時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。フランス革命前夜のヴェルサイユ宮殿内部、すなわち、ブルボン朝内部が、共産・社会主義政権のような状態となっていた可能性を指摘いたしましたが、そもそも共産・社会主義思想が、イルミナティーによる詐欺思想である点を踏まえますと、マリーアントワネット偽者説、もしくは、「チーム・マリーアントワネット」説も強ち否定できない気がいたします。複数のマリーアントワネットにつきまして、2018年9月26日付本ブログにて、「白頭山研究所と二人の‘マリー・アントワネット’」と題しまして、以下の記事をアップロードいたしました。
 
 
*****
 
今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。イルミナティーは、白頭山研究所を通して、現在、‘そっくりさん達’を造りだしているようですが、このような工作は、イルミナティーがこの‘そっくりさん達’を造りだすという方法で、その工作活動を成功させてきたという成功体験にもとづくものであると推測することができます。
 
イルミナティーの成功例の典型は、フランス革命前夜におけるマリー・アントワネットMarie-Antoinette 1755112 - 17931016日)の偽者であると推測することができます。マリー・アントワネットがフランス国民の憎悪の対象となる契機となった事件は、「首飾り事件」と称されるマリー・アントワネットの浪費事件です。当時、フランス国民には重税が課せられていたのですが、その税収を湯水のように使い、ついに極めて高価なダイアモンドの首飾りを購入したことが、国民の反フランス王室感情に火を付けることになったのです。
 
しかしながら、今日の研究によりますと、首飾り事件の真相は、まったく異なるものであったことが明らかとなっております。すなわち、マリー・アントワネットが、首飾りを購入したわけではなく、本物のマリー・アントワネットに知られないように、偽者の‘マリー・アントワネット(侍女の一人であったとされます)’が首飾りを購入し、その代金の請求書が本物マリー・アントワネット宛てに送られてきたという事件であったようなのです。そのことを知らないフランス国民は、王妃自身が高価な首飾りを購入したものと勘違いし、マリー・アントワネットを憎むようになったのです。
 
この偽者のマリー・アントワネットが、イルミナティーによって送り込まれた人物である可能性は、十分にありえます。宝飾業は‘ユダヤ人’が従事する傾向にあり、こうした‘ユダヤ人’のなかには、イルミナティーと繋がる「黒いユダヤ人」もあったと推測することができるのです。
 

このように考えますと、今日、マリー・アントワネットの肖像画として知られるポートレートには2種類あることが気にかかります。ひとつは、ディケンズも美人であると評している、ヨセフ・ドゥクルーJoseph, Baron Ducreux (26 June 1735 24July 1802)やエリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランMarie Élisabeth-LouiseVigée Le Brunによって描かれたような面長で、口角の上ったマリー・アントワネットです(ドゥクルーは、フランス王室に嫁ぐ前の14歳のマリー・アントワネットの肖像画を描いています)。もう一つは、額の幅が著しく広く、顎のしゃくれた四角い顔のマリー・アントワネットであり、しばしば、美人ではなかったとも評されております。また、マリー・アントワネットは、ある時期から、筆跡が著しく異なるものともなってもおります。

 
どちらが本物であるのかはわかりませんが、かなり以前から、マリー・アントワネットには、‘偽者’がいたのかもしれません。前者がオーストリアのマリア・テレジアMaria Theresia1717513 - 17801129日)とフランツ1Franz I1708128 - 1765818日)、さらに弟のヨーゼフ2Joseph II1741313 - 1790220日)とも似ている点、そして、後者が、その額の広さにおいてロスチャイルド家のアムシェル・ロスチャイルドMayer Amschel Rothschild1744223 - 1812919日)に似ている点は、あるいは、この事件の真相を示唆しているのかもしれません。
 
(続く)
 
 
*****
 
 おそらく、本者のマリーアントワネットの知らぬ間に、ヴェルサイユ宮殿にはもう一人の“イルミナティーのマリーアントワネット”があり、断頭台の露として消えたのは、本者のマリーアントワネットであったのではないか、と推測することができます(処刑直前に描かれたマリーアントワネットのスケッチから、処刑されたのは面長の本者のマリーアントワネットなのでは)。さらに、ルイ17世につきましても二人あった可能性があり、タンブル塔にて僅か10歳で病死したルイ17世は、本者のマリーアントワネットの子であり、もう一人の“イルミナティーのルイ17世”は、逃亡したがゆえに、ルイ17世は生存しているとする説が長く信じられるようになり、また、その子孫と称する人々が多数存在している理由となっているのではないでしょうか。
 

 フランス革命前夜のヴェルサイユ宮殿には、イルミナティーの世界(共産・社会主義独裁体制)が重なってしまう理由は、イルミナティーの介在によるフランス王室の二重性にある気がいたします。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 

 
(続く)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

1960年代の終わりに全世界で吹き荒れた新左翼(反ソ連=スターリン主義)運動と後のニューエイジ・新宗教につながったカウンター・カルチャー運動に間に合わず、後発世代(団塊の世代から新人類への過渡期)としてその後退過程を身を持って体験しました。賃金労働から消費と情報の時代への新たな人間破壊の始まりです。共産主義(スターリニズム)が資本主義と裏表の近代(主体)思想であり、メーソン=イルミナティの画策したものという点は理解出来ます。マルクスはユダヤ人ですし、スターリン(グルジア系ユダヤ人)は黒いユダヤ人のようですね。 PS.今上天皇(皇后)も偽者なら、11月のフランシスコ教皇との会見(祝福)は真っ黒ですね。

2019/7/12(金) 午後 2:24 [ まほろば ] 返信する

まほろばさま
イルミナティーの最終目標は、人類の非文明化、動物化、家畜化ですので、共産主義思想、ニューエイジ・新興宗教は、その目的に沿ってつくられた洗脳思想なのでしょう。消費社会や情報化社会もその一環のようですが、果たして情報化が、イルミナティーの目的に沿うものとなるのかは、疑問であるかもしれません。情報によって人は賢くなることもありますので。所謂”皇室”の正体につきまして、今日、多くの国民が知るようになっているのは、情報化社会の賜物でもあるのでしょう。

2019/7/19(金) 午後 2:14 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事