時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。第二次世界大戦中の捕虜収容所のカトリック司祭の洗脳活動の分析から、イルミナティーの①「憎しみこそ生き残るためのすべてである」という信条、②自己中心的男性至上主義、③文明の否定と人類の動物化の肯定、そして、④文明人女性への嫌悪と非文明人女性への礼賛という思想的特徴が見えてまいりました。
 
 これらの4つの特徴から、アドルフ・ヒトラーはイエズス会士であった可能性を指摘することができます。①の「憎しみこそ生き残るためのすべである」という信条は、ドイツ人を擁護しているように見せかけながら、実のところヒトラーが多くのドイツ人を死地に追いやっていた点において認めることができます。第二次世界大戦中にナチス政権が行った作戦を概観してみますと、不審な点がいくつかあるからです。
 
ナポレオンのロシア遠征の失敗例にも示唆されますように、また、ビスマルクも二正面戦争を避けましたように(挟み撃ちにあってしまうため)、ドイツのソ連邦への侵攻は、二正面戦争となるため、戦略的には愚策とされる作戦です。しかしながら、ヒトラーは、敢えて意図的にソ連邦に侵攻するのです。さらに、真珠湾攻撃の報を受けてのドイツの米国への宣戦布告も奇妙です。仮に、日独伊三国同盟において、これらの3ヶ国のいずれかが宣戦布告を受けた際には、相互に味方として参戦することが義務付けられていましたならば、1939年9月に英仏がドイツに宣戦布告した際に、日本はドイツ側に立って参戦しなければならなかったわけですが、1939年9月に、日本は、欧州戦不介入の声明を発表しております。このことは、相互参戦の義務はなかったことを示しているのですが、1945年12月に、ヒトラーは、日独伊三国同盟をもって米国に参戦しているのです。すなわち、ドイツの敗戦が決定的な状況となることが予測されるにもかかわらず、ヒトラーは、わざわざ、二正面となる状況をつくっているとしか言いようのない状況をドイツにもたらしているのです。
 
 さらに、ドイツの敗戦が決定的となった段階においても、最後の一人となるまで戦うようドイツ国民に命令下したことから、ベルリン陥落までの間、さらに多くのドイツ人が戦争の犠牲者となりました。仮に、意図的にヒトラーがドイツの壊滅を目的として、ドイツ人を騙し、このような作戦を行っていたといたしますと、ヒトラーは、相当、ドイツ人を憎んでいたということになるでしょう。
 
ヒトラー自身は、アルゼンチンに逃亡したとする信憑性の高い説があります(アルゼンチンにおいて撮影されたヒトラーとされる人物は、確かにヒトラーによく似ており、また、ベルリンの地下壕で自殺したとされる人物は、別人である可能性が高い)。仮に、そうでありましたならば、まさに、ヒトラーは、このイルミナティー、イエズス会の①の信条の通りに行動したということになるのでしょう。
 
歴史の教科書は、ヒトラーについて、熱烈なドイツ人擁護者、愛国主義者と書いているかもしれませんが、事実は逆である可能性は高いと言うことができます。ヒトラーは、出生の2日後の422日にローマ・カトリック教会のイグナーツ・プロープスト司教から洗礼を受け、アドルフAdolf
と名付けられております。「イグナーツ」とは、エズス会の創始者、イグナティス・ロヨラの「イグナティウス」のことであり、オオカミを意味する「アドルフ」という名前が、チンギス・ハンが自らを「蒼き狼」と称していた点を想起させることは、何かを意味している気がいたします。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

オーディンの足元にはゲリとフレキ(一対の狼)

アドルフ・ヒトラー アドルフ・アイヒ
マン


オーディンの肩にはフギンとムニン(一対のカラス)

ナチの宗教的指導者、カール・エルンスト・ハウスホーファー

緑龍会 那智大社(八咫烏)ナチス

那智の山に浮かぶ卍。
那智の地を訪れていた、ナチスの生みの親「カール・ハウスホーファー」。 削除

2018/10/19(金) 午後 6:31 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

短絡的に言うと金儲けの為に愚策をやってるんでしょう

グローバル金融資本(ロスチャイルド)

諺にもなってましたよね

「連合国はワーテルローの戦いに勝ったが、実際に勝ったのはロスチャイルドだった」

相手より先に情報を得て儲かる(諜報機関)

情報を掌握する(マスメディア)

共にロスチャイルドですから

007のモデルはヴィクター・ロスチャイルドじゃないですなね?

