時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。イルミナティーは、ゾロアスター教の最高神であるアフラ・マズダ神Ahura Mazdāとなり、人類を裁く側にまわる計画を立案しているようです。このことと宇宙開発との関連を描いたのが、アーサー・C.クラーク氏Arthur C. CLARKEのSF宇宙小説、宇宙の旅シリーズであると推測することができます。すなわち、イルミナティーは、神となるために宇宙をも支配することを目指しているということになります。
 
このような推測は、映画『2001年宇宙の旅2001:A Space Odyssey』のテーマソングが、交響詩『ツァラトゥストラはこう語ったAlso sprach Zarathustra』であることによっても、補われます。本ブログの読者の方から、同映画のテーマソングが、この曲であるとの指摘をコメントとして受けました。ツァラトゥストラとは、ゾロアスター教の開祖の名前であるザラスシュトラ(ゾロアスター)をドイツ語読みしたものですので、宇宙の旅シリーズは、やはりゾロアスター教と関連しているということになるのです。
 
リヒャルト・ゲオルク・シュトラウスRichard Georg Strauss1864611 - 194998日)の交響詩『ツァラトゥストラはこう語った』は、ニーチェの小説『ツァラトゥストラはこう語ったAlso sprach Zarathustra』を音楽表現したものです。その導入部がクラーク氏とスタンリー・キューブリック氏が共同制作した『2001年宇宙の旅』(1968年)において使われたのです。
 
Also sprach Zarathustra’というドイツ語の原文からは、『ツァラトゥストラも語った』と邦訳するほうが、適しているような気がいたします。すなわち、‘キリスト教の語る人類の結末の他にも、ゾロアスター教は別の人類の結末を語っていた’という意味に解せるのです。このように推測いたしますと、クラーク氏とスタンリー・キューブリック氏は、イルミナティーの計画が宇宙開発を通してアフラ・マズダ神Ahura Mazdāとなることであることを知っていて、映画のテーマソングに交響詩『ツァラトゥストラはこう語ったAlso sprach Zarathustra

』を選んだと考えることができるのではないでしょうか。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

ツァラトゥストラはこう語ったと言ったらニーチェなんですよね

神は死んだ

かなり意味深ですね 削除

2018/9/16(日) 午後 5:29 [ キッド ] 返信する

キッドさま
イルミナティーは、神様と並ぶどころか、神様を亡き者にしようと計画しているのでしょうか。

2018/9/16(日) 午後 6:50 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

ゾロアスター教は別名「拝火教」とも呼ばれる

炎の行者 池口恵観 クロ教に繋がると読んでます。

オリンピックの聖火もゾロアスター教由来ですから

ヒトラーもオリンピックを利用してますし

ゾロアスター教→厳島神社→平清盛

ホメロス→盲目→琵琶法師→平家 削除

2018/9/16(日) 午後 7:34 [ キッド ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事