時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。ザビエルが日本国内に「裏イエズス会」とも称すべき国際組織を組織し、江戸時代を通してその組織が存続していたことは、倒幕の中心となった薩摩藩の鹿児島と長州藩の山口のいずれもが、以下の理由から、日本において布教活動を行った宣教師たちのなかでも、特に、ザビエルとの関連の深い土地柄であることによって、示唆されてきます。
 
その理由は、鹿児島と山口の両地域に滞在し、布教活動を行ったのが、ザビエル、並びにザビエルに随行していたコスメ・デ・トーレス(Cosme de Torres, 1510 - 1570102日)とフアン・フェルナンデス(スペイン語: Juan Fernández 1526年? - 1567626日)の凡そ3人のみであることです。
 
イタリア人宣教師のニェッキ・ソルディ・オルガンティノ(Organtino GnecchiSoldo/ GnecchiSoldi, 1533 - 1609422日)は、天草志岐上陸し、同じくイタリア人宣教師のアレッサンドロ・ヴァリニャーノ(AlessandroValignano / Valignani1539215 - 1606120日)は、長崎県南島原口之津港(くちのつこう)に上陸しており、その布教活動において鹿児島や山口は関係がありません。
 
ポルトガル人宣教師のルイス・フロイス(葡: Luís Fróis [luˈiʃ frɔjʃ]1532 - 159778日(慶長2524日))は横瀬浦(現在の長崎県西海市北部の港)に上陸し、同じくポルトガル人宣教師のガスパル・ヴィレラ(Gaspar Vilela、 大永5年(1525年)? - 元亀3年(1572年))は、イエズス会インド副管区長ヌーネス・バレト(João Nunes Barreto)とともに豊後府内(現大分県大分市)に上陸しており、その布教活動において、鹿児島や山口は関係がないのです。
 
では、イエズス会における日本での布教の第一陣とも言えるザビエルたち3人には、どのような特徴があるのでしょうか。まず、フェルナンデスは、スペイン・コルドバ出身であることは注目されます。ゴルドバは、イスラム教国の後ウマイヤ朝の首都であった場所であり、フェルナンデスには、イスラム教との繋がりが示唆されます。トーレスについては、同氏に感化されてイエズス会に入会し、山口にて布教活動を行ったルイス・デ・アルメイダ(Luís de Almeida 1525? - 158310月)という人物がおります。その背景には、注目する必要があるかもしれません。アルメイダは、元は商人であり、1525年ごろリスボンでユダヤ教からカトリックに改宗したコンベルソの家庭に生まれております。
 
すなわち、ザビエルの周辺には、イスラム勢力とユダヤ勢力の存在が見え隠れしていると言うことができるのです。そして、本ブログにおきまして、再三にわたって指摘しておりますように、幕末史を動かし、世界支配を狙って今日でも世界情勢に大きな影響を与えている世界支配志向勢力は、まさに、「裏イエズス会」の流れを引く親イスラム、親ユダヤ勢力です。幕末において倒幕活動に動きだしたのが、薩摩藩の鹿児島と長州藩の山口であることは、両地域が特にザビエルとの関連が深い点を考えますと、偶然とは言えないように思えます。すなわち、薩摩と長州を繋いだ「裏イエズス会」ルートが推定されるのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。『彼ら日本人は予の魂の歓びなり』と言ったザビエルの物語は広く西洋で知られており、これがアメリカ合衆国政府をしてペリー率いるアメリカ艦隊の日本遠征を決心させる原因となったことは、本年5月4日付本ブログにて述べました。このザビエルの言葉は、ザビエルが日本国内に親イエズス会組織を残していったことを示唆しております。そして、その組織に対して米国政府、否、米国政府内のある国際組織が何らかのアクションを起こそうとして、ペリー率いる米国海軍を日本へ派遣したと推測することができます。
 
