時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

今日は、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。去る6月23日に英国で行われました英国のEUからの離脱か残留かを問う国民投票の問題は、英国のみならず、ヨーロッパ諸国にとりまして、移民の流入問題が、いかに深刻であるのかを示しております。
 
大量移民問題からも、やはり、『聖書』の「暴露録(黙示録)」に登場するサタンの化身の「赤いドラゴンthe red dragon」の問題が見えてくるような気がいたします。その理由は、1648年にウェストファリア条約が締結されたことによって、曲がりなりにも続いてきたヨーロッパ諸国の‘民族自決主義’にもとづく国家の存続において、最大の危機がもたらされていることにあります。
 
「お国柄」や「○○人気質」という言葉がありますように、世界の国々それぞれには、その国固有の文化、伝統、慣習などがあり、それは、それぞれの民族固有の気質によって構築されてきている部分が大きい、ということができます。第二次世界大戦後の国連憲章にもとづく世界秩序は、それぞれの民族が民族自決主義に基づいて、それぞれの文化、伝統、慣習を尊重した国々を築くことによって維持されている、と言うことができるでしょう。
 
ところが、昨今の‘多民族共生・多文化共生’というスローガンのもとに、移民を大量に受け入れますと、受け入れ国の‘民族自決主義’は、危機に陥ることになります。やがては、移民を送り出している側の国の民族が、受け入れ国の人口の多数を占めるようになり、移民受け入れ国の文化、伝統、慣習もまた、移民を送り出している側の文化、伝統、慣習に変わってしまうことになるのです。さらには、基本的には数の論理にもとづく現行の民主主義制度のもとでは、内政・外交をめぐる国家意思も、移民を送り出している側の国の民族によって決められてしまうことになるのです。
 
その結果、‘国名は残っても、中身が違う’ということになってしまいます。そして、移民の出生率の高さによって、数十年後という近い未来に、移民の受け入れ国に、このような状態が発生する可能性があるのです。
 
このような大量の移民の流入による‘実質的な祖国の消滅’というヨーロッパ諸国が直面している危機は、‘安い労働力の確保’や‘労働力不足’といった経済問題の結果として生じているのでしょうか。産業革命の時代に、英国におきまして、ラッダイド運動という運動があり、機械化によって雇用の機会を失った労働者たちによる機械化反対の運動がありました。このように、‘安い労働力の確保’や‘労働力不足’といった問題は、機械化などの別の法方によって解決できる問題であり、必ずしも、移民に頼る必要はないのです。
 
では、なぜ、かくも大きな移民問題が、発生しているのでしょうか。憶測の域を出ないかもしれませんが、そこには、「赤いドラゴンthe red dragon」のような謎の権力体の存在が、垣間見えてくるような気がいたします。すなわち、謎の権力体が、あたかもチェスを行っているかのように、一手一手、‘民族自決主義’にもとづく国家を崩壊させようと、歩を進めているように見えるのです。その謎の権力体は、かなり、アグレッシブなメンタリティーの持ち主であるとも推測することができます。
 
謎の権力体の正体はわかりませんが、謎の権力体の存在を想定したほうが、今日、世界規模において発生している移民問題が、よほどよく説明できるような気がいたします。『聖書』「暴露録(黙示録)」に登場する「赤いドラゴンthe red dragon」は、中国共産党政権である可能性が高いのですが、その謎の権力体とは、あるいは、「赤いドラゴンthe red dragon」、中国共産党政権をも操るサタンそのものであるのかもしれません。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
(続く)

閉じる コメント(11)

これまでも華僑やユダヤ人などは、広い意味の移民といえるのかもしれませんが。我が家の周辺でも南米系の人達だと思うような家族などが増えているように思います。世界の人達と仲良くしようということに異論はありませんが、いろんな課題があることも事実ですね。
米国では、中韓からの移住者がその地域で大きな影響力を持ち、例えば慰安婦増の設置などで政治活動を顕在化させています。このような事実を見せられると、日本で難民や労働者として外国人を受け入れることには慎重でなくてはならないと思います。
特に中国人については、日本人とはあまりにもかけ離れた人種だと思っているので、国家権力を背景にした行動には要注意と思います。

2016/6/28(火) 午後 1:58 [ ラッくん ] 返信する

ラッくんさま
移民は、賃金労働者としてのみ流入してくるわけではなく、出身国の文化、慣習、そして、宗教などとともに流入してくるわけですので、当然、定住化いたしますと政治問題化することになります。この問題が、特定の国家の国家権力のみならず、世界レベルで活動を展開している謎の権力体を背景として、もたらされているとなりますと、かなり解決が難しいことになるでしょう。しかしながら、まずもって、このような謎の権力体の存在により多くの人々が気づき、相手の’次の手’を読むことが大事なのではないではないか、と考えております。

2016/6/28(火) 午後 2:13 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

>では、なぜ、かくも大きな移民問題が、発生しているのでしょうか。


ズバリ !
ISの正体=移民を造りだしている正体=かの民族
です。
日本のメディアは共同通信・時事通信・電通の検閲のため
その正体は言いません。世界情勢は複雑ということにして
おきます。世界の支配者としては、真実がバレては困りま
ます。 (^^)

