時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全866ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。イルミナティーの騙し募集作戦によって引き起こされる軍隊の内部2分化問題は、「非イルミナティー軍人」の立場からみますと、“敵”は2つとなることを意味いたします。すなわち、国家安全保障上の脅威となっている敵国と、自らの属する軍隊内の「イルミナティー軍人」という内と外の2つの敵と対峙しなければならなくなる、ということになるのです。こうした複雑な状況は、軍事部門のみならず、政治家や官僚などの文民のレベルにおきましても言うことができます。
          
軍事武門と政治との関連からは、現在、世界の多くの国々では、所謂“総司令官”として、シビリアンコントロールが原則となっており、大統領や首相といった立場にある人物が、軍を“統帥”することにもなります。このことから、軍事武門を抑えたければ、政界も抑えなければならないということになるでしょう。従いまして、当然、イルミナティーは、政界や官界などにも、そのメンバーを送り込み、大統領や首相の座にメンバーを座らせる作戦を採っていると考えているはずです。
 
しかしながら、国会議員や地方議員、並びに、国家公務員や地方公務員の募集をめぐりましては、通常は、軍人と同様に、愛国心の人一倍強い人々が、立候補や受験という形で応募するものであり、政治家の場合は、有権者の側も、愛国心の強い候補者を選ぶものです。そこで、イルミナティーは、そのメンバーを立候補させる際には、愛国心の高い人物であるかのように振る舞わせて、有権者を騙すという作戦を遂行していると推測することができます。官僚の場合は試験に合格すれば、よいわけですので、イルミナティーは、容易く、メンバーを官界に送り込むことができるでしょう。
 
このように考えますと、軍事部門と同様に、現在、世界各国の政府は、イルミナティーの目的達成のために政府に送り込まれてきたイルミナティーのメンバーと、純粋な愛国心にもとづいて、国家の繁栄と国民の福利のために国家の下僕として政治家や官僚となった人々という2種類の人々によって構成されていると推測することができます。
 
そして、情報化社会の到来により、「非イルミナティー政治家・官僚」は、政府とイルミナティーとの関係やイルミナティーの真の目的に気付きますと、これまで通りに政党幹部や上官からの命令、特に、「イルミナティー政治家・官僚」と推測される政党幹部や上官からの命令には、おいそれとは従わなくなるのではないでしょうか。上からの命令に従順に従うことが、自国や自分自身の滅亡に繋がるとなりますと、その命令には自国防衛の観点から妥当性はあるのかを熟考、検証するようになり、誰もが警戒することになるからです。
 

かくて、世界各国の政府は、その内部におきまして「イルミナティー政治家・官僚」と「非イルミナティー政治家・官僚」に二分化することとなり、極めて複雑な状況が現出してくることになります。世界各国の政治状況を概観してみますと、あたらずとも遠からずの気がいたします。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)
 

開く コメント(0)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。イルミナティーをめぐりましては、インターネット社会の到来によって、より多くの人々が、その存在を知るようになりました。このことから、軍隊との繋がりをひた隠しに隠し、世論、あるいは、同調圧力として愛国心を高揚させて、愛国心の高い幹部候補生や兵卒を募集し、彼らが上官からの命令、実は、イルミナティーからの命令に従って、愛国心のもとに一生懸命戦っているのを悪用して、その目的を達成させるというイルミナティーの作戦は、今後は、成功するか否かは未知数であると言えます。
 
現在、世界各国の軍隊は、イルミナティーの目的達成のために軍隊に送り込まれてきたイルミナティーのメンバーと、イルミナティーに騙されて幹部・幹部候補生・兵士となった人々によって構成されていると推測することができます。仮に、イルミナティーのメンバーを「イルミナティー軍人」、それ以外の軍人を「非イルミナティー軍人」と表現いたしますと、表面上は、両者ともに所属国の国防を担う軍人でありながら、「イルミナティー軍人」は、自国の防衛ではなく秘かにイルミナティーの世界支配計画のため、すなわち、自国の滅亡のために働き、「非イルミナティー軍人」は、自国の防衛のために働いているということになります。
 
そこで、情報社会の到来によって、「非イルミナティー軍人」が、軍隊組織とイルミナティーとの関係やイルミナティーの真の目的に気付きますと、「非イルミナティー軍人」は、これまで通りに上官からの命令、特に、「イルミナティー軍人」と推測される上官からの命令には、おいそれとは従わなくなるのではないでしょうか。上官からの命令に従順に従うことが、自国のや自分自身の滅亡に繋がるとなりますと、その命令には自国防衛の観点から妥当性はあるのかを熟考、検証するようになり、誰もが警戒することになるからです。
 
