時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。一昨日の本ブログにて、「芥川龍之介の短編小説に「煙草と悪魔」という作品があり、「悪魔なるものは、天主教の伴天連か(恐らくは、フランシス上人)がはるばる日本へつれて来たさうである」という一文が見えます。そして、芥川は、その最後に「それから、ついでに、悪魔のなり行きを、簡単に、書いて置こう…或記録によると、彼は、南蛮寺の建立前後、京都にも、屡々出没したさうである。松永弾正を翻弄した例の果心居士と云う男は、この悪魔だと云う説もあるが、これはラフガディオ・ヘルン先生が書いゐるから、ここには、御免を蒙る事にしよう」とも書いております」と述べました。
 
ラフガディオ・ハーン(小泉八雲)の『日本雑記』には、『果心居士の話』があり、果心居士が絵の中から船を呼び出し、船に乗り込むとそのまま絵の中に消えていったというお話があるようです。Wikipedia(日本語版)によりますと、果心居士(かしんこじ、生没年不詳)とは、室町時代末期に登場し、筑後の出身で、大和の興福寺に僧籍を置いていたとされる幻術師であり、織田信長、豊臣秀吉、明智光秀、松永久秀らの前で幻術を披露したと記録されているそうです。また、松永久秀とは特に親交があり、久秀が「幾度も戦場の修羅場をかいくぐってきた自分に恐ろしい思いをさせることができるか」と挑んだところ、数年前に死んだ久秀の妻の幻影を出現させ、震え上がらせたとも伝わるそうです。では、ラフガディオ・ハーンは、なぜ、果心居士がイエズス会フランシスコ派について日本にやってきた悪魔の化身であると書いたのでしょうか。
 
そこで、ハーンの来歴を調べて見ますと、Wikipedia(英語版)に以下の記述を見つけました。
 
「1861年に、ハーンがカトリックから離れようとしていることに気付いたハーンの叔母は、彼女の亡き夫の親戚であり、ハーンの遠い従兄弟にあたるヘンリー・ハーン・モーレノーの強い勧めもあって、ハーンをフランスのイヴィットにあるカトリック系の学校、エクレシアステク・インスティテュートに入学させました。そこでの経験は、「カトリック教育は、型にはまった退屈さ、陰湿、汚れた禁欲生活、仏頂面、イエズス会主義、そして、悪名高い子供の洗脳から成り立っている」という信念を長い間ハーンに懐かせるものとなりました。In 1861, Hearn's aunt, aware that Hearn was turning away from Catholicism,and at the urging of Henry Hearn Molyneux, a relative of her late husband and adistant cousin of Hearn, enrolled him at the Institution Ecclésiastique, aCatholic church school in Yvetot, France. Hearn's experiences at the schoolconfirmed his lifelong conviction that Catholic education consisted of"conventional dreariness and ugliness and dirty austerities and long facesand Jesuitry and infamous distortion of children's brains.
 
この記述から、ハーンがイエズス会系のカトリックの学校で教育を受けていたことがわかります。おそらくハーンは、イエズス会の学校にて、戦国時代の日本におけるイエズス会フランシスコ派の活動内容につきまして知る機会があったのではないでしょうか。すなわち、果心居士とは、イエズス会フランシスコ派の会士のことであり、ハーンは、日本でのその暗躍を、果心居士の幻術に喩えたのかもしれません。このように考えますと、「絵の中から船を呼び出し、船に乗り込むとそのまま絵の中に消えていった」果心居士は、日本での暗躍を終えて、秘かに海外逃亡するイエズス会フランシスコ派の会士の姿に見えてくるのではないでしょうか。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ラフカディオ・ハーンもやはりそうでしたか。良くも悪しくもキリスト教の裏面史が人類史上のエポックを無数に刻みつつ現代にに至っているということでしょうか。 PS.イトーヨーカドーのメーソン企業としての暗躍についてです。彼らは流通支配による人間(日本)支配計画を持っていました。第一段階 大量生産→大量消費(民族企業のダイエーが主導) 第二段階 生産と消費の差別(個別)化 第三段階 流通効率化(差別化に瞬時に対応する仕入・販売システム化。POS) 第四段階 店内監視カメラによる個々人の購買行動そのものの把握と仕入・品揃え) 第五段階 全消費(人間)スタンダード(システム)の確立による【与えるモノを消費させる】・・近未来の消費・社会(人間)像

2019/6/25(火) 午後 11:42 [ まほろば ] 返信する

顔アイコン

果心居士については司馬遼太郎氏が「果心居士の幻術」(新潮社文庫)にも書かれていますが、創作かもしれません。が、氏が左翼史観に捕らわれ、一世を風靡していたことを考えれば、一考の余地もあるかもしれません。短編「果心居士の幻術」には、果心居士は秀吉を幻惑しようとして、修験者に命を絶たれたことになっています。 削除

2019/6/26(水) 午前 10:05 [ 翠子 ] 返信する

顔アイコン

司馬さんは愛国保守であり、左派から受け入れられていたことはありません。ネトウヨ(被洗脳似非右翼。旧来の似非右翼=任侠右翼とは別)の無知蒙昧にはあきれるばかりです。例えば、共産主義と修正資本主義(社会民主主義)の違いなどチンプンカンプンでしょう。日本共産党がとっくの昔に【左翼】でも【共産党】でもなく、イルミナティの工作員に成り果てていることを先生はご存知ですか?知人の地方議員などの証言は取っています。

2019/6/26(水) 午前 11:03 [ まほろば ] 返信する

翠子さま
司馬遼太郎の著作に『果心居士の幻術』という作品があることは知りませんでした。まほろば様が指摘しておられますように、司馬遼太郎に対する評価は、保守であるのか、左翼であるのかはっきりしていないようです。しかしながら、イルミナティーが、保守にも見え左翼にも見えることを踏まえますと、司馬遼太郎が、どのような目的から、果心居士というイエズス会フランシスコ派の悪魔崇拝者について書いたのか興味深いと言えます。

2019/6/26(水) 午後 3:51 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事