時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。モンゴルによる奴隷貿易をめぐっては、仲介業者にも注目する必要があるかもしれません。昨日、モンゴルによって奴隷化された人々は、主に、イスラム諸国に売られていった点を指摘いたしました。ガブリエル・ローナイ氏の『The Tartar Khan’sEnglishman』によると、その仲介業者は、ヴェネチアの商人であったそうです。
 
『東方見聞録』でよく知られるマルコ・ポーロもヴェネチアの商人であり、ヴェネチアは、モンゴルとの間に太いパイプを持っていました。その背景として、ヴェネチアに居住していたユダヤ人たちの活動を挙げることができます。
 
3月18日本ブログにて述べましたように、モンゴル側に雇用され、その全権大使となっていたロバートmaster Robertは、元ユダヤ教徒(ネオ・ユダヤ人か)であったようです。そして、3月19日付本ブログにて、ロバートは、バビロニアのユダヤ教徒コミュニティーの持つ通商ルートを通じてモンゴルに至り、このルートで雇用された可能性が高いことは指摘いたしました。スタイン・ザルツStain Salts氏の『The Essential Talmud』によりますと、1520年から1523年の間に、ヨーロッパで初めて、ユダヤ教の経典の『タルムード』が出版されたのも、ヴェネチアであったそうです。このことは、ヴェネチアにおけるユダヤ人の影響力が、いかに強かったかを示しております。
 
16世紀、ウィリアム・シェークスピアが、『ベニスの商人』において、借金のかたに、「1ポンドの人肉」を要求する、すなわち、生命を要求するヴェニス在住の無慈悲で野蛮なユダヤ教徒を登場させるようになった原因は、ユダヤ教徒たちがモンゴルとの間に接点を持っていることが当時のヨーロッパ中に知れ渡っており、特に、ヴェネチア在住のユダヤ教徒には、残酷非道なモンゴルのイメージが付きまとうようになっていたからなのかもしれません。
 
ユダヤ人は、先祖伝来のユダヤ人と後からユダヤ教に改宗したネオ・ユダヤ人によって構成されており、そしてまた、マスター・ロバートのようにユダヤ教からキリスト教に改宗した元ユダヤ人もおり、”ユダヤ人”と呼ばれる人々は一様ではありません。しかしながら、バトゥ・カーンのヨーロッパ蹂躙に協力することで、奴隷貿易を担ったヴェネチアとエスカレートさせたマスター・ロバートの役割を踏まえますと、やはり世界大に広まったユダヤ・広域ネットワークには、大いに責任がある気がいたします。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

遊牧民は定住地を持たないから、攻めにくい。
農耕民は定住する地があるから目標となりやすい。火を付ければ簡単に落ちます。
遊牧民が強い理由です。

2017/3/28(火) 午前 9:23 犬神 返信する

犬神さま
古代における戦争(戦闘)の勝ち負けという側面からは、あるいはそのように言えるかもしれませんが、「よい社会」、「よい世界」を実現するという側面から見ますと、果たして’強い’と言えるのでしょうか。人間としての真の’強さ’は、そこに生きる個々人が、基本的な権利の保障を含め、よい人生を送れるような社会・世界を築くことができる’強さ’なのではないでしょうか。

2017/3/28(火) 午後 4:48 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事