時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

  今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。イルミナティーと北朝鮮との密接な関係は、人類にとりまして極めて‘やっかいな問題’であるようです。
 

アーサー・C.クラーク氏Arthur C. CLARKEのSF小説『2061年宇宙の旅(『2061年2061:Odyssey Three』)』において、2061年には、木星が恒星化し、「ルシファーLucifer」というもう一つの新たな‘太陽’となり、イルミナティーの悪魔崇拝の象徴となっていることについては、9月17日付本ブログにて扱いました。

このことも、イルミナティーと北朝鮮との密接な関係を示唆しております。SF小説に従いますと、21世紀において新たな太陽が出現しているということになるのですが、果たして北朝鮮では、金一族の所謂‘宮殿’は、「21世紀の太陽宮殿」と称されているそうです。なぜ、「太陽宮殿」ではなく、敢えて「21世紀の太陽宮殿」と命名されているのか、その理由は、北朝鮮の云う‘太陽’とは、太陽系の中心にある太陽the Sunのことではなく、21世紀に新に出現するもう一つの‘太陽’、すなわち、ルシファーthe Ruciferを意味していることにあると推測することができます(その「21世紀の太陽宮殿」には金日成と金正日のオドロオドロシイ遺体が安置されているそうです)。
 
このように推測いたしますと、イルミナティーの世界支配計画の上では、北朝鮮は、悪魔ルシファーの世界政府の中心地として位置付けられていることになります。この計画が成功する見込みは少ないと推測されますが、こうしたイルミナティーのカルト的・悪魔的世界支配計画の実行者として北朝鮮の性格が、北朝鮮の思考回路や行動が、非理性的であって、常軌を逸している理由なのでしょう。またそれだけに、核問題も含めて、人類にとりまして北朝鮮問題は、極めて‘やっかいな問題’であると考えることができるのです。

 

 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]


(続く)

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

朝鮮では21をトンイル(統一)と言う話しも有りますね。

日本の統一教会系企業にリーブ21とかレオパレス21などが有りますし。

「北朝鮮非核化は21年1月までに実現」米国務長官、来週NYで米朝外相会談へ ...

ロイター


21年に南北トンイル(統一)の動きですかね

世界政府樹立のトンイルかもしれないですけど。 削除

2018/9/20(木) 午後 5:51 [ キッド ] 返信する

キッドさま
「2」と「統」が、ハングルでは偶然同じ発音になるのでしょうか。いずれにいたしましても、「21世紀枠」といった奇妙な’特別待遇’がスポーツ界にあることも、統一教会や韓国・北朝鮮、そして、その背後にあるイルミナティーの思想や目的と関係があるのかもしれません。

2018/9/20(木) 午後 8:51 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

安倍政権も21年(トンイル)まで続投

多分、21までに大きなっ変化が訪れるんじゃないですかね

清和会は韓日トンネル推奨ですから 削除

2018/9/20(木) 午後 9:07 [ キッド ] 返信する

キッドさま
日本の政界における統一教会の影響は、問題であると考えております。多くの国民が、統一教会や創価学会、そして、その背後にあるイルミナティーの世界支配計画の問題について、考えるべきなのではないでしょうか。イルミナティーは、中国・北朝鮮・韓国によって日本を乗っ取る計画であるのかもしれないのですから。

2018/9/20(木) 午後 9:16 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事