時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。『2001年』、『2010年』、『2061年』というアーサー・C.クラーク氏Arthur C. CLARKEのSF宇宙小説が、「0・1・2・6の法則(1と2と6は一回のみ、0は何度使ってもよい法則)」にもとづいている点につきましては、一昨日扱いました。
 
このような年代のみをタイトルとしたSF小説は、ジョージ・オーウェルGeorge Orwellの小説『1984年Nineteen Eighty-Four』に因んでおり、『1984年』に登場する独裁者の黒鬚を生やしている容貌から、『1984年』は、「黒いユダヤ人」の国際組織であるイルミナティーによって英国が支配される悲劇を描いている可能性を本年8月28日付本ブログにて述べました。
 
では、1984年という年代も「0・1・2・6の法則(1と2と6は一回のみ、0は何度使ってもよい法則)」と関わっているのでしょうか。答えはイエスであり、1984という数字は、1984=2000−16、1984=2000−10−6、1984=2000−(10+6)という法則に適った数式によっても表現されえる点において、法則に基づいていると考えることができるのです。すなわち、オーウェル文学とクラーク文学とは、「0・1・2・6の法則」をキーワードとして繋がっているのです。
 
ジョージ・オーウェルは、イルミナティーの内部事情に詳しい人物でありながら、芥川龍之介と同様に、反イルミナティー文学を展開させた作家です。数式に適った年代において、イルミナティーが所謂「イルミナティー革命」を起こす傾向にあることを踏まえて、オーウェルは『1984年』という未来小説を著したと推測することができるのです。クラーク氏もまた、イルミナティーの内部事情に詳しく、あるいは、そのメンバーであったとも考えられ、オーウェルと同じ理由で、SF小説を著したのでしょう。
 
では、クラーク氏は、果たして、反イルミナティー文学を展開させたのでしょうか、それとも、親イルミナティー文学を展開させたのでしょうか。『2061年2061: Odyssey Three

(邦訳・『2061年宇宙の旅』)は、イルミナティーの計画に対する秘かなる暴露性を持っていることにおいて、反イルミナティー文学であり、宇宙開発の華々しさを表現していることにおいて親イルミナティー文学であると考えることができます。その両面・二面性は、所謂‘ユダヤ人’が、「白いユダヤ人」と「黒いユダヤ人」によって構成されている点と関わっている気がいたします。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

二面性=二元論=ゾロアスター教グノーシス主義じゃないですかね。

最後の審判はゾロアスター教が本家ですし。

2001年宇宙の旅のテーマ曲がツァラトゥストラはかく語りきなのは、ゾロアスター教の影響ですよね。

二元論の罠に捕らわれてはダメじゃないですかね。

人間は極めてグレイな存在ですし。 削除

2018/9/9(日) 午後 6:35 [ キッド ] 返信する

キッドさま
ゾロアスター教が、その後成立した多くの宗教に影響を与えていることは確かなのでしょう。しかしながら、わたくしの関心は、なぜ、人類が善と悪とを区別するようになったのか、という点です。人間をグレイと考えますと、悪の容認に繋がるような気がいたしますので、悪に対しては、やはり抵抗、そして、排除するよう努力しなければならないのではないでしょうか。

2018/9/9(日) 午後 8:54 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

原始仏教の業(カルマ)=グレイ思想を評価してますね。

大乗仏教は権利に毒されてますけど。 削除

2018/9/9(日) 午後 11:53 [ キッド ] 返信する

キッドさま
わたくしが、グレイ思想に否定的である理由は、グレイ思想は悪を容認することとなり、その悪による被害者の苦痛に思い至っていない点にあります。すなわち、グレイ思想は、自己中心的な思想であるのです。

2018/9/11(火) 午後 0:06 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

人間は悪も内包してますよ

自分=正義(ジャスティス)なんて思うから

今の紛争は無くならないんですかね?

今の紛争は原理主義が原因ですよ。 削除

2018/9/11(火) 午後 7:38 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

不条理→反抗でいいと思います。
不条理を受け入れることは大変かと思います。
感性は、勇気によって拓かれていくものかと思ってます。自分の、この人生が変わってしまう、全てを失ってしまう恐怖と闘って心身ズタボロになりながら、打ち勝っつて、漸く拓けてくるものかと。

或阿呆の一生より
彼はあらゆる「善悪の彼岸」に悠々と立っているゲーテを見、絶望に近い羨ましさを感じた(自殺の原因ではないか?いずれコメント)
どこか遠い空中に硝子の皿を垂れた秤が一つ、丁度平衡を保っている、、、 削除

2018/9/11(火) 午後 10:00 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

> キッドさん

>人間は悪も内包してますよ
自分=正義(ジャスティス)なんて思うから
今の紛争は無くならないんですかね?
今の紛争は原理主義が原因ですよ。

わたしもそう思います。
内包した悪をどのように、各自が浄化し
消化(昇華)していくかが、一人一人の
人間に課せられているのだと思っています。

2018/9/11(火) 午後 11:31 [ ひろみ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事