時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

  今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。ホメロスとホルムズ国との関係につきまして、昨日、本ブログにて扱いました。奴隷貿易と関係する「人質」や「解放奴隷」といった意味を持つようになった「ホルムズHormz」という言葉の語源から、最後の審判の日the Judgement Dayをめぐる興味深い問題が見えてまいります。
 

「ホルムズHolmz」の語源につきましては、Wikipedia(日本語版)によりますと、「ゾロアスター教の神アフラ・マズダーが町の名前の語源であり、「アフラ・マズダー」が転訛して「オルムズ(Ormozd)」「ホルムズ(Hormuz)」と呼ばれるようになったと考えられている。アフラ・マズダー (Ahura Mazdā) は、ゾロアスター教の最高神である。 宗教画などでは、有翼光輪を背景にした王者の姿で表される。その名は「智恵ある神」を意味し、善と悪とを峻別する正義と法の神であり、最高神とされ、…ゾロアスター教の神学では、この世界の歴史は、善神スプンタ・マンユと悪神アンラ・マンユらとの戦いの歴史そのものであるとされる。そして、世界の終末の日に最後の審判を下し、善なるものと悪しきものを再び分離するのがアフラ・マズダーの役目である」そうです。

 
「ホルムズHormuz」の本来の意味は、いわば「最後の審判の日」に審判を下す最高神であるということになります。この点を踏まえますと、イルミナティーのメンバーが、しばしば、自らを「ホームズ」と称するなど、イルミナティーが「ホルムズ」に拘っていることは、‘最後の審判を下す側になりたい’という野望の表れであるようです。では、なぜ、‘最後の審判を下す側になりたい’のか、その理由は、『聖書The Bible』の「暴露録(黙示録)The Revelation」では、人を売るという奴隷貿易に従事しているような人々は、最後の審判の日に神様の裁きによって地獄へ落とされると明記されていることにあるようです。
 
奴隷貿易を行う「黒いユダヤ人」の国際組織であるイルミナティーは、最後の審判の日にキリスト教の神様に裁かれることを避けるために、別の神、すなわち、ゾロアスター教のアフラ・マズダー (Ahura Mazdā)となって、キリスト教の神様と同位の裁く側の神として並び、地獄行きを避けようと計画していると考えることができるのです。
 

このように考えますと、‘ホルムズ問題’は、石油問題だけではなく、最後の審判の日との関連においても、目を離せない重大な問題である気がいたします。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(24)

顔アイコン

追伸
トップガン、クリムゾンタイト、アルマケドンなど、映画製作においてハリウッドで最も米軍の協力を得ることのできるジェリーブラッカイマー(共和党支持)。
私は純粋に映画を楽しみたいだけなのだが、なんだかなぁ。 削除

2018/9/16(日) 午後 10:07 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

アメリカの寿司、鮮魚は統一教会支配

日本も然り

漁業=サン力ともとれますけど。 削除

2018/9/16(日) 午後 11:08 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

統一教会・文鮮明氏「全米・寿司ビジネス」の剛腕…霊感商法の次はマグロ買い占め ...

統一教会・文鮮明氏「全米・寿司ビジネス」の ...

ワード検索でお願いしますwww 削除

2018/9/16(日) 午後 11:18 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

引用 プラトーン、ハンバーガーヒル、フルメタルジャケット(キューブリック監督)とベトナム戦争

狭いベトナムで何年も戦争を続けた理由付け=バランサーですよ

地獄の黙示録のフランシス・フォード・コッポラ

フランシスコ・ザビエル

テーマ曲がワグナーのワルキューレ

ヒトラー暗殺作戦ワルキューレはフェイクっぽいですね、バランサーですかね。 削除

2018/9/17(月) 午前 0:25 [ キッド ] 返信する

Sudden Impactさま・キッドさま
映画と黒いユダヤ人の国際組織との間には、密接な繋がりがあり、名画と評されている映画の多くが、実は、黒いユダヤ人の国際組織の問題を扱っているのではないか、と考えております。

