時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。本日の日経新聞の文化欄に『仏国民結んだ「貴婦人」』と題して、ノートルダム大聖堂の歴史についての記事があり、19世紀におけるその修復事業の理由を、19世紀の人々による中世建築の美を再発見、すなわち、『ゴシックリバイバル(ゴシック建築の復活)』運動に求めておりました。
 
しかしながら、実際に修復事業が行われますと、屋根には創建当初よりも10mも高い尖塔が取り付けられたり、19世紀の人物をモデルとした福音史家と12使徒の彫像が新たに加えられたり、大聖堂は、もとの中世の時代の姿にノートルダム寺院を再興しようとする復活運動の目的とは外れた状態に“修復?”されてしまったと言えるでしょう。その理由として、昨日、イルミナティー思想の介在を指摘いたしました。
 
イルミナティーの戦術の最も大きな特徴は、詐欺にあります。すなわち、創建当時の「中世の姿に戻す」と唱えながら、実際にはそうせずに、別物にしてしまう、という作戦が、イルミナティーの得意技なのです。イルミナティーの“偽復古主義”にフランス国民は、騙されてしまったようなのです。後から、それに気付いた人々によって、19世紀の大修理は大きな批判を浴びることになったのでしょう。
 
このように考えますと、明治維新の際の「王政復古」にも、同じようなイルミナティーの作戦が見えるかもしれません。徳川幕府を廃して、古の天皇や太政官制を復活させようという運動は、表面上は復古に見えながらも、実際には、イルミナティーのお気に入りの人物達が、「チーム明治天皇」や明治政府の要人となることで、イルミナティーが、国家権力を掌握するための新たな権力体がつくられたに過ぎなかったと推測することができます。
 
“偽復古主義”とでも称すべきイルミナティーの作戦は、国民の自国の歴史や文化への愛着、憧憬、思い入れが強い分だけ、その感情に訴えるものとなって効果が発揮され、国民側は騙され易くなってしまうのです。イルミナティーは、あらゆる分野におきまして、“偽復古主義”詐欺を続けるつもりであるかもしれませんので、今後は、騙されないようにすることが、肝要であると言えるのではないでしょうか。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 
 
(続く)

閉じる コメント(12)

顔アイコン

ミシェル・ノストラダムスは、 本名はミシェル・ド・ノートルダム 削除

2019/4/19(金) 午後 10:53 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

ミシェルは、大天使ミカエルのことですし。

2019/4/20(土) 午後 8:35 [ 森友問題の国会議事録 ] 返信する

顔アイコン

ノストラダムス 錬金術師 カバラ

紙幣経済と言う錬金術を開発したロスチャイルド(フビライ カーンの方が先行)

改宗ユダヤ人だから
キリストプラス

黒マリア

ルシファーとミカエルは双子だし

善悪二元論グノーシス 削除

2019/4/20(土) 午後 11:02 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

いつも目から鱗な気持ちで拝読させて頂いています。以前もコメントしました者です。歴史に興味を持つと本当に謎が深まって、何が本当なのかもしかしたら本当のことなどわからない、推理するしかないのが本当なのかもしれませんが、意見があります。現在落合莞爾氏のウバイド歴史観についても触れていますが、それによると明治維新も堀川政略といって初めから王室によりプロットを組まれていたものであり、日本の皇統にも裏があり、ちゃんと守られているという見立てです。もちろん倉西氏からするとイルミナテイ、落合氏からする覇道一神教勢力≒共産主義者という敵対する勢力は存在するようですが、互いに潜入しながらもちゃんと日本の皇室は守られているそうです。わたくし日本人としては落合氏のウバイド史観で歴史を見た方が都合が良いというと言葉は悪いですが自信というか日本を信じたい気持ちになります。倉西氏と落合氏の相違は明治維新に対する解釈、西郷隆盛、麻薬、についての解釈、今後の日本の展開、朝鮮に対する見立てです。落合氏は朝鮮は緩衝地帯と発言しておられます。なので統一する意義があると。 削除

2019/4/21(日) 午前 4:07 [ Akane ] 返信する

顔アイコン

しかし倉西氏の見立てでありますとイルミナテイが朝鮮と日本の背後にいることになりますし、皇室も偽王室ということになり、皇室を尊じることが彼らの計画に巻き込まれることになります。私は学校の教科書で第二次世界大戦時日本人が天皇の名を掲げてたくさん特攻隊のような形で死んでいったのに何故責任を取って天皇は処刑にならなかったのかと若い頃憤りました。普通は会社でもなんでも責任はトップが取ります。それなのに皇室は平気であり続けてと本当に理不尽だなと思ったものです。長崎県人ですので、平和教育もありますからますます感情的にそう思いました。しかし聞いてみると天皇は巻き込まれただけで軍部の暴走だったとかそのような見方があるのですね。最近になり、藤井厳喜氏などが原爆を落とすと決めたトルーマンは真っ赤かな人物だったと暴露してるのをききました。 削除

