時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。昨日、NHKにて、新たに発見された昭和11年の二・二六事件を記録した海軍側の新たな史料についてのドキュメンタリーを放送しておりました。非常に衝撃的な内容であり、極めて慎重な分析が必要とされるため、憶測にてあれこれとは書きたくはないのですが、まずは、陸軍の皇道派の師団が起こした事件であるとされながら、実は海軍側によるクーデターとしての性格も有するものであった、という一点のみは、確かであるようですので、本日は、この問題について扱います。
 
二・二六事件は複雑に推移するのですが、ドキュメンタリーは、新史料によって海軍側は、事件が発生する前に、陸軍の一部部隊によって岡田啓介首相(事件では岡田首相との人違いで松尾内閣総理大臣秘書官が殺害される)、高橋是清大蔵大臣、及び、鈴木貫太郎侍従長・海軍大将が殺害される予定であることを既に知っていたことを、初めて明らかとしておりました。すなわち、海軍は、この情報を治安当局に伝えておらず、また海軍陸戦部隊をもって彼らを守衛しようともせず、これらの政治家が皇道派陸軍師団によって殺害されるに任せていたのです。海軍は、陸軍皇道派によるこれらの政治家の廃除を黙認していたということになるでしょう(岡田首相、高橋大蔵大臣、斉藤実内大臣などが、なぜ攻撃目標となったのか、その背景の解明は極めて重要。彼等は、イルミナティー派?)。
 
その理由は、海軍内部にも陸軍皇道派に通じている人々がおり、皇道派に秘かに協力したか、もしくは、ガダルカナル島の時と同じように、陸軍師団を犠牲として、海軍独自の「二・二六事件」を決行したかのどちらかではないか、と推測することができます。
 
後者である可能性は、陸軍皇道派部隊の鎮圧のためと称して、最新鋭の海軍艦隊を東京湾へ配備し、皇道派の立て籠る国会議事堂に向けて砲撃するという計画を海軍が立案し、実際に、海軍艦隊が東京湾に配備されたことによって推測されてまいります。当時の技術では砲弾の照準を国会議事堂に合わせることは不可能であるため、仮に、この計画が実行に移された場合、千代田区全体が壊滅することになったそうです。従いまして、このような計画は、無分別であって、無意味に見えるのですが、実は、そうではなかったのではないか、と考えることができるのです。
 
すなわち、海軍艦隊のこのような行動こそが、海軍による軍事クーデターであり、皇居や国会議事堂などの政府中枢部を軍事力をもって、制圧していたということになるのです(海軍の命令一つで、いつでも千代田区には砲撃が加えられるとなりますと、天皇や政治家は、海軍を恐れるようになる)。二・二六事件以降、軍部、特に、海軍の影響力が増し、昭和天皇も、海軍の意向に沿わざるをえず、結果的に、海軍大将の山本五十六の真珠湾攻撃を認めざるをえなかったのではないか、とも推測することができるのです。
 
このように考えますと、「陸軍の二・二六事件」と「海軍の二・二六事件」があり、密かに進められた「海軍の二・二六事件」によって、天皇を中心とした国家につくりかえるという二・二六事件の目的は達成していたのではないか、と考えることができます。「海軍の二・二六事件」の成功によって、陸軍もまた影響力を増したとも言えます。
 
しかしながら、第二次世界大戦における日本国の壊滅状態に示されますように、明治維新以降の天皇は、日本古来の政治・軍事にかかわらない神祇祭祀の長としての天皇ではなく、「黒いユダヤ人」の国際組織であるイルミナティーが新たにつくった“天皇”であるがゆえに、“天皇”を内政・外交・軍事といった国家機能の頂点・中枢とすることには、もとより無理があり、軍部内の混乱は続き、悲惨な結果が齎されたのではないでしょうか。
 
すなわち、仮に、当時の政治家のほとんどが親イルミナティーであったがゆえに、反イルミナティーの立場から、軍部の皇道派が立ち上がっていたと仮定いたしますと、仮に、“天皇”が本当は親イルミナティーであった場合、皇道派の目指す“天皇”を国家の中心に据えるという統治体制は、当然、混乱をもたらす結果となったのではないか、と推測されるのです(陸軍皇道派は、“明治天皇”の血をひかない閑院宮との接触を図っており、昭和天皇を廃して閑院宮を天皇に据えようと計画していたようであり、この点からは、皇道派は反イルミナティーの立場であったと推測される)。
 
「海軍の二・二六事件」が成功したことによりまして、軍部の反イルミナティー派はその影響力を増したように見えますが、海軍や陸軍内部には、なお親イルミナティー派の人々があったと考えられます。こうした親イルミナティー派の軍人が影響力を増すにつれ、“天皇”を中心とした国家体制は、むしろ極めて不安定で危ういものとなっていったと考えることができるのです。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 
 
(続く)
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事