時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。2015年11月から12月にかけて、マイケル・ピルズベリー氏の『China 2049』について扱いました。
 
マイケル・ピルズベリー氏は、「中国の夢」というタイトルのその第1章を「天無二日 土無二王」という言葉ではじめております。「天無二日 土無二王」の意味は、「天に二つの太陽はない 地には二人の王はいない」という意味であり、ピルズベリー氏は、この意味について、「世界秩序は、本質的にヒエラルキーを成す。そして、その頂点には、常に唯一の統治者が存在するのだ」という解説しておられます。
 

そこで、1)中国共産党政権はイルミナティーの代理人である、2)イルミナティーは、21世紀には、太陽系の中心の恒星である太陽the Sunと、21世紀に登場する新たな太陽であるルシファー(悪魔)theRuciferという2つの‘太陽’が併存するようになると想定している、という2点を考えあわせませと、中国共産党政権、そして、その背後にあるイルミナティーの「天無二日 土無二王」という思想は、イルミナティーの計画が、本物の太陽the Sunとの併存にあきたらず、太陽the Sunを滅ぼす段階にまで進む計画であることを示唆しているのかもしれません。

 
すなわち、イルミナティーの世界支配計画では、地球上には、唯一、イルミナティーの世界政府のみが究極の独裁的権力体として存在し、天においても、イルミナティーの象徴たるルシファーthe Rufifer

(悪魔)のみが存在するとする状態が、その計画の終着点として位置付けられていると考えることができるのです。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

太陽がなくなったら自分達(悪魔崇拝者)も死にますね。

自虐的思考は悪魔的ともとれますけど。

アガルタに輝くセントラルサンの可能性も有りますかね 削除

2018/9/25(火) 午前 11:45 [ キッド ] 返信する

キッドさま
イルミナティーは、太陽がなくともルシファーがあれば、大丈夫と考えているのではないでしょうか。

2018/9/26(水) 午後 7:14 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

ルシファー堕天使

地底の太陽ともとれますね

ネットで地下原発なども有りますね

猿の惑星の地底人は核ミサイルを崇拝 削除

2018/9/26(水) 午後 7:55 [ キッド ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事