時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。6月9日に放送された天安門事件についてのNHKのドキュメンタリーの中で特に気になった点は、1989年6月に発生した天安門事件をめぐって中国共産党政権への国際的批判が強まる中で、米国のブッシュ大統領が小平国家主席に書簡を送り、その中で日米が結束して、強まる中国共産党政権への国際的批判を抑える役割を果たしていることを強調していた点です。すなわち、ドキュメンタリーは、日米両政府が中国共産党政権側を擁護していた可能性を示唆していたのです。
 
米国も日本も、民主主義・自由主義を国是とする国家であるにもかかわらず、民主主義・自由主義を踏みにじった中国共産党政権を擁護することは、極めて奇妙なことなのですが、国際組織であるイルミナティーの介在を仮定すれば、説明がつくかもしれません。すなわち、ブッシュ政権内部と日本の海部政権内部には、イルミナティーが浸透しており、中国、米国、日本の3ヶ国政府内の親イルミナティー勢力が結束して、天安門事件への国際的批判を封じよとしたのではないか、と推測することができるのです。
 

今日でも、批判されることの多い1992年10月の宮沢政権下における天皇・皇后の訪中も、日本国内において収まらぬ中国共産党政権への批判を抑えるためのイルミナティーの策略であったのかもしれません。“王室・皇室”は、イルミナティーによって乗っ取られている可能性が高いことは再三にわたり本ブログにて述べている通りであり、イルミナティーは、中国共産党政権擁護のために、“皇室”を“動員”したのではないか、と考えることができるのです。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事