時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。イスラム教が女性たちにチャドルを着用させている目的につきましては、女性たちが他の男性の歓心を買うことをできなくさせるという目的があることを昨日指摘いたしましたが、その他に、男性の意識・視覚から女性の存在を消してしまうという目的もあったのかもしれません。
 
イスラム諸国における街の様子、すなわち、外を歩いている人々の様子を映したような画像や写真を眺めてみますと、男性は、他の諸国と変わらずに様々な服装で歩いているのですが、女性は、頭から足先まですっぽりと黒一色のチャドルを被った姿であり、その光景は、あたかも女性は存在しておらず、すべて影であるかのように見えます。すなわち、すべての女性たちが黒いチャドルを着用していることによって、女性の存在は、男性の視覚、そして、意識から消えていることになります。従いまして、イスラム教徒の男性から見た世界は、男性のみで成り立つ世界に見えている可能性があるのです。
 
ここにも、イスラム教の極端な男性至上主義を見てとることができます。さらに、女性のチャドルの着用は、外を歩いている人々の半数が、どこの誰なのかわからない、という不気味で異常な世界をも造りだしていると言えるかもしれません。目出し帽や覆面は、通常、犯罪者かテロリストの服装ですので、イスラム世界は、人々(特に女性)の個性を奪うとともに、個々人の人格や個性に対しての人々の感覚をも鈍らせていることになります。‘成り済ます’も容易となりますので、犯罪の温床ともなりえます。もっとも‘抜け道’のお得意なイスラム教ですので、‘黒子’のように、男性を操る女性も存在していることでしょう。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

記事を興味深く読ませて貰っています。
個人的な感想、想像ですが、イスラム社会(国家)は大体が砂漠や荒地が多く、農耕民族というより狩猟民族、商人が多かったように思います。社会で秩序を保つためにお酒は厳禁、不倫も厳禁、盗みも手を切るとかの厳しい罰、神への祈りは厳守など、そうでもしないと社会が成り立たない状況だったと思います。 毎日お肉を食べる生活をしていて、暑い太陽の下、エネルギーが余ってきますと人間、特に男性は考えることは俗物的なことばかりです。貴方が書かれているようにチャドル(ブルカ)は女性のプロテクトのため、つまり男性の卑猥な欲望、想像を削ぐためというのが主な目的ではなかったかと思います。
現代ではイスラム教徒も西側でも生活していて、そこでのチャドル(ブルカ)着用は異様で、しかも女性としての美貌も西側社会ではまったくの普通でしかなく(個人的にはむしろ美人度では劣ると思っています)、やはり文化の摩擦が生じると思います。
イスラム社会は男性優位といわれますが、結構、夫婦は中睦まじく、また女性のほうが強いように見える例もありますので、時代とともに変わってきているのかもしれません。

2017/4/20(木) 午後 3:02 words from heart 返信する

Wordsさま
イスラム社会が、なぜ人類にとりまして脅威であるのか、といった点を分析、解明し、解決策を見つけるために、女性のチャドル着用問題を考えてみた結果なのですが、やはり、徹底した男性至上主義問題が、チャドル着用問題の根底にあるのではないか、と推測しております。一夫多妻も、戦没兵の未亡人救済が、当初は目的であったともされており、一理あるように見せかけながら、結果から見ますと真の目的は別のところにあるような気がいたします。病気に罹っても、女性はほとんど治療を受けることができないなど、女性を人格ある人間とし扱っていない人々が、女性を守るためにチャドルを考案したとは到底考え難く、男性至上主義者の男性の自己正当化と自己弁護の悪巧み’’であり、女性もまたまったく男性と同様に人格ある人間であって、男女がともに社会、世界を築いてゆくという観点に欠けた発想なのではないでしょうか。

2017/4/20(木) 午後 6:19 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事