情報をネット上に公開すると共に、長崎県と対馬市に要望書を提出する予定でおります。どこまで効果があるかは分からないのですが、韓国リスクは、深刻なように思うのです。

2013/1/13(日) 午後 10:53 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

実りのない議論はご自分の心を傷つけるだけです。
それよりも、さっき三宅先生に「民間から対馬修学旅行の声が出ている」とメールを送りました。今度西田先生に会います。
その前にメールしておきます。頭にあるのとないのとでは、違うと思うので・・・それに私には「人脈」なんてありません。
こつこつと訴えてきたものでお話できるだけなんです。
三宅先生は福島のお米の販売促進もされ、特定失踪者問題であちこちを駆け回っていらっしゃいます。
商工会は韓国の横やりで「副題」をのんだようですが、どうして好んでそれをしましょうか。タイトルを「みなとまつり」に戻しただけでも大拍手を送りたいです。お心よくわかります。
音楽を送ります。coffeeさまの曲と同じショパン「木枯らし」を。

2013/1/13(日) 午後 11:29 [ ベッラ ] 返信する

ベッタ・カンタービレさま
お気づかいをいただきまして、ありがとうございました。
ベッラさまのご協力には、まことに、頭が下がります。これまで熱心に訴えてこられたからこそ、たくさんの方々の信頼を得られておられるものと、拝察いたしております。
アリラン祭りに替えられた経緯をはじめ、情報の公開があってもよいのではないかと思うのです(島民が賛成したとも思えない…)。もとより、このような名称ではないのですから、”捏造”ともなります。NHKの問題も指摘なさっておられましたが、韓国勢力が、公権力に介入しているとなりますと、この問題は、決して小さくはないと思うのです。
トラックバックにつきましては、トラバ・フリーに設定しておりますので、不思議なことです。こちらでも、もう一度、調べてみます。

2013/1/14(月) 午前 8:28 [ 倉西雅子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事