時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。『大日本帝国憲法』におきまして、天皇に陸海軍の統帥権があると明記されながら、実際には、統帥機能が機能不全に陥っており、陸軍と海軍の対立から、戦争を続ければ続くほどに、自軍並びに自国の被害が大きくなってゆく構造となっていたことは、ガダルカナル島に続く硫黄島、レイテ島、ミャンマー、そして、沖縄における戦闘の被害の大きさによっても立証されていると言うことができるかもしれません。
 
そもそも、日本は島国ですので、海外に陸軍を含む軍隊を展開したい場合には、どうしても海軍との共同作戦が必要です。このことから、陸軍と海軍の対立は致命的であったと考えることができるのです。その原因の一つは、なぜか、常に陸軍側の人的被害が大きいという点を挙げることができるかもしれません。日露戦争の際も、旅順の203高地占領作戦において、陸軍第7師団(旭川)が、15,000人ほどの兵力を5日間で約3,000人にまで減少させる大きな被害を受けた一方で、日本海海戦の日本海軍は、ほとんど無傷とも言える状態で勝利しております。ガダルカナル島でも、ガダルカナル島沖で、海軍は久しぶりの戦果を挙げ、日本において華々しく大々的に報道された一方で、陸軍は、一木隊の全滅という憂き目にあっていたのです。
 
8月11日のNHKのドキュメンタリーによりますと、陸軍が海軍への不審を強め、海軍によって「見殺し」にされることを憂慮していたようです。すなわち、海軍と陸軍の対立は、海軍の作戦立案の姿勢が秘密主義であり、陸軍の将兵の命がかかわる深刻な問題であったがゆえに、簡単には解消され得なかったのではないかと推測することができるのです(一木隊は、特に精鋭部隊として知られていた優秀な部隊であったにもかかわらず、海軍は、一木隊の全滅が必至の計画を秘かに立案)。他にも、イルミナティーが、海軍と陸軍のどちらにより強い影響力を持っていたのか、など様々な原因が考えられるでしょう(真珠湾攻撃の立案者である山本五十六海軍大将は、イルミナティーのメンバーであったとする説もあります)。
 
いずれにいたしましても、第二次世界大戦の真相を明らかとし、歴史の教訓といたしますためには、旧日本軍の構造につきましては、より検証を進める必要がある気がいたします。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 
 
(続く)

閉じる コメント(7)[NEW]

顔アイコン

山本五十六は1年以内なら優位を保ったまま停戦などと言っていたそうですが、疑わしい限りです。真珠湾の奇襲という卑怯極まるやり方で、たとえ優勢だったとしても米側が受け入れるはずもありません。原爆投下の正当性の理由にさえされてしまいました。実際は優位どころか圧倒的劣勢のまま、ブーゲンビル島に(ミッドウェイ以来、無線を解読されていたと知りながら)特攻出撃し、戦死しました。その死によっては何も償われず、あまりにも無責任な行動と言う他ありません。 PS.特攻と言うなら、4隻撃沈(米側も1隻)直後に大和などをもってして本島に突撃していれば、米側の航空戦力も残っておらず、空港や残敵を殲滅して一時的にも占領出来たとされています。彼は名将でも何でもありません。さらに愚劣なのは、飾り物の大和に加え武蔵まで作ったことです。目も当てられません。

2019/8/15(木) 午前 3:39 [ まほろば ] 返信する

顔アイコン

なぜ帝国陸海軍が対立をしていたかと申せば、陸海軍が考えていた「戦争のカタチ」が.違っていたからで、それに尽きると考えます。海軍の方は来寇する米太平洋艦隊を日本近海で待ち伏せ「日本海海戦」の再演を目論んでおりましたし、陸軍は陸軍で満州の原野でソ連を相手に「奉天の大会戦」を夢見ていたんでしょうな。結局、政治家が「戦争のグランドデザイン」言い方を変えれば「国家戦略」を示せなかったことが、イチバンの理由でしょう。その結果「大東亜戦争」は西太平洋での島の取り合いとなって海軍は夢見たような艦隊決戦を現出できず、陸軍もまた満州での決戦兵力を東南アジアや西太平洋に分散させてしまって南下するソ連軍に手もなく捻られた、と言う事でしょうな。「国家戦略」というのは必ずしも全国民に理解させる必要もなく、また軍備や戦争に偏るものでもありませんが、今の政治家にもそれが感じられないのは、困ったことですなあ。

