時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。フランシスコ・ザビエルが日本に齎したとされる悪魔の化身である果心居士が、「南蛮寺の建立前後、京都にも、屡々出没した」と芥川が記述している点は、南蛮寺が本能寺に隣接していた点におきまして興味を引きます。すなわち、芥川は、このような表現によって、イエズス会フランシスコ派が、本能寺の変に関与していた可能性を示唆しているのです。本年4月21にち付本ブログにて「ノートルダム大聖堂火災の“火事場泥棒説”」と題しまして、以下の記事をアップロードいたしました。
 
*****
 
今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。本能寺の変とそれにともなう安土桃山上の炎上の直後、イエズス会士が、日本人から「あなた方は、本当は、泥棒であったのですね」と言われたとする記述が、イエズス会士がパリのその本部に宛てて送った書簡に見えるそうです。
 
意味不明のような言葉なのですが、本能寺の変の前夜に、本能寺には「名品」や「名物」として賞賛されていた美術品や工芸品の数々が天覧目的で集められていた点、そして、安土桃山城が、信長によって収集されたヨーロッパや日本の美術品や工芸品によって飾られていた点を踏まえますと、本能寺と安土桃山城の両火災事件には、別の側面が見えてくるかもしれません。
 
これらの美術品や工芸品は、火災によって焼失したとされております。しかしながら、仮に、焼失していなかったといたしましたならば、それは、どうなったのでしょうか。ここで注目されるのが、イエズス会の南蛮寺が本能寺に隣接していたことです。本能寺と南蛮寺は地下トンネルによって結ばれていたとする説がありますように、両寺は至近距離にあります。本能寺の変によって火災が起こった際に、イエズス会士たちは、十分にこれらの美術品や工芸品を運び出す時間があったと考えることができるのです。安土桃山城も同様であったと考えることができるのです。すなわち、両火災事件は、“火事場泥棒”を狙った計画的放火であって、その犯人は、イエズス会(フランシスコ派)である可能性を指摘することができるでしょう。
 
本年2月18日付け本ブログで「イエズス会(フランシスコ派)の武装盗賊団気質の問題」とするタイトルで扱いましたように、イルミナティーの前身であるイエズス会(フランシスコ派)をめぐりましては、その創始者のイグナティウス・ロヨラとフランシスコ・ザビエルの両人が、イベリア半島のバスク地方の出身であるという特徴があります。Wikipedia(日本語版)によりますと、「この頃(古代)のバスク人たちは長老会議や戦士団を持ち、女性は農業を、男性は狩猟や略奪を行った。何らかの言語を話していたが、その言語を文字にすることはなかった」こと、そして、中世のバスク人については「ヴァスコニアは西ヨーロッパの人々によって野蛮性が強調され、「破壊者」「浮浪者」「略奪者」などと呼ばれた」ことも注目されます。
 
すなわち、バスク人の男性は、もとより集団による掠奪を生業としてきたようであり、このことも、大航海時代にイエズス会(組織的な男性集団)が、「掠奪者」や「奴隷商人」と称されたことを説明していると言えるでしょう。
 
このように、イエズス会(フランシスコ派)の武装盗賊団的な性格は、バスク人気質によっても説明することができ、こうした性格は、イルミナティーの性格であるとも言うことができるでしょう。
 
このように考えますと、ノートルダム大聖堂の火災事件も、“火事場泥棒”を狙ったイルミナティー(イエズス会(フランシスコ派)の後身)の計画放火である可能性も浮上してまいります。この計画は、消防士たちが率先して美術品・工芸品の救出を行ったことから失敗したようですが、その保管と管理には要注意であると言えるでしょう(厳重な警戒が必要)。イルミナティーの窃盗の特徴は、貧しい人々に配るという口実によって、泥棒であるにもかかわらず、“正義の味方”を装うことです。同じ口実を用いて“正義の味方”の仮面を被ったアルセーヌ・ルパンの舞台こそ、まさにパリであったのですから。
 
*****
 

 悪魔の化身・果心居士が南蛮寺にあったという伝承と南蛮寺と本能寺の位置関係は、本能寺の変の真相が、火事場泥棒という側面も含めて歴史の教科書とはまったく異なるものであった可能性を示唆していると言うことができます。すなわち、歴史の教科書に載る本能寺の変は、果心居士の幻術の一つなのかもしれないのです。「果心居士が絵の中から船を呼び出し、船に乗り込むとそのまま絵の中に消えていった」という伝説は、仮想現実をつくることに長けていた果心居士の幻術、すなわち、イエズス会フランシスコ派の常套手段を表現しているのではないでしょうか。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)
 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ザビエルとロヨラはバスク人でしたか。本能寺ですが、信長の遺体が見つからなかったのは、やはり生き延びたとお考えですか?もしそうならどこへ逃げたとお考えでしょうか?高山右近のようにフィリピンもしくは欧州に逃げたのなら、その後も相応の人物として活動したはずです。国内で別人に成りすましたことも考えられますね。 PS.21世紀現代では、インターネット(GPS)やAIそして私どもが主張する【テクノロジー犯罪】では、民間人に向けて大量に軍事用電波(米海軍が国際特許で独占)を照射し、マインド・コントロールしています。その対象は政府要人(一部丸山や故中川昭一など)というより、私たち大量の一般人です。そのやり口は仮想現実(VR)を共通パターンで作り出し、集団洗脳することです。あまりにも似ているのでご紹介致しました。

2019/6/27(木) 午後 3:06 [ まほろば ] 返信する

まほろばさま
本日、憶測の域は出ませんが、織田信長がどのようになったのかにつきまして本ブログにて扱いました。ご一読いただけましたならば、幸甚でございます。

2019/6/28(金) 午後 2:59 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事