かくて、世界各国の軍隊は、その内部におきまして「イルミナティー軍人」と「非イルミナティー軍人」に二分化することとなり、極めて複雑な状況が現出してくることになります。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]  
 
(続く)

開く コメント(0)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。『シオンの議定書Protocol of Zion』から、イルミナティーが、世界各国の軍隊を悪用することによって世界支配を達成することを計画していることがわかります。すなわち、世界各国の軍隊を事実上、イルミナティーの傘下に置くという作戦が遂行されており、軍隊の属する国籍は各々違っても、裏では、すべて、「国際イルミナティー軍」というイルミナティーのために働く軍隊ということになります。
 
この問題は、国家が軍人(幹部候補生)・兵卒を募集するに際しまして、大きな混乱が生じる可能性を示唆しております。通常は、人一倍自国への愛国心が強く、自国を護りたいと考えている人々が、軍隊への入隊を希望するからです。従いまして、仮に、軍隊は裏ではイルミナティーと繋がっていることが周知の事実となりますと、愛国心の強い人々は募集には応じず、募集に応じる人々は、イルミナティーのメンバーのみになってしまう可能性すらあります。
 
イルミナティー側から見ますと、このような状態は「国際イルミナティー軍」の兵士の減少を意味しますので、軍人の募集に際しては、国民を騙すという作戦を採ったと推測することができます。すなわち、イルミナティーは、軍隊との繋がりをひた隠しに隠し、世論、あるいは、同調圧力として愛国心を高揚させて、愛国心の高い幹部候補生や兵卒を募集し、彼らが上官からの命令、実は、イルミナティーからの命令に従って、愛国心のもとに一生懸命戦っているのを悪用して、その目的を達成させるという作戦です。第二次世界大戦を例にとりますと、連合国諸国の若者たちと枢軸国諸国の若者たちは、自国の命運と文明の維持のために、よく戦ったのですが、結果を見ますと、イルミナティーの目的の通りに、白いユダヤ人を含む白人系の人々や文明人は減少したのではないでしょうか。
 

このようなイルミナティーの詐欺的作戦があったと仮定いたしますと、第一次世界大戦の際のサラエボの一発の銃声が、第二次世界大戦の際のドイツ軍によるポーランド侵攻が、雪だるま式に世界大の戦争に拡大したことに対して、今日でもその原因がはっきりしていないことを説明している気がいたします。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 

 
(続く)

開く コメント(0)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。イルミナティーのように、人類の非文明化・動物化・家畜化を目的に活動する“陰謀団”がありますと、まずもって、平和のための“パワーバランス論”を唱えて2大陣営による軍事力の均衡状態をつくらせ、その後に、戦争を勃発させるという作戦を採る可能性があることを昨日指摘いたしました。
 
軍事力が均衡しているわけですので、第一次世界大戦の西部戦線のように戦争は膠着状態となって長期化し、両陣営に甚大な被害が齎され、“陰謀団”の目的が達成されてしまうことになるのですが、読者の皆様の中には、「東西両陣営の持つ核の核抑止力を以って第二次世界大戦後の平和は保たれたのではないか」という“パワーバランス論”にもとづいた反対意見をお持ちの方々もおられるかもしれません。
 
このような反対意見をめぐりましては、昨今、米国の前オバマ大統領やICANのように、イルミナティー系と推測される個人や団体が、核兵器廃止運動を活発に展開している点が注目されます。このような動きは、イルミナティーが、核兵器は抑止力を持つが故にむしろ邪魔であり、“核無き世界”の方が、目的を達成するのに都合がよいと考えている可能性を示唆しております。
 
『シオンの議定書Protocol of Zion』から、そもそも、イルミナティーの世界支配計画は、イルミナティーが軍隊を持つことによって可能となる計画であることがわかります。すなわち、世界各国の軍隊を事実上、イルミナティーの傘下に置くという作戦が遂行されてきたようなのです。軍の属する国籍は各々違っても、裏では、すべて、「国際イルミナティー軍」ということになるのでしょう。
 
例えば、日本の場合は、明治時代には、日本軍は、『大日本帝国憲法』や「軍人勅諭」などを通しまして、「チーム明治天皇」の軍隊となり、実質的には「チーム明治天皇」の背後にあるイルミナティーによってコントロールされる“国際イルミナティー軍”となっていたと推測することができます。各国の軍隊が“国際イルミナティー軍”となるような状況下におきまして、イルミナティーは戦争やクーデターを起こすことができ、世界を支配することができると考えていたのでしょう。
 
