時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 23日にイギリスで実施された国民投票では、国民がEUからの離脱を選ぶという結果に終わりました。当初の予測とは逆の結果となったわけですが、離脱の報を受けて、市場は大混乱に見舞われています。

 市場混乱の要因として、国民投票の不透明性や英銀行のポジションへの懸念などが指摘されており、リーマンショック並みの金融危機の発生さえ取り沙汰されています。しかしながら、本日の大混乱の要因の一つは、当国民投票の結果に”賭け”ていた人々が多数存在したことに拠るのではないかと思うのです。イギリスは、賭け好きでも知られておりますが、イギリスのみならず、日本国内のネット上でも、離脱か残留かのどちらかに張って投資をしている人々の行動が散見されました。”賭け”というよりも、より正確には、国民投票の結果を受けた市場の値動きを予測して投資する一種の投機行為ですが、個人投資家のみならず、機関投資家も含めて全世界的にこのような投機行為が行われたとしますと、その影響は決して小さくはないはずです。

 イギリスがEU離脱を決定したとしても、即、明日から関税が復活したり、EU規制が消滅するわけではありませんので、本日の市場の反応は、不自然でもあります。”賭け”の結果によるショックは一時的に過ぎませんので、市場も、冷静さを取り戻すべきではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

(株)ムサシの出番!

ムサシの大株主が安倍晋三なのは御存じですよね・・ ムサシの読み取り機を操作したりする補助員やサポーター達はカルト教信者とパソナ派遣員

http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/405.html

何事も人を疑うことをしない大多数の日本国民は自分の投票した1票が集計されると思っているだろうな・・

2016/6/26(日) 午前 8:24 [ cqf*234* ] 返信する

> cqf*234*さま
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
EU離脱を問う国民投票の開票風景を見ておりますと、手作業のようでした。もしかしますと、イギリス国民は、開票読み取り機を信じていないのかも知れません…。

2016/6/27(月) 午前 9:20 [ 倉西雅子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事