2019/4/21(日) 午前 4:15 [ Akane ] 返信する

顔アイコン

東京裁判も戦勝国が敗戦国をさばき、公平なものでは当然なかったのだし、そもそも原爆落としたこと国際法に違反してるのに米は謝罪なし、真珠湾攻撃だって父性社会お得意の誘導に乗らされただけだとの見解もあります。南京大虐殺、慰安婦問題も、日本を悪者にするためのプロパガンダだったと最近では声を高々に主張される方も多いです。どうにか歴史に落とし前をつけるため、母性社会のお人好しの日本人がいっぱい食わされただけだと見方もありますね。グリコの母子健康協会の会員のお医者さんが日本の子供達の問題を分析されていましたが、そもそも日本社会は母性社会、西欧は父性社会に分類できると。日本は恵まれた土地と環境を持っていましたので、父性がもともと弱く、為政者は政治のため、武士道、家父長制、儒教、褒められないだが男尊女卑などの思想を入れて国を回していた経緯があるそうです。 削除

2019/4/21(日) 午前 4:26 [ Akane ] 返信する

顔アイコン

それは戦後、完全に民主主義、自由主義の憲法に変わり、男女平等になりましたから、男性に与えていた見せかけのつっかえ棒が無くなり、父性の弱い国民がますます父性の弱さを露呈させることになり子供達に弊害がきてるのではないかという分析でした。父性とは社会が高度化したときに身につく後天的な性質で、文明とともに育まれる性質のようで、範疇わけする能力であり、短所に対策を打ち、是正し、さらに長所を伸ばし、それが親であれば高度な文明社会に適応させるような愛情表現、育てる愛情、励ましのことのようです。皆一緒が母性で、皆違うんだよが父性なのかなとも思います。とにかくこのような日本の性質があるそうですから、戦後、憲法が刷新され、ある意味私たちの社会革新の意味もあったと思いますが、では自由が正しいのか合理精神が正しいのかという議論はまた難しいことだと思います。 削除

2019/4/21(日) 午前 4:37 [ Akane ] 返信する

顔アイコン

日本独特の文化、護送船団方式、終身雇用、年功序列も自由の名の下消滅していくようです。昨日経団連も言ってました。私たち一般の国民は環境に合わせて日常を適応し生きていますが本当に日本人は頑張ってると思います。ただでさえ自分たちの思想とは違うものを受け入れて、柔軟に適応してきました。もちろんそのしわ寄せがどこかに表出しそれが社会問題ともなってると思うのですがどうか人間らしい心だけは愛情や信じること、夢を見ること、そんな魂だけは、唯物論の溢れかえった世でも忘れずに、生きていけたら、命を紡いでいけたらと何もできませんが切に思います。長々とすいませんでした。人間を信じたいと思います。負けない! 削除

2019/4/21(日) 午前 4:44 [ Akane ] 返信する

キッドさま
ノストラダムスは、”セファルデイ系ユダヤ人(黒いユダヤ人)”であったと考えられますので、バビロニア系ユダヤ教におけるカバラ思想を通して、その世界観や終末観にもとづく彼等の計画を予言詩として表現したのではないでしょうか。「黒いユダヤ人」は、ノートルダム大聖堂をノストラダムス大聖堂と為したいのかもしれません。

2019/4/21(日) 午前 9:39 [ 倉西裕子 ] 返信する

森友問題の国会議事録さま
大天使ミカエルは、『ダニエル書』12章に、所謂「ユダヤ人の守護天使」として登場しますので、「ミシェル」という名は、”ユダヤ人”の命運と関連しているのでしょう(ノストラダムスは、「黒いユダヤ人」であったと推測できますので、「黒いユダヤ人」の命運)。オバマ前大統領夫人も、ミシェルですので、ミシェルという名前は要注意であるかもしれません。

2019/4/21(日) 午前 9:57 [ 倉西裕子 ] 返信する

キッドさま
英国籍の”黒いユダヤ人”であって、モンゴル帝国に外交官として仕えたと推測されるマスター・ロバートにつきまして、本ブログにて再三にわたって扱っておりますように、モンゴル帝国の指南役として、「黒いユダヤ人」が大きな役割を果たしていたのではないでしょうか。紙幣経済も、入れ知恵であるのかもしれません。

2019/4/21(日) 午前 10:01 [ 倉西裕子 ] 返信する

Akaneさま
ウバイド説につきましては、存じておらず、妹のブログ『万国時事周覧』におけるコメントでも、Akaneさまと同じようなご指摘をいただいたところであり、驚いております。少し調べてみようと考えております。イエズス会(フランシスコ派)、そして、その後身イルミナティーの存在とその「裏の活動」は、特に、16世紀以降の歴史が、教科書に書かれてあるものと、まったく異なるものである可能性を示唆しております。第一次・第二次世界大戦の犠牲者の大きさを踏まえますと、仮に、その「裏活動」によって生じた”歴史の真実”が確認されても、それをどのように衝撃を与えずに人々に伝えるのか、といった問題も生じてしまうかもしれません。

2019/4/21(日) 午前 10:12 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事