時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。アーサー・C.クラーク氏Arthur C. CLARKEのSF小説、『2061年宇宙の旅2061:Odyssey Three』と邦訳されているこの小説のタイトルが、英文原書では『2061年』という年代のみのタイトルであることも、イルミナティーと、『聖書The Bible』「暴露録(黙示録)The Revelation」との関連を示唆しております。
 
2016年1月12日付本ブログにて、人類史上、エポックメーキングとなるような人類にとりまして重要な年代をめぐりまして、「0・1・2・6の法則」、すなわち、厳密には、「1と2と6は一回のみ、0は何度使ってもよい法則The Rule of One Time 1, 2 & 6 and Any Time 0」が存在しており、この法則の存在を示す有力な一例として、『聖書』黙示録の「最後の審判の日the Judgement Day」の年代を、万有引力の法則などを発見した物理学者・数学者として知られるアイザック・ニュートンIsaac Newton(1642〜1727年)が、西暦2061年と計算していることを、指摘させていただきました。
 

1930年代にポーツマス卿の邸宅から発見されたニュートンの遺稿の解析結果として、2007年6月21日に公表され、世界中に配信され耳目を集めた「ニュートンの予言The Newtons Prophecy」では、その年代は、「2060」年となっているのですが、ニュートンの時代に、英国では、新年の元日を、1月1日とする「新法the New Style」と、イースターとする「旧法the Old Style」が併存しており、新法にもとづく2061年の1月1日からその年のイースターの日までは、旧法では2060年なのです。ニュートンは、新法と旧法のいずれで、2060年という結論を導いたのかは不明ですので、2061年という年代は、まさに、ニュートンが「最後の審判の日」の年代として計算した年代と言えるのです。

 

「0・1・2・6の法則」は、古来、イルミナティーも含めたある限定的な人々の間では知られていたらしく、クラーク氏は、イルミナティーがこの年代を人類史上重要な年代として位置付けていることを知っており、『2061年』を著したのではないか、と推測することができるのです。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

ニュートンもフリーメーソンですし

万有引力のリンゴは禁断の果実ですよね。 削除

2018/9/7(金) 午後 5:33 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

倉西裕子様
先日はコナンドイルの件で返信ありがとうござます。
時間がかかりましたが、時事随想抄の先生のカテゴリを全て読み終えました。
学生の頃から漠然と持ち続けてきた、世の中に対する疑問や違和感の塊が、溶けて流れ出したかのような気持ちになりました。
聖徳太子が実在した明確な推察、天皇家が明治維新で血統が途切れている可能性など、驚き、恐怖、感動を伴って漸く受け入れることができました。
ありがとうございます。 削除

2018/9/7(金) 午後 5:47 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

「2061」は読んでいませんが、「2001年宇宙の旅」を思い出したので少しお話を。
「2001年宇宙の旅」は、スタンリーキューブリックが「異星人との遭遇」をテーマにした映画を作ろうとクラークに共同して脚本を書いて欲しいと依頼したことが作品誕生の原点です。二人でアイディアを出し合い、先ずクラークの小説が完成。それを元にキューブリックが映画の脚本を書き上げ映画が完成。公開後に小説(キューブリックと少し解釈が違う)が出版されました。その後クラークは独自に三作の続編を発表しました。2001年宇宙の旅は、人類の進化、AIの暴走、パラレルワールド(から発展して多次元世界)などが描かれていて、現在の創作に影響を与え続けています。
私はぶっちゃけ、映画見たけど内容が理解できませんでした!あまりに悔しかったからクラークの小説読んで漸く納得がいきカタルシスを感じたことを思い出します。
キューブリックは両親ともユダヤ人です。その後の作品は、、、 削除

2018/9/7(金) 午後 7:47 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

「1984」から影響を受けた言われるディストピア映画「時計じかけのオレンジ」、秘密結社の儀式を暴露したのではないかと今だに物議を醸してる「アイズワイドシャット」があります。
「時計じかけのオレンジ」は暴力、セックス(レイプ)に明け暮れる獣のような主人公がついに警察(この社会は全体主義?)に捕まり、拷問のような治療、洗脳により人格を矯正される話。
「アイズワイドシャット」は、完成直後の極秘試写会の5日後にキューブリックが謎の心不全で亡くなったため、今だに毎年のように関連ニュースをみることができます。主演女優のニコールキッドマンは、去年、キューブリックが秘密結社について生涯に渡り研究し続けていたことを暴露しました。
先生のブログを拝見しまして、
キューブリックがアシュケナジーユダヤ人であったこと、また、セファラディ系とは深い関わりがなかったことがわかりました。
いろんな作品がありますが、なんでこんなことがテーマにしなきゃなんなかったのか?と謎だったことがだんだん見えてきたような気がします。 削除

2018/9/7(金) 午後 8:11 [ Sudden Impact ] 返信する

Sudden Impactさま
アーサー・クラーク氏やキューブリック氏は、イルミナティと近い関係にあった、すなわち、そのメンバーであった可能性は、かなり高いのでしょう。問題は、内心はどうであったのか、ということです。クラーク氏のSF小説は、氏が、親イルミナティーであるがゆえに、イルミナティーを礼賛しているのか、それとも氏が、内心、反イルミナティーであるがゆえに、イルミナティーの計画を密かに暴露しているのか、どちらであるのか、判断がまだつきかねておりません。

2018/9/8(土) 午後 8:02 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

最後の審判と言う思想自体がグノーシス主義ですよ。

ニュートンもグノーシスとの親和性が高かったですし。 削除

2018/9/8(土) 午後 8:17 [ キッド ] 返信する

キッドさま
最後の審判は、グノーシス主義ではないと考えております。グノーシス主義は、必要悪が転じて、悪の容認となってしまう危険な側面を持っているのではないでしょうか。最後の審判の日に悪魔側が勝利するという誤った解釈は、グノーシス主義者による解釈であると推測はされますが・・・。

2018/9/9(日) 午後 8:49 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事