時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。思想と宗教を異にするフリーメイソンとイルミナティーという2つの国際秘密結社が、それぞれ「フリーメイソンのメンバー」と「フリーメイソンのメンバー兼イルミナティーのメンバー」という形で明治維新に関わっていた可能性につきまして、本ブログにて指摘しておりますが、「チーム明治天皇」との関わりにおきましては、特に、「フリーメイソンのメンバー兼イルミナティーのメンバー」の動きが気になるところとなるでしょう。明治維新において行われた皇統の断絶と「チーム明治天皇」の創設は、我が国の近現代史と深くかかわり、今日の謎多き“皇室”問題の原点であるとも言うことができるからです。
 
そこで、まずもって、イエズス会フランシスコ派と朝廷との関係が注目されます。イルミナティーとは、イエズス会フランシスコ派とロスチャイルド家によってつくられた秘密結社ですが、そのイエズス会フランシスコ派は、フランシスコ・ザビエルの来日をもって、戦国時代に既に日本に展開しており、イエズス会の南蛮寺が本能寺に隣接していたことはよく知られております。徳川幕府はキリスト教を禁教といたしますが、ザビエルなどのイエズス会フランシスコ派がつくった同派の在日組織は、隠れキリシタン・潜伏キリシタンとして江戸時代を通して存続したことに加えて、朝廷内部にもイエズス会フランシスコ派が影響を残していた可能性があるのです。
 
本ブログにて、2018年5月27日に、「幕末に薩摩と長州を繋いだ「裏イエズス会」」と題しまして、以下のような記事をアップロードいたしました。
 
*****
 
本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。ザビエルが日本国内に「裏イエズス会」とも称すべき国際組織を組織し、江戸時代を通してその組織が存続していたことは、倒幕の中心となった薩摩藩の鹿児島と長州藩の山口のいずれもが、以下の理由から、日本において布教活動を行った宣教師たちのなかでも、特に、ザビエルとの関連の深い土地柄であることによって、示唆されてきます。
 
その理由は、鹿児島と山口の両地域に滞在し、布教活動を行ったのが、ザビエル、並びにザビエルに随行していたコスメ・デ・トーレス(Cosme de Torres, 1510 - 1570102日)とフアン・フェルナンデス(スペイン語: Juan Fernández 1526年? - 1567626日)だけであることです。
 

イタリア人宣教師のニェッキ・ソルディ・オルガンティノ(Organtino GnecchiSoldo/ GnecchiSoldi, 1533 - 1609422日)は、天草志岐上陸し、同じくイタリア人宣教師のアレッサンドロ・ヴァリニャーノ(AlessandroValignano / Valignani1539215 - 1606120日)は、長崎県南島原口之津港(くちのつこう)に上陸しており、その布教活動において鹿児島や山口は関係がありません。

 

ポルトガル人宣教師のルイス・フロイス(葡: LuísFróis [luˈiʃ frɔjʃ]1532 - 159778日(慶長2524日))は横瀬浦(現在の長崎県西海市北部の港)に上陸し、同じくポルトガル人宣教師のガスパル・ヴィレラ(Gaspar Vilela、 大永5年(1525年)? - 元亀3年(1572年))は、イエズス会インド副管区長ヌーネス・バレト(João Nunes Barreto)とともに豊後府内(現大分県大分市)に上陸しており、その布教活動において、鹿児島や山口は関係がないのです。

 
では、イエズス会における日本での布教の第一陣とも言えるザビエルたちには、どのような特徴があるのかと言いますと、フェルナンデスは、スペイン・コルドバ出身であることは注目されます。ゴルドバは、イスラム教国の後ウマイヤ朝の首都であった場所であり、フェルナンデスには、イスラム教との繋がりが示唆されるのです。トーレスをめぐりましては、トーレスに感化されてイエズス会に入会し、山口にて布教活動を行ったルイス・デ・アルメイダ(Luís de Almeida 1525? - 158310月)という人物の背景には、注目する必要があるかもしれません。アルメイダは、元は商人であり、1525年ごろリスボンでユダヤ教からカトリックに改宗したコンベルソの家庭に生まれております。
 
