時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。読者の方から、クラーク氏のSF宇宙シリーズの第一作目となる『2001年宇宙の旅2001:A Space Odyssey』をめぐって、同小説は、‘ユダヤ人’映画監督のスタンリー・キューブリック氏Stanley Kubrick1928726 - 199937日)との共同で構想が練られ、映画が先に公開されたことを、コメントとして教えていただきました。
 
そこで、キューブリック氏について調べて見ますと、アーサー・クラーク氏の一連のSF小説が、やはりイルミナティーと深く関わっていることがわかってまいります。
 
ある秘密結社の内実を暴露したとされる『アイズ・ワイド・シャット』という映画の公開直前、1999年3月にキューブリック氏は突然死されます。2017年の6月に、この点について、女優のニコール・キッドマンさんが、インタヴューに答えて、「彼は生涯を通して秘密結社を研究していたわ。すっかり夢中だった」と証言しております。オランダの投資家であって、イルミナティーからの脱会者であったベルナール氏の内部告発については、本ブログで以前に扱いました。その内部告発におけるイルミナティーの儀式などとの類似性から、キューブリック氏が研究していた秘密結社とは、イルミナティーであったと考えられます。
 
黒髪に太い眉といったキューブリック氏のルックスから、氏は「黒いユダヤ人」である点、そして、ロンドンに住んでいたという点から、氏自身もイルミナティーのメンバーであったのではないかと考えることができます。いずれにいたしましても、「黒いユダヤ人」の家系に生まれたがゆえに、キューブリック氏は、イルミナティーと近い関係いあり、その内実を知る機会にも恵まれていたのでしょう。
 
クラーク氏も‘ユダヤ人’であったのか、否かはわかりませんが、両者は、人類の非文明化・動物化・家畜化を目指すイルミナティーの世界支配計画を知っており、その計画を暗示させるSF小説やSF映画を製作することを思いついたと推測することができます。
 
このように考えますと、この映画の始まりが、「人類の夜明けTHE DAWN OF MAN」と題されて「遠い昔、ヒトザルが他の獣と変わらない生活を送っていた頃、黒い石板のような謎の物体「モノリス」がヒトザルたちの前に出現する。やがて1

匹のヒトザルが謎の物体の影響を受け、動物の骨を道具・武器として使うことを覚えた。獣を倒し多くの食物を手に入れられるようになったヒトザルは、反目する別のヒトザルの群れに対しても武器を使用して殺害し、水場争いに勝利する。歓びのあまり、骨を空に放り上げると、これが最新の軍事衛星に変る(人類史を俯瞰するモンタージュとされる)」というシーンであることには、何か意味があるような気がいたします。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

キューブリックのシャイニング(輝く)

もイルミナティですよね

スティーブン キングもかなり胡散臭い 削除

2018/9/10(月) 午後 6:19 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

倉西裕子様 キッド様
「シャイニング」に関しまして私が勝手に思っていることを少し、、。
キューブリックは70年代半ばよりホラー映画の制作を熱望していましたが、その理由が71年制作の「時計じかけのオレンジ」にあると思ってます。この映画の暴力描写に影響され多くの犯罪が発生しました。イギリスの少年たちが「雨に唄えば」を歌いながら少女を暴行した事件、アメリカ人男性による大統領候補を暗殺未遂事件(名作タクシードライバーの原点)などが起こり、キューブリックのもとに非難、批判、脅迫が殺到!キューブリックはイギリスでの上映禁止を自ら求めなければなりませんでした。
恐らくこの恐怖体験により、純粋に「恐怖」をテーマにした作品を作りたかったのではないかと思います。
キューブリックはキングの原作を大幅に改変してまで自身の表現にこだわります。
因みにタイトルの「シャイニング」は、シャイニングという霊とコンタクトする能力のことで、映画ではあまり重要視されませんでしたが、原作ではタイトル通りの重要な役割です。
キングは近年シャイニングの続編を発表しましたが、 削除

2018/9/11(火) 午後 7:42 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

キング氏はシャイニング、ペットセメタリー、ドリームキャッチャーなどでネイティブアメリカンを取り上げてますね。

バッシングかリスペクトか判断に迷ってますww 削除

2018/9/11(火) 午後 7:52 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

今尚、キューブリックに対してブツブツ言ってます。

キューブリックの創作意欲を考えますと、テーマ的には「時計じかけのオレンジ」のほうが秘密結社を意識した作品かと思います。全体主義社会の中で生まれてしまった獣!倉西先生のブログにより蛇鷹輪をイメージしながらいろんなシーンを思い出してます(18、19の時に見た)。 削除

2018/9/11(火) 午後 8:01 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

キッド様
先ず残念なのですが、私はキングの小説をあまり読んでません。映画も限られています。その上でなのですが、、。
キングの日常描写には痺れています。いつの間にかその世界に入ってしまってるような。
これも10代後半の経験なのですが、「スタンドバイミー」(小説ではThe Body)を映画で観て心が洗われました。ウィルウィートン、リバーフェニックスの涙を思い出すと今にも泣けてきそうです。このブログの読んで今思うとあんなギリギリの精神状態でもミラーニューロンが働いた自分が可愛く思います。あはは!
暴露モノの迫力!それはそれで面白いのですが。Itを読みたくなったので今度読んでみますね、 削除

2018/9/11(火) 午後 8:37 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

リバーフェニックスもLGBT(両性具有)派でしたけどね。 削除

2018/9/11(火) 午後 11:34 [ キッド ] 返信する

キッドさま・Sudden Impactさま・ひろみさま
グノーシス派の信奉するバフォメットとは、ソフィアのことであるとともに、イエズス会の信奉する「黒マリア」のことではないでしょうか。いずれにいたしましても、バフォメットは悪魔ですので、利己的な加害者となるような人格の人々が、グノーシス派などという神学の仮面を被って、自らの邪悪な野心を美化しているような気がいたします。

2018/9/12(水) 午後 7:49 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事