それに武器=ユダヤですから

その後に東西冷戦(グノーシス)にもちこんだのでは 削除

2018/10/19(金) 午後 7:34 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

ゲリ・ラウバル Wikipedia

ゲリ・ラウバル(1908年6月4日 - 1931年9月18日)は、アドルフ・ヒトラーの異母姉アンゲラ・ヒトラー(英語版)の娘(第2子)で、ヒトラーの姪にあたる。ゲリはニックネームで、本名はアンゲリカ(Angelika Maria "Geli" Raubal)[1]、もしくはアンゲラ(Angela Maria "Geli" Raubal)[2]とも表記される

鮫島ヤジロウはアンジェロ(Angela女性名)がなまってヤジロウ

マリアも入ってますし

クロ教=イエズス会とも繋がるww 削除

2018/10/19(金) 午後 7:59 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

ライディーンYMO 坂本龍一

オーディン

戦場メリークリスマス 削除

2018/10/19(金) 午後 9:21 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

ジャマル・カショギの甥ドディ・アルファイド(ダイアナの恋人)

黒人の母をもつレイチェル・メーガン・マークル

ヘンリー嫁

読めないwww 削除

2018/10/19(金) 午後 10:05 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

イエズス会と悪魔崇拝について考えてみました。

そもそも宗教の魅力って何?何故人々を惹きつける?信じた人は何も疑わず従順に自分の役割をこなすのか?
25年以上も前になるのか、私は自身の経験を元にある仮説を立てていました。
オウム真理教がマスコミでガンガン取り上げられてる頃、あるビデオがテレビで放送されました。言う所の「解脱」への最終段階の修行で、三日間だったか一週間だったか、地下の小さな部屋に埋められて、精神に異常を来さず生還するってのがあって、無事生還した上祐さん(多分)が「尊師」に抱きしめ(満面笑みの握手だったか)られました。私はこの状況を理解できました。同じような経験ある!
と同時に、霊性を高めたり魂の極限を見てくる荒業をこんなにも簡単に利用できるものかと恐怖しました。
私の経験を少しお伝えします。 削除

2018/10/20(土) 午後 6:32 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

私の経験(霊体験あるいは魂の挑戦)は、10代の頃に大切な家族の1人を亡くしたことから始まります。私は、私がその人を悲しませたことが死期を早めた(自殺でない)原因かと思い罪の意識を持ちました。その人は何故死なねばならなかったのか?自分自身と家族を徹底的に客観視し、自分が生きている理由、その人が死んだ理由を納得いくまで追求しようと思いました。必然的に一人暮らしを始め、学業や生活費を稼ぐバイトの空き時間はその解明に使いました。
芥川龍之介の作品と出会い彼が自殺するまでの全作を熟読しました(太宰はなんか感性的に違うしナルすぎ、漱石はこの人まだ腹に一物もってんじゃね?)。読んだ後、私から、一人一人、家族や友人が引き剥がれていきました。純粋なたった一人の自分自身に向かい合うようになっていきました。
ある時、寝ている自分を真上から見ていました。ある時はその人は悲しそうていてやさしげで悪意なく私を見つめていました。 削除

2018/10/20(土) 午後 6:54 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

私は自分の精神が限界だと思い、通っていた学校の講師(霊に関する本を出してた怪談モノ)に相談しました。その先生曰く「それ貴重な体験!その体験メモっといて!」
え?? オレの精神ギリギリなんだけど?
この頃自分は、自分の意識で発狂の選択ができたし、恐らく外傷なしに命をなくすこともできたのではないかな?何にもない空間にたった一人自分だけがいるような。
「ブチッ!」
ある時その時が訪れました。まるで人生にリセットがかかったような。
動物としての本能か魂の力か?「ヤバい、ここに居てはいけない」
この時、私は本当にひとりぼっちでした。ってか0に戻ったような。
赤ん坊のように泣いて助け求めても誰もいない。何をすべきか?身体が動く!とにかく動き続けよう。二日間程歩き続けたか、疲れたら寝なきゃなんない!起きたら、また歩かなきゃなんないので食べなきゃ!一週間ほどしたら、ヤバい排泄しないといけない!体の機能を確認する作業。そしてガタガタ震えている私に同情や愛情を分けくれる人たちにしがみつきながら、精神と「人生」を取り戻していった。 削除

2018/10/20(土) 午後 7:13 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

オウムに話を戻しますが、私の魂への挑戦の経験を踏まえて考えますと、この精神の現象を利用してるとしか思えませんでした。私のような平凡な人間が行って帰ってきた場所は、多くの人が行って帰ってくる体験したことだとしか思えません。
仏教で言う所の出家でしょうか。
私は年齢的にも経験的にも、さらに言うと頭の良さもそれほどなく、純粋に生と死しか考えてませんでした。ほぼ無欲!金銭欲も物欲も名誉欲もなく、嫉妬も憎しみなどモロモロも無関係なタイミングでした。
もし私が何かを求め宗教にたどり着き、この荒業を完遂したのち、目の前に麻原がいたら、心底信頼したでしょう。
ちなみに最も大変だったのが、戻ってきてからです。待たなきゃいけない時間や何もすることがなくなった時間が怖かった。ガタガタ震えてた。人が僅かに分け与えてくれる愛情にしがみついて乗り越えた。3ヶ月くらいかかったかな。
この期間が凝縮されて尊師への信心につながるのではないか? 削除

