時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。国民の参議院選挙への関心が低い理由は、イルミナティーの両頭作戦が、国民の間に知れ渡っており、与野党のどちらに投票しても、よい政治が行われる可能性が低いことにあると推測することができます。
 
すなわち、与党に投票いたしますと、消費税10%が実施されることとなり、消費の冷え込み、廉価な輸入品の増大、これらにともなう生産の減少、並びに、増税3%分の目的税的な使途による外国人労働者(移民)政策の推進が行われ、日本の経済状態、治安、社会的安定の悪化が予測されます。政権与党に朝鮮・中国系カルト集団であって、イルミナティーの下部組織と推測される創価学会(池田個人崇拝カルト教団?)の政治団体である公明党が加わっていることも、大きな問題であると考えることができます。日本国や日本国民のことを考えずに、創価学会と創価学会員の利益のみを追求する政策を行うと考えることができるからです(創価学会インターナショナルを窓口として、密かに多数の創価学会員の外国人労働者(移民)を日本国に呼び寄せる可能性もあり、数の論理でもある民主主義制度を踏まえれば、日本国の危機)。
 
その一方で、野党の主張は、概ね社会福祉の拡大一点張りであり、財源無き福祉の拡大は、財政赤字を悪化させるのみであり、社会・共産主義化、そして、国家破綻も懸念されてくることになります。
 

すなわち、“与野党どちらに投票してもだめ”な状況にあることになります。こうした状況に対して、投票所に足を運ぶだけの意義は無いことになり、投票しないことによって、政界全体に対する不信任を表現するのも一案です。また、次善の策として、与野党のいずれの候補でありましても、その人柄と選挙公約の内容から判断して、候補者に一票を投じるという方法も一案と言えるでしょう。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

閉じる コメント(4)

顔アイコン

先生のおっしゃる【両頭作戦】は実に鋭い指摘です。かつて55年体制というものがありました。左右のボス交で万事決まる(痛み分け)という政治システムでした。ところが、1993年の細川政権以来、この両頭作戦が浸透し、どちらに転んでも同じことというような厭世的な社会に成り果ててしまいました。その中で暗躍し続けているのが、イルミナティの日本トップと思しき小澤一郎です。最年少自民党幹事長でありながら、宮沢政権の崩壊を演出後に反自民側に走りました。正午のニュースで『俺はフリーメーソンなんだってね』と笑いながら発言したのが思い出されます。 PS.先生のお父様は有名な方ですね。くれぐれも身辺にはお気を付けになることです。私は監視を受けながらも、先生の記事を(監視AIと共に)楽しみ、かつご鞭撻をいただいています。こうしてコメントを書かせていただいているうちは安全です。

2019/7/20(土) 午前 11:59 [ まほろば ] 返信する

顔アイコン

棄権は白紙の委任状と同じです。
投票率が低い=政治への監視が弱い、ということ。それだけ政治家が好き勝手しやすくなります。
また、組織票の効果も高くなりますので、特定の支持母体を持つ党が強くなり、一般市民の意志を政治に反映させづらくなります。要するに舐められるのです。
勿論、熟慮の上で投票すべきですが、棄権よりは白票、白票よりはいずれかの候補名を書いた方が良いであろうと思料いたします。 削除

2019/7/21(日) 午後 2:10 [ 春点 ] 返信する

まほろばさま
御忠告ありがとうございます。ちなみに父が有名である理由は何なのでしょうか。理系の人々の間では、祖父、伯父、父は、確かに有名なそうなのですが、私が身辺に気を付けねばならないのでしたならな、単に、理系の学者であるという理由だけではない気がするのです。

2019/7/23(火) 午後 0:28 [ 倉西裕子 ] 返信する

春点さま
棄権の欠点も十分に承知しておりますが、「ましな候補者」さえも立候補していないような選挙区では、候補者の名前を書きますと、その候補者を信任したことになってしまいますので、これもまた問題ではないか、と考えたのです。当該候補者は、「選挙民の支持を得ている」と主張するのでしょうから。ちなみに、私は、次善の策を採りました。

2019/7/23(火) 午後 0:33 [ 倉西裕子 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事