ところが、核兵器が開発されると、計画案は変更を余儀なくされたと推測することができます。戦争の勝敗が核兵器に左右されるようになったからです。本土決戦があり得たなかで、広島と長崎に落とされた原子爆弾が、第二次世界大戦の終結に決定的な役割を果たしたことが示しますように、核兵器の攻撃力と数が問題となる時代となったのです。極端に言いますと、精巧に製造された核兵器があれば、軍隊はいらないということになります。
 
従いまして、戦後、イルミナティーは、兵士よりも核兵器などのロケット兵器を支配しなければならなくなったわけです。「イルミナティーの軍隊」ではなく、「イルミナティーの核」が必要となったはずなのです。しかしながら、核兵器のボタンはシビリアン・コントロールのもとにあり、必ずしも「イルミナティー軍」のコントロール下にあるわけではありませんし、社会の複雑化や情報公開によって、各国の軍隊が、都合良く「イルミナティー軍」となってくれるわけでもありません(軍内部の二分化もありえます)。また、核による被害は、人類に人類の非文明化・動物化・家畜化をもたらすのではなく、イルミナティーのメンバー自身も含む全人類の滅亡をもたらす可能性があります。さらに、イルミナティーは、暴力主義や野蛮で野性的なメンタリティーを好みますので、核兵器優位のもとでの兵隊の必要性の低下にもとづく軍事訓練の縮小は、好ましくなかったとも言えるでしょう(マッチョな兵士よりも、より高度な軍事技術を開発する青白き科学者が、戦争の勝敗を決める時代は、暴力主義のイルミナティーにとって都合が悪い)。
 

このことから、イルミナティーは、“核無き世界”の方が、人類の非文明化・動物化・家畜化といった目的を達成するのに都合がよい考えるようになっていると推測することができ、オバマ前大統領やICANのノーベル平和賞の受賞、そして、昨今、我が国でも徴兵制の導入が唱えられるようになっていることも、こうした計画の一環であると考えることができるのです。

 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 

 
(続く)

開く コメント(0)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。イルミナティーの最終目的が、白いユダヤ人を含む白人系の人々や文明人、ならびに、その文明によって築かれた諸都市を地球上から消滅させることで、人類を動物化、非文明化、家畜化させることにあり、その目的達成の手段として世界戦争を起こすとともに、その長期化と激化のために戦力均衡という作戦が採用されていることに気付きますと、第二次世界大戦は、教科書に載っているような民主・自由主義諸国からなる連合国と全体主義諸国からなる枢軸国諸国との間で戦われた政治的価値をめぐる戦争という表面的な目的とは、まったく異なる目的を持った戦争であったことになります。
     
このことがわかりますと、第二次世界大戦は、よい教訓になるとも言うことができます。それは、「戦力均衡の恐怖」とでも言える教訓です。『刑事フォイル』では、連合国の米国企業が、ナチスドイツに爆撃機用の燃料を密輸いたしましたように、果たして、イルミナティーの戦力均衡作戦は成功し、第二次世界大戦は長期化・激化することとなり、多くの白いユダヤ人を含む白人系の人々や文明人が戦争の犠牲者となり、多くの文明都市が甚大な被害を受けました。このことは、迂闊に“パワーバランス論”に同調してはいけないという教訓を示しているのではないでしょうか。
 
現在でも、国際政治・軍事の世界では、“パワーバランス論”があります。複数の超大国や諸国連合の勢力や軍事力が均衡していると、牽制しあうことになって、結果として平和が保たれるという理論です(“パワーバランス論”をもとに、中国共産党政権を政治的・軍事的に支援すべきとする説もあるようです)。
 
ところが、イルミナティーのように、白いユダヤ人を含む白人系の人々や文明人、ならびに、その文明によって築かれた諸都市を地球上から消滅させることを目的に活動している“陰謀団”がありますと、まずもって、平和のための“パワーバランス論”を唱えて、勢力均衡状態をつくらせ、その後に、戦争を勃発させるという作戦を採る可能性があるのです。軍事力が均衡しているわけですので、第一次世界大戦の西部戦線のように戦争は膠着状態となって長期化し、両陣営に甚大な被害が齎されることになります。
 

このように考えますと、イルミナティーがこの世にある限り、迂闊に“パワーバランス論”に与してはいけないということになるでしょう。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

開く コメント(0)

全866ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事