時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。明治維新には、思想と宗教を異にするフリーメイソンとイルミナティーという2つの国際秘密結社が、それぞれ「フリーメイソンのメンバー」と「フリーメイソンのメンバー兼イルミナティーのメンバー」という形で関わっていたと推測することができます。
 
「チーム明治天皇」の一人である大室寅之助をめぐって、朝鮮部落の出身者であるとする噂があり、「チーム明治天皇」のもう一人と推測される西郷隆盛が征韓論を唱えましたように、また、明治時代に日韓併合がありましたように、明治維新には、朝鮮の影が見え隠れしております。
 
その理由につきまして、憶測の域を出ませんが、イルミナティーが「黒いユダヤ人」によって構成されていた点を指摘することができるかもしれません。コリアン(韓国・朝鮮民族)は、半島の犬がエスキモー犬であることに示唆されますように、北極圏を居住地とするモンゴロイド・エベンキ族と民族的に近い関係があるとされております。エベンキ族は、現在でも北極圏内で、アザラシなどの狩猟生活を行っております。すなわち、毛皮の供給者であり、当然、毛皮商人と接触があったと推測することができるのです。毛皮商人には、バルト三国などに居住していたユダヤ人が多く、アーネスト・サトウの父親のディビットもこうした毛皮商人の一人であったのかもしれません。
 
「黒いユダヤ人」には、世界各地を商いのために訪れていた「白いユダヤ人」、もしくは、「黒いユダヤ人」と現地の女性との間に出生した非嫡出子であるという特徴があります。こうした点から、エベンキ族と「黒いユダヤ人」との間にも、非嫡出子が生じていたと推測することができ、この点から、「黒いユダヤ人」は、エベンキ族と民族的に近いコリアン(韓国・朝鮮民族)に親近感を持ったのではないか、と考えることができるのです。
 
マルコポーロの『東方見聞録』によりますと、チンギス・ハン一族も北極圏の出自であり、あるいは、エベンキ族と民族的に近かった可能性も高いのです(モンゴルのパオとエスキモーの氷の家は似ている)。イルミナティーの生みの親であるロスチャイルド家の元の名が、モンゴル系であることを示すカン(Khan
)であることは、イルミナティーがコリアン(韓国・朝鮮民族)を特に優遇している理由を物語っており、明治維新にも影響を与えていたのかもしれないのです。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

閉じる コメント(6)

顔アイコン

エベンキ族

エイベックス 削除

2019/6/22(土) 午後 1:49 [ キッド ] 返信する

顔アイコン

カンとはハーンのことでしたか。ロスチャイルドがモンゴル系とは驚きです。昨夜、知人の(ギリシャ・ロシア)正教会信徒と話しました。黒いユダヤ人について知っているか質問したところ、あまり知らないようで単に肌の褐色の古代ユダヤ人(アラブ人とはアブラハムを共通の父とする兄弟)のことではないか(本来のユダヤ教徒)との答えに止まりました。さらに、白いユダヤ人はキリスト教からユダヤ教に改宗し、西欧のみならず東欧やロシア周辺に多いとのことでした。イエズス会(フランシスコ教皇)がイルミナティに支配されていることを知ってショックを受けていました。私も洗礼を受けるとしたらローマン・カトリックではなく比較的独立性の高い正教会の方にすべきかと思っています。ただ、ロシアの介入で旧ソ連圏や東欧やイスラム圏と隣接する地域のギリシャ正教直系とは分裂したようです。

2019/6/22(土) 午後 5:51 [ まほろば ] 返信する

キッドさま
北極圏に住む純粋モンゴロイドのエベンキ族というマイナーな存在が、チンギス・ハンやロスチャイルド家との血族的関係から、イルミナティーと結びついたことにより、大きな脅威になっているようです。フランケンシュタインが、北極圏に消えてゆくという点も、エベンキと関連があるのでしょう。

2019/6/26(水) 午後 3:31 [ 倉西裕子 ] 返信する

まほろばさま
アブラハムには、肌の色の白い妹であって妻でもあるサラからイサクという嫡子がありましたが、イサクが生まれる前に、子が無かったことからエジプト人の奴隷のハガルからイシュマイルという非嫡出子も設けておりました。アラブ人は、自らをイシュマイルの子孫と考えているようです。あるいは、アラブ人は、元祖黒いユダヤ人であるのかもしれません。

2019/6/26(水) 午後 3:37 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

ロスチャイルドの原名がカン(ハーン)であり、シベリアの古モンゴロイドなら、縄文人ともつながりますね。ネット上で、縄文人はシベリアから移動して来て、その前は中央アジアの根源人種(バベルの塔の出来る前)という記事を読んだことがあります。もう一つ、縄文時代の南北シナ海の太古文明(長江下流〜与那国島海底)の存在です。ご専門の西洋史とはかけ離れますが、どうやらBC1万年の氷河期の解氷で海底に沈んだ遺跡群が台湾沖やスリランカ沖などに衛星写真で発見されています。これらの極東の太古文明と縄文人の【黒いユダヤ人】との関係も解明して下さい。ヒトラーが『ユダヤ人と日本人は原アーリア人とは別人種』と語っていたようです。

2019/6/27(木) 午前 2:17 [ まほろば ] 返信する

まほろばさま
シベリアの純粋モンゴロイドと縄文人は、ずいぶん違います。エベンキ族は、狩猟中心の生活ですが、縄文人は栗や貝などの採取中心の生活ですので、そのメンタリティーには大きな違いがあったのです。日本民族と朝鮮民族の不和は、こうしたメンタリティーの相違にも起因しているのでしょう。私は、大学時代は西洋史の中世英国史を専攻しておりましたが、1996年に日本赤十字社国際部を退社後、日本古代史・日本書紀紀年法を中心に古代・中世史研究を始め、研究成果を書籍・論文にて発表しております。現在は、『聖書』「黙示録」と日本書紀紀年法の密接な関係から『聖書』をおもにテーマとして研究を続けております。

2019/6/28(金) 午後 2:42 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事