2018/9/17(月) 午後 6:51 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

倉西裕子様 キッド様
統一教会は分裂して力を失いつつあると報道されてますが、まだ力があるのかな。
知人が関わって大変なこと(90年代)になったので(脱会で解決)、気持ち悪くて関わりたくありませんでした。

日本の映画と小説に関しまして、「面白さ」を追求していくとある違和感を感じざるを得ませんでした。退化してる!黒澤明や小津安二郎がいたのになんで今?北野?万引き家族?なんじそりゃ?漱石、芥川がいたのに、村上春樹?
もっと面白いもの日本から生まれないことは不自然。
本当の才能のある人が潰されていっているのではないか?またはいろんな制約を課せられているのではないか?検閲が甘く比較的自由に表現できる漫画が世界的に評価されてるのでは?
と考えています。 削除

2018/9/17(月) 午後 11:29 [ Sudden Impact ] 返信する

Sudden Impactさま
出版業界にも問題があるのではないでしょうか。イルミナティーは、かなり以前から、出版業界やマスコミに力を有しているようです。マスコミなどを使って芥川文学を排除し、プロレタリアート文学を喧伝するなど、イルミナティーにとって都合の悪い文学に対しては妨害し、都合のよい文学に対しては過大広告を行ってきたようです。その流れとして、北野氏、村上春樹氏、そして「万引き家族」といった奇妙で、質の低い作品がもてはやされるようになっているのでしょう。

2018/9/18(火) 午後 4:21 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

クロ澤明ですよ

芥川龍之介の羅生門で映画賞受賞

芥川龍之介は黒マリアも扱ってましたよね

それで、北野武は戦場のメリークリスマスでデビッドボウイと共演 削除

2018/9/19(水) 午後 7:11 [ キッド ] 返信する

キッドさま
イルミナティーと文学・映画界との間には、かなり密接な関連があるような気がいたします。文学作品や映画から、イルミナティーの実像と世界支配計画が見えてくるとも言えるかもしれません。芥川の作品については、本ブログにて既に扱っておりますが、いずれ、他のそのような文学作品や映画につきましても、本ブログで扱ってゆきたいと考えております。

2018/9/20(木) 午後 8:59 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

芥川龍之介のクモの糸も善悪二元論

黒澤明は天国と地獄と言う映画も撮ってますし。

地獄の関係黙示録のフランシス・フォード・コッポラ(ザビエルを連想させる)は黒澤明をリスペクト 削除

2018/9/20(木) 午後 9:14 [ キッド ] 返信する

キッドさま
「フランシス」という名前を持つ人は、イエズス会のフランシスコは、もしくは、カトリックのフランシスコ会との関連が強い人物であると推測することができます。フランシスコ派には、精神の豊かさも認めないという問題があり、人類の非文明化・動物化・家畜化を目指すイルミナティーにとりまして都合のよい会派であるために、イルミナティーと関連の強い人々は、フランシスを名乗る場合が多いような気がいたします。現ローマ法王が、イエズス会出身で、しかもフランシスIと名乗っていることは、このように考えますと、不気味である気がいたします。

2018/9/20(木) 午後 9:21 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

黒澤に関してですが、「羅生門」は芥川の「藪の中」のストーリーに「羅生門」をミックスした作品です。私は芥川全作を読み終えた後この映画を観たのですが仰天してしまいました。芸術性はもちろんエンターテイメントとして仕上がってる!凄い!
「天国と地獄」の原作はエドマクベインの「87分署」シリーズの1つ。現代劇の推理モノを作ろうと舞台を当時の日本社会に置き換え社会問題にまで切り込んだ作品。タイトルの由来も登場人物のセリフがあり、純粋に楽しめます。