すなわち、ザビエルの周辺には、イスラム勢力とユダヤ勢力の存在が見え隠れしている、と言うことができるのです。そして、本ブログにおきまして、再三にわたって指摘しておりますように、幕末史を動かし、世界支配を狙って今日でも世界情勢に大きな影響を与えている世界支配志向勢力は、まさに、「裏イエズス会」の流れを引く親イスラム、親ユダヤ勢力です。幕末において倒幕活動に動きだしたのが、薩摩藩の鹿児島と長州藩の山口であることは、両地域が特にザビエルとの関連が深い点を考えますと、偶然では無いのではないでしょうか。すなわち、薩摩と長州を繋いだのが、「裏イエズス会」であるということになります。
*****
 
戦国時代に来日したイエズス会が2分しており、ザビエルなどのフランシスコ派とヴァリニャーノ、フロイス、ヴィレラなどの反フランシスコ派に分かれていたのです。そして、1565(永禄8)年に松永久秀らが、朝廷からの勅許を得て天主堂を破壊し、フロイスとヴィレラ放逐している点は注目されます。すなわち、朝廷はフランシスコ派の影響下にあり、松永らが反フランシスコ派を追放することに協力していた可能性があるのです。
 
芥川龍之介の短編小説に「煙草と悪魔」という作品があり、「悪魔なるものは、天主教の伴天連か(恐らくは、フランシス上人)がはるばる日本へつれて来たさうである」という一文が見えます。そして、芥川は、その最後に「それから、ついでに、悪魔のなり行きを、簡単に、書いて置こう…或記録によると、彼は、南蛮寺の建立前後、京都にも、屡々出没したさうである。松永弾正を翻弄した例の果心居士と云う男は、この悪魔だと云う説もあるが、これはラフガディオ・ヘルン先生が書いゐるから、ここには、御免を蒙る事にしよう」とも書いております。
 

仮に、或記録が、本当であるのならば、イエズス会フランシスコ派と松永は極めて近い関係にあったことになり、松永に協力して反フランシスコ派の宣教師たちを追放した朝廷もイエズス会フランシスコ派と近い関係にあったことになります。イエズス会フランシスコ派がイルミナティーの中心勢力であることを踏まえますと、「チーム明治天皇」や明治維新の解明をにあたりましては、まずもって、16世紀、戦国時代から、既に朝廷がイエズス会フランシスコ派と近い関係にあったという点が、重要であると考えることができるのです。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

戦国末期から江戸初期にかけてのキリシタンの日本への浸透は巨大ですね。信長〜秀吉(秀次・秀頼)〜家康まで常にキリシタンの影に苛まれています。イエズス会の2派のうちフランシスコ(ザビエル)派が国際謀略に加担していたというご教示感謝致します。幕末に於ける龍馬の行動(薩長同盟から慶喜政権画策への変貌)についてさらなるご教示お願い致します。 PS.私は1990年代にイトーヨーカドー本部(港区芝1−1−1。東京タワーの真横)に1年間勤務していた経験があります。ちょうどその真前に森ビルがあり、メーソニック・センターを兼ねていました。そこに伊藤興業というヨーカドー伊藤一族の数兆円とも言われる資金管理会社が入っていました。彼らはコンビニエンス・ストア業界の覇者セブンイレブンのオーナーとして有名です。彼らは米国系ユダヤ資本(経済・金融メーソン)のエージェントです。日本の流通支配によって何を画策していたか、次回ご報告させていただきます。現在の覇者イオンの岡田一族も要注意です。

2019/6/23(日) 午後 1:45 [ まほろば ] 返信する

まほろばさま
米国にも黒いユダヤ人が多いという問題があります。おそらく活発にロビー活動を行っているのでしょうから、米国政府の政策には、黒いユダヤ人の意向に沿った政策もあり、日本の経済・金融にも影響を与えているのでしょう。彼らの政策には、要注意ということになるのでしょう。

2019/6/26(水) 午後 3:41 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事