時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 先日、産経新聞の一面に、中国資本による北海道の森林買収の問題が取り上げられておりました。水資源が目的ともされておりますが、中国の目的は、それだけなのでしょうか。

 同記事には、北海道での中国資本による森林買収状況を示す地図も掲載されておりました。その地図を見て気が付いたのですが、函館から札幌に至る地帯、即ち、渡島半島の部分が集中的に買収されているのです。あたかも、本州と北海道との間を繋ぐ渡島半島の部分が、中国色に染まっているかのようです。この状況ですと、北海道新幹線ルートを札幌まで延伸させる際にも用地買収が難航するでしょうし、何よりも、安全保障上のリスクが懸念されます。中国資本は、民間を装っておりますが、背後に中国政府が控えていることは確かなことです。北海道で何らかの安全保障上の緊急事態が発生した場合、渡島半島での妨害活動により、本州からの自衛隊の輸送に何らかの支障をきたす恐れもあります。あるいは、渡島半島において分断線を形成する形で、中国が、軍事的手段による北海道切り離し作戦が試みられないとも限らないのです。

 渡島半島への買収の集中は単なる偶然とは思えず、中国側が、地政学上の判断から意図的にこの地帯を選んだとも考えられます。日本国政府は、早急に何らかの対策を講じるべきではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

これとヘイトスピーチ対策法案を組み合わせると中国人は無敵になりそうですね。つまり中国人が北海道に大量に移住し、「日本人は出ていけ!」と騒いでも日本人は反論できない。反論すればヘイトと言われる。彼らの作戦勝ちですね。あと四国や九州も危なそうですが、少なくとも本州は守りたいです。 削除

2016/5/16(月) 午前 7:30 [ ななし ] 返信する

> ななしさま
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
現状では、日本人の人口の方が圧倒的に多いのですから、過度に怖れることはないと思います。ただし、今後は、警戒が必要であり、ゆめゆめ、日本国の領土を奪われることがあってはなりません。”少なくとも本州”はでは既に心構えで負けておりますので、一寸たりとも領土は譲らず、の精神でゆくべきです。侵略を許してはならないのです。

2016/5/16(月) 午前 8:30 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

日本列島の地形は、そのまま全世界の地形の原型(縮図)とも言はれます。本州はユーラシア大陸、北海道は北米大陸、四国は豪州、九州はアフリカ大陸、台湾は南米大陸です。(台湾は旧日本領土)さう考へると、北海道の南の部分に中国が手を出したといふことは、北米の南部のパナマにコネクションを持つことと、どこかで重なるのかもしれません。これはあくまでも私の空想ですが。 削除

2016/5/16(月) 午後 5:02 [ koreyjp ] 返信する

> koreyjpさん
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
koreyjpさまのお見立てに従いますと、今日、『パナマ文書』がリークされ、中国が窮地に陥ってるのにも、何らかの意味があるのかもしれません。少なくとも、中国側は、北海道の渡島半島を地政学上の弱点と見ておりますので、奪還を図る必要性があると思うのです。

2016/5/16(月) 午後 5:36 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

倉西先生の「中国側は北海道の渡島半島を奪はうとしてゐる」とのご指摘が、パナマ文書で習近平の兄貴が大枚注ぎ込んでゐることが明るみに出たことと同列の意味を持ってゐる、といふことになりますね。

2016/5/17(火) 午前 1:03 [ koreyjp ] 返信する

> koreyjpさま
ご返事をいただきまして、ありがとうございました。
もしかしますと、習近平氏の兄のパナマにおけるマネーロンダリングが、実際に、日本国の森林買収資金に化けている可能性もゼロとは言えないかもしれません。『パナマ文書』は、中国関連が最多なのですから、資金の流れを徹底して追うべきと思うのです。

2016/5/17(火) 午後 4:31 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事