時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

  先月12日に常設仲裁裁判所で下された南シナ海問題に関する判決に対して、全面敗訴となった中国は、判決を”紙くず”扱いし、あくまでも”南シナ海は中国の領土”とする主張を貫く構えです。国際法秩序を破壊する行為なのですが、今日に至るまでの一連の経緯から、中国について、一つだけはっきりしたことがあります。

 南シナ海における中国の人工島建設や軍事拠点化については、当初より、アメリカは懸念を示しつつも、目立った批判や行動は控えていました。特にオバマ政権の前期は親中路線にあったことから、黙認といってもよい状態が続いたのです。しかしながら、度を越した中国の海洋侵出に対して危機感を抱いたオバマ大統領は、習近平主席のワシントンD.C.訪問を機に、南シナ海問題を首脳会談の議題に載せ、習主席から南シナ海での活動停止の約束を取り付けます。しかしながらこの約束が反故にされたことで、アメリカは遂に、航行の自由作戦を開始するのです。米中合意は、海の藻屑と消えたのですが、この際の中国の態度で明確となったことは、中国は、合意を順守しない国であるということです。中国は、南シナ海の領有権問題については、当事国間での話し合いに持ち込もうとしていますが、軍事大国であるアメリカとの合意さえ平然と破るのですから、中国との話し合いは無駄でしかありません。

 そして、今般の仲裁判決にも中国は従おうとはせず、法の拘束力さえも無意味であることを、自らの行動で全世界に知らしめています。合意でも法でも中国を抑えることができないとすれば、後は、力しか手段が残されていません。経済制裁で間接的に中国を疲弊させ、軍事力を削ぐにせよ、武力で直接に国際法を執行するにせよ、何らかの措置を採らない限り、中国の領土拡張主義を止めることはできないのではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

転載させて頂きます。

応援&今日のランクリ ナイス ポチ凸

2016/8/6(土) 午後 4:02 hito 返信する

顔アイコン

何世紀か後国家がなくなり。覇権主義が言葉も歴史上のものとなるまで待とう。

2016/8/6(土) 午後 5:59 [ - ] 返信する

> hitoさま
応援&今日のランクリ ナイス ポチ凸をいただきまして、ありがとうございました。どうぞご遠慮なく、転載なさってくださいませ。

2016/8/6(土) 午後 8:00 [ 倉西雅子 ] 返信する

> peterpanさま
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
国家が消滅しますと、恐ろしい世界が待っているのではないでしょうか。人口規模からしますと、全世界に13億の中国人が拡散し、華僑ネットワークを構築して経済支配を進めるでしょうし、イスラム過激主義によるテロも頻発することでしょう。国家が消滅したところで、民族紛争や宗教紛争がなくなるわけではなく、人類社会は、より不安定化するのではないでしょうか。

2016/8/6(土) 午後 8:03 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

国防といふ最大の福祉の恩恵に浴してゐながら、国家がなくなってもいいといふ発想は「ceteris paribus」(他の条件にして一定、不変ならば)はあり得ないといふことをご存知ないからでは?

2016/8/7(日) 午前 2:31 [ koreyjp ] 返信する

顔アイコン

つい昨日は尖閣列島に中国の漁船が230パイも武装した「公船」6ハイと現れ、中国政府は言うに事欠いて「冷静に対処しろ」と言ってきました。またその前日には若き将軍様が日本に向けてミサイルを撃ってきよりました。これだけでも中国様と言い、若き将軍様の北朝鮮と言い、「平和を愛する諸国民」でないのは明らかですしその「信義と公正」など信頼できないのもまた、間違いのない事実として捉えなければならないでしょう。しかし現実には日本はそのどちらの脅威にも対処できる能力がありません。この際あの2国は「平和を愛する諸国民」でも「信義と公正」に値しない。とでも閣議決定していただき、2国に対する「国際紛争を解決する手段としての戦力」を早急に整備すべきであろうと考えます。まずは「報復力としての核兵器の保有」あたりから始めるのはいかがでしょうか。「アメリカさんにも手伝ってもらい、ワルイ○○をやっつけましょう」という戯れ歌がムカシありましたっけ。

2016/8/7(日) 午前 6:27 [ ogu*ita* ] 返信する

> koreyjpさま
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
国家は、生まれた時から存在していますので空気のように感じられますが、その果たしている役割は、全ての人々の命にもかかわることです。国家消滅は、人類をカオスに突き落とすことであると思うのです。

2016/8/7(日) 午前 7:39 [ 倉西雅子 ] 返信する

> ogu*ita*さま
コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。
中国に対して常識や良識を期待することはもやはできないようです。憲法第9条は、その前文を前提条件としておりますが、中国や北朝鮮といった「平和を愛する諸国民」の条件から外れる国に対しては、第9条の対象から外すというのも一つの考え方です。否、憲法第9条の存在が、中国や北朝鮮…の攻撃的行動をエスカレートさせているとしますと(たとえ、日本国を攻撃しても相手は何もしてこない…)、倫理的な側面からも肯定できないのでは中と思うのです。

2016/8/7(日) 午前 7:44 [ 倉西雅子 ] 返信する

顔アイコン

幕末には、黒船が来たら「たった四はいでよるも寝られず」だったのが、いまでは230はいでも、目が覚めないほど、日本人は堕落しました。憲法の段階的分解は必須事項ですね。

2016/8/7(日) 午前 11:04 [ koreyjp ] 返信する

> koreyjpさま
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
一般の日本人も、この機に至り、未だに憲法第9条があれば、どこの国からも攻撃を受けないと信じているのでしょうか。無防備こそが、最大の防御と信じているとしますと、まさしく、日本人は、人としての思考力を失っていることになりますが、サイレント・マジョリティーは、危機感を抱いているのではないかと推察しております。

2016/8/7(日) 午前 11:41 [ 倉西雅子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事