時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

  今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。米国の民間企業、スペースX社による2023年の所謂‘月周回旅行計画’は、イルミナティーが、SF小説や映画によって表現されているような世界支配計画を続行中であることを示しているかもしれません。
 
スペース・シャトル計画の中止が示しますように、米国政府は、宇宙開発の目的を、宇宙旅行や他の惑星への移住といった目的から、地球の監視・観測(軍事利用も含む)、資源探索、新たな資源の開発などの目的にシフトしている傾向にあります。
 
この流れと機を一につるかのように、スペースX、ブルーオリジン、ヴァージン・ギャラクテックなど米国民間企業や日本の民間企業によって有人宇宙旅行計画が始められます。さらに、この頃より中国共産党政権も宇宙開発に本格的に乗り出し、有人宇宙船による月面着陸計画を発表してもおります。
 
‘宇宙の旅’に繋がるこのような有人宇宙飛行への拘りは、これらの日米の民間企業や中国共産党政権の背後にイルミナティーがあることを示しているのかもしれません。すなわち、プライドの高いイルミナティーは、自らが立案した宇宙開発と平行して進むことになる地球支配計画に強い拘りを持っており、何が何としても計画を思い通りに進めたいという野望の表れが、続々と登場してきた昨今の拙速の感のある宇宙旅行計画なのではないか、と考えることができるのです(本日の日経新聞によりますと、スペースXの計画は、安全性やコスト面において問題が山積みであるようです)。
 

すなわち、イルミナティーのそのカルト化した硬直思考において、世界支配計画は、‘至上命題’であり、‘政府がだめなら民間を使え’ということなのでしょう。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

閉じる コメント(5)

顔アイコン

タイムリー

スペースX(ニムロド)

アポロはニムロドの別の呼び名 削除

2018/9/19(水) 午後 1:45 [ キッド ] 返信する

キッドさま
アポロ計画と昨今の有人月旅行の背後には、イルミナティーがあるのでしょうか。イルミナティーと月との関係につきましては、調べてみる必要があるのかもしれません。

2018/9/20(木) 午後 8:54 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

アポロン(太陽)とアルテミス(月)の関係じゃないですかね

日本の神道の天照大神と月読 削除

2018/9/20(木) 午後 8:59 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

デビットボウイの息子のダンカンジョーンズの映画監督長編デビュー作が「月に囚われた男」で、月でたったひとり3年契約の鉱物資源採取作業員を描いてます。
近年宇宙を舞台にした大作、ヒット作が多いです。スターウォーズは来年で5年連続新作公開になりますし、アベンジャーズの皆さんも宇宙に飛び出しました。本格SFもインタースティラー、ゼログラビティ、オデッセイが大ヒットしました。
今年は全米10月12日公開の「First Man」がヒット確実視されています。ニールアームストロングの伝記が原作です。トロント映画祭で上映され高い評価を得た反面、保守層から反発を喰らってます。星条旗をたてるシーンがなかったことで。スピルバーグ(ユダヤ人)が製作総指揮に名を連ねてます。
今ハリウッドは宇宙モノ絶好調かと。 削除

2018/9/21(金) 午前 3:24 [ Sudden Impact ] 返信する

Sudden Impactさま
イルミナティーのそのカルト化した硬直思考において、宇宙への進出をともなう世界支配計画は、‘至上命題’であるがゆえに、現実の宇宙開発の進展がかんばしくない昨今においては、SFスペース映画に力をいれているのではないでしょうか。

2018/9/21(金) 午後 1:54 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事