2019/8/15(木) 午後 0:39 [ ogu*ita* ] 返信する

顔アイコン

太平洋戦争の背後に天皇(南朝)+海軍VS陸軍(北朝)の権力闘争があった?
○太平洋戦争は陸軍のクーデターを恐れた天皇家が、陸軍を壊滅させるために仕組んだ戦争だと考えれば、生産力軍事力に格段の差がある対米戦争に何故日本が踏み切ったかの謎が見えてくるように思う。
>226事件は、公表的には帝国陸軍:皇道派の青年将校たちが「 昭和維新・尊皇討奸 」「 天皇親政 」をスローガンに企てたクーデター未遂とされていますが、これは事実のホンの一部分を取り上げたものにしか過ぎません。(中略)
ここに昭和天皇の帝国陸軍トラウマが始まり、これに若狭さんや鬼塚さんが描くところのユダヤと日本に依る満州共同経営を日本側が一方的に反故にしたことが重なって、ゾルゲ事件や帝国海軍:特に山本五十六と米内光政に依る対米開戦と云う日本( = 帝国陸軍 )敗戦へのプランが策定・実行に移されることになります。 削除

2019/8/15(木) 午後 7:14 [ ななし ] 返信する

まほろばさま
山本五十六生存説があるそうです(実は逃亡していた)。憶測の域は出ませんが、、山本五十六氏は、イルミナティーのメンバーであって、日本人大量虐殺に協力し、昭和天皇、並びに、軍部の反イルミナティー派の人々をも騙して、開戦に持ち込んだのかもしれません。

2019/8/17(土) 午後 6:46 [ 倉西裕子 ] 返信する

ogu*ita*さま
『大日本国帝国憲法』下におきまして、「国家戦略」を決めるのは、法律的には、天皇であったと考えざるをえません。議会制民主主義国家でありながら、何故か憲法が天皇主権を認めているというちぐはぐな状態が、日本国に悲劇をもたらす原因となったのかもしれません。憲法制定にはイルミナティーが関わったのでは?

2019/8/17(土) 午後 6:51 [ 倉西裕子 ] 返信する

ななしさま
第二次世界大戦の真相を解明するためには、南朝と北朝の問題も重要であると私も考えております。そして、イルミナティーの介在も重要です。イルミナティーは、海軍と陸軍の両方にそのメンバーを送りこんでおりますので、天皇+海軍VS陸軍といった構図よりも、もっと複雑であった気がいたします。

2019/8/17(土) 午後 6:56 [ 倉西裕子 ] 返信する

顔アイコン

国がどう生きていくかを考えるのはお役人、上がってきた案を精査して順位付けをするのが政治家、最終的に決済するのが天皇陛下であられたと考えております。当時日本国内には「南進論」「北進論」が代表的な国家戦略として議論されておりましたが、どちらも「裁可を仰ぐ」ところまで行ったとは聞いておりませんし、政府がどちらかをオーソライズしたとも聞きません。「南進論」を採るなら満州国の開発は独占するべきではなく、「北進論」を採るなら満州経営に専念し、一刻も早く満州を工業化すべきだったでしょう。それを列強を怒らせた挙句に追い詰められて逆切れし、大戦にのめり込んでいくのですが、当時の大日本帝国は「国家戦略を決める」以前の状態であったと、私は認識しております。現代の日本もまた、あらゆるものがぶち壊され、一から国を作り直す必要のあった頃と今とでは日本の果たすべき役割が大いに変化しているはずですが、その任識が政治家に感じられないのは本当に残念なことです。お役人は黒子ですから、国民に見えるのは政治家なわけですがね。あの頃より軍人も財閥も随分と大人しくなっていますから、今の政治家は随分とラクだと思うんですがねえ。

2019/8/18(日) 午後 5:10 [ ogu*ita* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事