時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。昨日、民放のBS放送の午後8時台の番組にて、パックンという米国出身のタレントを司会者とした徴用工問題をめぐる日韓問題を扱う討論番組をライブ放送しておりました。この番組は、一日本国民として視聴するに値しないほど、反日・親イルミナティーの姿勢に立ったひどい内容でしたので、本日は、この問題について扱います。
 
まず、第一に気付いた点は、パックンは、日本を加害者と位置付けて議論を進めていることです。本ブログにて、再三にわたって指摘しておりますように、日韓併合には、イルミナティーが介在していたがゆえに、日本は、日韓併合のむしろ被害者でもあります。すなわち、日本にも影響力を持っていたイルミナティーによって、日本は日韓併合に協力させられ、李朝の借金の肩代わりや財政移転を行わせられたのですから、日本は加害者どころか被害者であるのです。喩えて言いますと、日本は、イルミナティーによって李朝との強制結婚を強いられ、配偶者となった李朝の借金を肩代わりさせられるとともに、財政支援をし続けねばならない立場に追いやられていたことになるのです。現在でも、多くの日本人は、日韓併合をめぐりましては、被害者であったと考えておりますので、昨日のTV番組のように、加害者として位置付けられることに対しましては、納得しないはずです。
 
ここで、朝鮮人と日本人の被害者意識が、質的に異なっている点は注目されます。
 
朝鮮人にとりましての被害とは、「プライドを傷つけられた」というメンタルな“被害?”なのではないか、と推測することができるからです。すなわち、韓国・朝鮮側には物的・人的被害は、ほとんど無かったにもかかわらず、イルミナティーは、表面上は日本国を宗主国とした併合の形を採ったために、朝鮮人のプライドが傷つけられ、このことが日本国を殊更に憎む深層心理となっているのではないか、と考えることができるのです(『続日本紀』には、日本と新羅が席次争いを唐の宮廷内で繰り広げたと記録されておりますように、古来、両国の上下関係は、両国民にとりまして関心事)。日本によって、社会インフラ、学校教育、法秩序の整備などが行われたことも、彼等のフライドの高さからいたしますと、日本に感謝するどころか、嫉妬の念を強くする原因となったのではないでしょうか。こうした感情が、被害者意識に転化されていると考えることができるのです。
 

このように考えますと、日韓併合による真の被害者は日本側であるにもかかわらず、韓国・朝鮮側が、メンタルな“被害?”を理由に、日本国を加害者呼ばわりしていることにこそ問題があるのです。すなわち、この問題の解決をめぐっては、日韓併合の目的がイルミナティーによる李朝への貸付金の回収にあった点の共通認識を両国の議論のスタートとすることが重要です。イルミナティーは、表にはなかなか姿を現さない秘密結社ですので、イルミナティー問題を所謂“まゆつばもの”として直視しない傾向にあるのですが、イルミナティー問題に光を当てることで、多くの真相が見え、解決策・打開策を講じることができるようになるのではないでしょうか。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

こんばんは。久し振りに原点に返った議論でしたね。古代より続く日韓の北東アジア覇権争いを引き摺っているのでしょう。彼らが日本天皇を【日王】と呼んでいる点を追求なさるともっとハッキリするのではありませんか?大和朝廷成立まで《倭》と呼んでいたのは中国のみです。白村江を見てもわかるように、彼らにとって日本(大和朝廷)は同族内の序列が下なのでしょう。実際は古代満州(扶余)の嫡流であり、新羅の源流だる秦始皇帝一族(秦はた)から見てもオリエント由来の北斗七星信仰(即位礼・大嘗祭)の継承者である倭大王(天皇)家の方が各段の高さにありました。後に満州に建設された渤海国の国使も日本天皇を指して【大扶余王家の嫡流】と賛美しています。現代韓国では、南北分裂への焦燥感から、わが国にヤツ当たりをしているというのが真相(表層)でしょう。 PS.昨年来の一見しての南北接近は米CIAの陣頭指揮(まだポンペイオが長官時代に2ヶ月間も在朝)によったことも注目されます。

2019/8/10(土) 午後 6:50 [ まほろば ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事