時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。イルミナティーが世界の王室・皇室を‘乗っ取っている’ことによって、これまでの「右翼」や「左翼」の定義は、改める必要がありそうです。
 
「右翼」のこれまでの定義は、「民族主義にもとづく国家第一主義と王室擁護を唱える人々」、「左翼」のこれまでの定義は、「共産・社会主義にもとづく国際第一主義と反王室制度を唱える人々」と考えることができます。
 
国家第一主義と王室擁護が結びつく理由は、イルミナティーに乗っ取られる以前の王室・皇室は、当該民族の象徴的存在でしたので、これまでの「右翼」の定義にもとづく人々が、特に王室・皇室の礼賛主義者でもあったことによります(「王党派」などという名称もその典型)。「右翼=王室・皇室礼賛主義者」と言うことになるのです。ところが、イルミナティーに乗っ取られたことによって、‘王室’・‘皇室’は、当該民族の象徴ではなく、むしろイルミナティーという国際組織による当該国家の支配の象徴となり、「民族主義にもとづく国家第一主義」と対立する存在となっております。
 
日本の‘皇室’を例にとれば、朝鮮・中国化が進んだことによって、現在、その支持者は、在日中国・朝鮮系の人々や日本国籍を取得した中国・朝鮮系の人々となっており、所謂「右翼の街宣車」による‘皇室’礼賛活動が、北朝鮮によって行われていることはよく知られております。現在、「右翼」と言った場合、日本の伝統や文化を大事にする日本人のことを指すのか、’皇室’を礼賛する中国・朝鮮系の人々を指すのか、はなはだしい混乱が生じていると言えるでしょう。「右翼=民族主義にもとづく国家第一主義を唱える人々=王室・皇室礼賛主義者」という構図は、もはや成り立っておらず、その定義は、「王室・皇室礼賛主義者」を削って、「右翼=民族主義にもとづく国家第一主義を唱える人々」と改めるべきなのです。
 
「左翼」につきましても、これまでの「左翼」は、イルミナティーの思想である共産・社会主義思想にもとづいて民族国家を否定する立場の人々でありましたので、イルミナティーに乗っ取られる以前の王室・皇室とは対立する立場の人々でありました。ところが、イルミナティーに乗っ取られたことによって、‘王室’・‘皇室’が、イルミナティーという国際組織の象徴となったことから、「左翼」は、むしろ‘王室’・‘皇室’と近い関係にある人々となったと言うことができます。日本共産党が、その政策方針を天皇制反対から賛成へ切り替えたことに示されますように、「左翼」と言った場合、‘皇室’反対論者であるのか、賛成論者であるのか、不明瞭となっているのです。「左翼」につきましても、その定義から、「王室・皇室反対主義者」という言葉を削って、「左翼=共産・社会主義にもとづく国際第一主義」と改めるべきでしょう。
 
すなわち、新たな「右翼」と「左翼」の定義にもとづけば、所謂「皇室ばんさい」を声高に唱える人々が「左翼」であって、「皇室廃止」を唱える人々が「右翼」であるということになるのです。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(7)

堕天使ルシファーの右翼左翼

右翼左翼はフランス革命辺りから使用

2018/10/12(金) 午後 4:11 [ uan***** ] 返信する

新天皇即位の日はイルミナティ創設日と同じ5月1日 天皇退位は4月30日

Y

2018/10/12(金) 午後 7:10 [ uan***** ] 返信する

安倍政権、5月1日を国民の祝日

天照大神=光る者(ルシファー)

やっぱりルシファーの右翼左翼じゃないですかね

右翼左翼の由来が説得力無さ過ぎですからww

2018/10/12(金) 午後 7:19 [ uan***** ] 返信する

八百万の神(万物に神が宿る)に天照大神を頂点としたヒエラルキー型支配体制が確立されたときから、おかしく成って来たんじゃないですかね。

2018/10/12(金) 午後 7:33 [ uan***** ] 返信する

顔アイコン

> uan*****さん
そう思います。明治以降の国家神道が曲者だと思っています。
その仕込みは、16世紀の、ヨーロッパとのコンタクトからと考えられますが、もっともっと古くに遡れる可能性が高いです。
そう考えると、日本は、長年にわたって翻弄されて続けてきた国なのかもしれないなー、どの時代をもって、日本を定義するのか・・・それ自体が大きな課題名のではないかと考えています。

2018/10/12(金) 午後 8:30 [ ひろみ ] 返信する

uan*****さま
日本国が、天照大神を特に重要視してきた理由は、記紀神話からしますと、統治能力の高さにあったのではないでしょうか。高天原が神話の舞台とはなってはおりますが、インフラを整えたり、自ら、神服を織るなど一生懸命国家のために尽くし、また八百万の神々が合議して、暴力主義者のすさのお尊を追放するなど民主主義の基礎とも言えるような記紀神話の内容は、日本人の好むところであり、よい影響を与えてきたのではないでしょうか。天照大神は、ヒエラルキーの頂点に地位づけられたのではなく、自然に、もっとも尊敬されてきた神様であったと考えられます。

2018/10/13(土) 午後 1:48 [ 倉西裕子 ] 返信する

昔はヒエラルキー型の支配体制でも良かったかもしれないですけど

仮にも今は民主主義、国民主権ですからね

今でもヒエラルキー型の支配体制なのが問題ですからね

皇族とかは今でもオピニオンリーダーですから

国民主権の発端がフランス革命だからしょうがないですけど www

2018/10/13(土) 午後 7:59 [ uan***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事