2018/10/20(土) 午後 7:34 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

私の魂の体験、霊的体験は普通に家族と暮らしている人には体験不可能かと思います。愛を持って家族との繋がり努力して維持して生きなければならないので。これを全て捨てなければ体験できない。私の場合、経験年齢的ことがベストタイミングでした。それ以前、または今現在に経験したとしたら、ほぼ間違えなく発狂(宗教無しでは)してます。

イエズス会と悪魔崇拝にテーマを戻します。
イグナティウスロヨラの時代にはすでに、このような霊体験の知識が積み重ねられていたかと思います。霊性、霊操を受け入れる能力があるかどうかがイエズス会会員に選ばれる条件らしいですね。こんな霊的修行が中世から続けられてる?
イエズス会の専売特許エクソシストが誕生したのも(このブログで知った)、なんとなくですが繋がりが見えてきた。この知識をユダヤ系悪魔崇拝に取り入れたのではないか?儀式として盛大にやることで。
家族ある普通の人は、決して体験できることのない魂のやりとりを儀式で体験できる!魅了され畏怖する。
魂のやりとりを儀式で利用するなら、純粋な子供がいいのではないか?大人だと発狂するし。 削除

2018/10/20(土) 午後 8:14 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

私は神も悪魔も実感できたことはありません。が、現状を考えてみますと、魂の存在をしり神の上に立とうとする人たちがいる。
私の感覚では神は遍在してる、と思われる。私自身も理解できない。身近な小さなことに感じることもありますし、怖ろしく巨大な自然に感じることも。しかし、その上に立とうとして私を支配しようとしてる勢力がメチャクチャやってるので、私も抵抗しなきゃなんないのか?


Hotel Californira

Runnig for the door I had to find the passage back to the place I was be before
'Relax' said the night man
'We are programmed to receive
You can check out any time you like But you can never leave 削除

2018/10/20(土) 午後 9:19 [ Sudden Impact ] 返信する

顔アイコン

選択の余地なく、神の上に立とうとした人たちに儀式を通して従順にさせられた人たちは、ホテルカリフォルニアの歌詞のような心境でしょうか?
神は遍在してるという仮説を元にですが、神の上に立とうとしてる人たちがいるなら、彼らを悪魔と言ってもいいのではないか?と思います。 削除

2018/10/20(土) 午後 10:09 [ Sudden Impact ] 返信する

キッドさま
明治維新の背景を考えますと、イルミナティーは日本の神道界に強い影響を与えていると考えられます。日本の神話や神社の由来や縁起はイルミナティーによって利用されているのかもしれません。もっとも、記紀神話の思想とイルミナティーの思想の背景として、共通の古代思想を想定することはできますが、記紀神話には、イルミナティーほどの悪魔崇拝思想は無いのではないでしょうか。

2018/10/27(土) 午後 5:12 [ 倉西裕子 ] 返信する

キッドさま
カショギ氏事件の真相につきましては、様々な説があるようですが、いずれにいたしましても、悪魔崇拝者であり、マスコミやメディアなどを通しまして、詐欺的手法で情報操作を行うイルミナティーがかかわっているようでもありますので、事件の真相を解明するためには、正確な情報を得る必要があるのでしょう。

2018/10/27(土) 午後 5:21 [ 倉西裕子 ] 返信する

Sudden Impactさま
私は双子に生まれ、現在でも父母と一緒に住んでおりますので、あまり孤独を感じたことがありませんが、逆境にあったり、精神的に最悪な状態であったりした場合、宗教に傾斜してしまう気持ちは、わからないわけではありません。宗教団体などが、特に不幸な人々を勧誘するのは、こうした心理面を利用してのことなのでしょう。

2018/10/27(土) 午後 6:27 [ 倉西裕子 ] 返信する

Sudden Impactさま
イルミナティーのメンバーの方々は、死後は地獄へゆき、イルミナティーによる被害者の人々は、死後は天国へゆくということになりますと、イルミナティーの人々が、たとえ全世界を支配したとしても、霊的、スピリチュアルな世界のレベルでは、逆転されてしまうことになります。そこで、イルミナティーは、人々を霊的にも支配することで、霊的世界でも、上に立とうと計画しているのかもしれません。このことが、イルミナティーが霊魂を否定するとともに、神様をも否定している理由なのでしょう。

2018/10/27(土) 午後 6:31 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事