2016/6/28(火) 午後 2:25 [ cqf*234* ] 返信する

cqf*234*さま
cqf*234*さまのおっしゃられる「ISの正体=移民を造りだしている正体=かの民族」とは、一般的に考えますと、ある特定の民族のことではないか、と推測されます。いずれにいたしましても、移民や難民という名目で、戦略的に大量に移民を送出すことは、世界の崩壊、文明や文化の崩壊につながりかねない大きな問題であると考えられます。

2016/6/28(火) 午後 4:02 [ 倉西裕子 ] 返信する

伏魔人ー八十路の呟き(2)さま
私は、EUからの離脱を選択した人々を衆愚であるとは、考えておりません。EUによる移民政策がこのまま推し進められますと、英国人が民族自決主義にもとづく自国を、実質的に失う危険性があるからです。むしろ、離脱を選択した人々に対して、マスメディアなどを通して、「衆愚」や「ポピュリズム」などという言葉で揶揄し、低い評価を与えることで、理性、洞察力、推測力から自国の将来を本当に心配している愛国心を持つ’まともな英国人’を消滅させようと計画している謎の権力体の作戦に引っ掛かからないようにしなければなりません。すなわち、移民問題の本質を見失わないように、くれぐれも気を付けねばならないのです。

2016/6/29(水) 午前 7:07 [ 倉西裕子 ] 返信する

> 倉西裕子さま
私は詳しくはわかりませんが、中国ウイグル自治区では、漢民族が大幅に増えているとか、チベット自治区では、チベット人同士の結婚が禁止されているといったことを耳にしたことがあります。
武力で取り込んだ地域と、合法的に移民が増加しているイギリスでは、少し違うかもしれませんが、極端に言えば民族同化的なことが進行しているとも見えると理解してよいのでしょうか?。
イギリスの国民が、国家の将来を考えた場合、移民政策を真剣に考える最後の機会だったのかもしれませんね。

2016/6/29(水) 午前 8:44 [ ラッくん ] 返信する

ラッくんさま
「郷に入っては、郷に従え」という諺がありますように、「民族同化」と言いますと、2つ以上の異なる民族があって、どちらかが、どちらかの文化、伝統、慣習を受け入れるということになります。通常は、後から入ってきた民族の人々が、既住の民族の文化、伝統、慣習に同化するということになりますが、昨今の「異文化共存」というスローガンのもとに移民が流入し、人数が増えてまいりますと、既住の民族の文化、伝統、慣習が薄れてゆき、既住の民族の人々は、危機感を感じるようになるわけです。英国は、独自のすばらしい文化、伝統、慣習を有する国ですので、英国の人々が、移民の流入に反対する気持ちはよくわかります。すなわち、英国の人々は、なんとしても、自国の文化、伝統、慣習を守るという道を選んだのではないでしょうか。

2016/6/29(水) 午後 7:41 [ 倉西裕子 ] 返信する

伏魔人ー八十路の呟き(2)さま
今日の世界を見渡してみますと、民族の違いがあって、一般的には、それぞれの民族は、自らの文化、伝統、慣習を尊重し、愛着を持っているものです。おそらく、伏魔人さまは、日本で生まれ育っていないことから、こうした日本の文化、伝統、慣習への拘り度が低いのかもしれません。それぞれの民族がその固有の文化を大事にしていることは、’お互い様’であり、現在でも、朝鮮の方々は、日韓併合時代に、多くの日本人が半島にわたって、かの地に居住していたことについて、’ヘイト’しているのではないでしょうか。いずれにいたしましても、移民の側も、警戒されるべき理由を有しているのですから、基本的には、互いに移民しない、という解決法がよいのではないでしょうか。

2016/6/29(水) 午後 7:54 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

> 倉西裕子さん


>いずれにいたしましても、移民や難民という名目で、戦略的に大量に移民を送出すことは、世界の崩壊、文明や文化の崩壊につながりかねない大きな問題であると考えられます。


そうだと思います。
9.11は米国が引き起こしアルカイダのせいにしたテロでした。それ以後IS、スンニ派、ボコハラム、タリバン・・やアラブの春(これも民主化運動を装った政府転覆テロ)などはかの同一民族(狭義グローバリスト)が金権・武器供与で造り出したものです。彼らは歴史とは造り出すものと考えている節があります。黙示録やハルマゲドンさえも・・

英国首相ディスレリーや米国ルーズベルトが
「社会の事件で偶然に起きるものは何もない」と同一の見解をもっていた。

暇人の独断です、聞き流してくれ。

2016/6/30(木) 午後 8:49 [ cqf*234* ] 返信する

caf*234*さま
とかく、「陰謀など存在しない」と考える人もありますが、’陰謀論’で考えた方が、よほど、説明のつくことは多くあります。その正体につきましては、cqf*234*さまのおっしゃられる組織であるのか、どうかはわかりませんが、よほど注意を怠らないようにしませんと、いずれの国々も危機に陥る、ということになるのでしょう。

2016/7/1(金) 午後 2:24 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

何時も新しき知識ありがたく存じております。今回も非常に興味を持って読み返しました。と言うのは、私は、1931(昭6)4月12日生。
0がないの残念ですが、いい数字の並びと勝手に考えておりました。
因みに予定日は8日でした。考える材料ありがとう。今後も必ず読んでおりますので、ヨロシク。乱暴言辞,人生先輩、お許しを。

2016/7/1(金) 午後 8:29 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事