コッポラは、叩き上げですよ。コッポラ主導でルーカスと映画製作会社作っててルーカスはコッポラのお陰で成功した。しかしルーカスは「スターウォーズ」製作にあたりコッポラの介入を嫌い、長年あたためてきた企画「地獄の黙示録」をコッポラに譲り、同時期に製作できるよう諮ったとのこと。地獄の黙示録の原作は「闇の奥」で舞台を植民地時代のコンゴからベトナムな置き換えただけで、ベトナム戦争の本質には触れてない、らしい。コッポラはこの作品の後、ほとんどの作品で失敗し映画界から離脱!今はワイナリーで成功してるらしい。
両者とも秘密結社とはあまり関わりのないクリエイターか 削除

2018/9/21(金) 午後 0:36 [ Sudden Impact ] 返信する

Sudden Impactさま
コッポラ氏の容貌から、氏は「黒いユダヤ人」であると推測することができ、たとえイルミナティーのメンバーではなかったにせよ、「黒いユダヤ人」の思考回路や社会に詳しかったのではないでしょうか。

2018/9/21(金) 午後 2:18 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

コッポラの80年代前半の作品では不良少年たちを描いた「アウトサイダー」「ランブルフィッシュ」を見ましたが、セックス、ドラック、バイレンス、ロック、Do What Thou Wiltというより、綺麗に丁寧に作った青春映画でした。ってか伝説的なアイドル映画になってしまった。本国より日本の方が盛り上がったのではないかな。たださほど収入に結びつかず、その後も監督作がコケまくり何度も破産しました。作風から考えますと、コッポラは善人ではないかと私は思ってます。
コッポラは善人! 削除

2018/9/22(土) 午後 1:50 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

地獄の黙示録を見て感動したんですか?

俺は嫌な気持ちになったけど。

ゴッドファーザー

神をも恐れぬ輩じゃね

ゴッド × ファーザー = 神をも産んだオヤジ 削除

2018/9/22(土) 午後 9:03 [ キッド ] 返信する

Sudden impact さま
コッポラ氏の作品には、結果的に、健全な社会を破壊し、人類の非文明化・動物化に導くような要素が見られるようですので、やはり、イルミナティーのメンバーであったような気がいたします。

2018/9/22(土) 午後 9:21 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

ゴッドファーザー=シチリア

シチリア・バロックの代表作品「ジェス教会」=イエズス会

かつてイエズス会の本拠地(母教会)

フランシスコ・ザビエルの右手が眠るイエズス会の母教会

母系=ユダヤ 削除

2018/9/22(土) 午後 9:47 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

世代的に漸く好きな映画がビデオで観れるようになったのが20歳前後で、地上波二局の田舎育ちです。プラトーン、フルメタルジャケットなどなけなしの小遣いで劇場に観にいってたような。ティーンの経済状況から映画情報誌3誌の情報をもとに見る映画を選んでた結果、地獄の黙示録はつまらなそうだったので見てません。ブラトーンなどと対比する批評が多かったのでどんな内容か予想ついてしまった。
ってか、コッポラの栄光は70年代だけ!その後は発表する映画がコケまくって何度も破産。ゴッドファーザーの財産で購入したワインのワイナリーの経営で生活してます。
かわいそうじゃないですか。 削除

2018/9/23(日) 午前 9:34 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

当時の御三家、コッポラ、ルーカス、スピルバーグの中で、スピルバーグの演出で嫌いなところがあります。人が死ぬシーンで笑いを取るようなところ。娯楽と一線を画した芸術?賞狙い?作品があまり面白くない。スピルバーグの人に対する生死感が軽すぎるような気がします。最近ではトランプ大統領の批判映画を誰よりも早く作りました。スピルバーグに関しはガチかと思います。 削除

2018/9/23(日) 午前 9:49 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

ワイン(王のワイン)と言ったらシャトー・ラフィット・ロートシルト(ロスチャイルド)

シャトー・ムートン・ロートシルト(親戚)も有ります

ワイン=ブラッドともとれますね。

ブラッド&ワイン

ジャック・ニコルソン シャイニング

切り裂きジャック


スターウォーズ=勧善懲悪=善悪二元論

でも、最近のスターウォーズは倫理崩壊 削除

2018/9/23(日) 午後 10:18 [ キッド ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事