戦国時代、大友宗麟、細川ガラシャ、小西行長、和田惟政などに代表されますように、多くの日本人がイエズス会を通してカトリックに入信しておりました。これらの人々は、「カトリック信者となった」と表現するよりも、「イエズス会の一員となった」、あるいは、「ある特定の国際組織の一員となった」と表現するほうが相応しいと言うことができるかもしれません。『聖書』の内容からは、キリスト教の教えは仏教や神道と対立する要素は少なく、神仏習合と同様にキリスト教も日本国に受け入れられる素地を十分に有していたと考えられます。しかしながら、江戸時代に、極めて厳しいキリシタン弾圧が行われます。おそらく、その理由は、キリシタンたちが実際には「ある特定の国際組織の一員となった」ことにあると考えることができます。その国際組織とは、奴隷貿易や武器密輸などを行っていた「裏イエズス会」とも称すべき国際組織です。幕府が恐れたのは、キリスト教ではなく、まさに、イエズス会と表裏一体となっていたこの国際組織であったと推測することができるのです。
 
この国際組織は、国境や民族といった概念に対する意識が低く、16世紀当時から、移民などを通して、世界の民族をごちゃごちゃにミックスすることを、世界支配を実現させるための戦略として位置付けていたようです。「オタア・マリア」と称されていた細川ガラシャの侍女も、朝鮮人女性です。世界中に拠点を持ち、大きなカレオン船で航海することができたイエズス会は、世界のいかなる地域のいかなる民族も、別の地域に移動させることができたのです。
 
そして、その国際組織こそが、幕末において倒幕活動に動くとともに、イエズス会とロスチャイルドを中心とした偽ユダヤ人(イスラム系・モンゴル系)が合体している今日の世界支配志向勢力そのものであると考えることができるのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

この記事に

開く コメント(2)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。15世紀末以降、イエズス会の影響は特に日本国において大きく、以下の理由により現在でもその影響力を保持、もしくは、拡大させていると推測することができます。
 
その理由とは、歴代イエズス会総長が日本と密接な関係にあることです。イエズス会第28代総長であるペドロ・アルペ氏(Fr. Pedro Arrupe, 19071114 - 199125日)は、ロヨラやザビエルと同じくバスク地方の出身です。アルペ氏は1940年に日本に派遣され、山口カトリック教会で主任司祭となり、その後、上智大学教授となっております。ザビエルと同郷、そしてザビエルの滞在した山口に派遣されていることから、アルペ氏は、思想的にロヨラやザビエルと近かったと推測されます。そして、1965年から1983年までの長期にわたり、アルペ氏はイエズス会総長を務めたのです。
 
昨年、2016年まで第30代イエズス会総長を務めていたアドルフォ・ニコラス氏(スペイン語: AdolfoNicolás Pachón, 1936429日– )も、日本との関係の強い総長です。スペインのパレンシア県に生まれ、1953年イエズス会に入会し、来日して1960年まで日本で日本語とその文化を学んでおります。ニコラス氏は、1964年上智大学神学部に入学して神学を学び、上智大学で13年間組織神学の教授を務めております。
 
ニコラス氏は、フィリピンのメトロ・マニラにあるアテネオ・デ・マニラ大学の東アジア司牧研究所所長をつとめた後に日本へ戻り、2000年までイエズス会日本管区長となり、その後も3年間、上智大学神学部での教職を続ける傍ら、東京で特に開発途上国地域から来日した貧しい移民の間で司牧をしていたそうです。そして、2008年にイエズス会総長となり、2016103日に退任するまでその職にありました。

本年5月21日付本ブログにて、世界支配志向勢力の‘金太郎あめ’、すなわち、密集部隊は、そのメンタリティーの均質性の維持の問題から、ロスチャイルド家の血縁者(モンゴル系・偽ユダヤ人系)、イスラム教徒、中国・朝鮮人(特にモンゴル系)によって構成されていると推測できる点を指摘いたしました。アルペ氏やニコラス氏が、どの程度、昨日述べたイエズス会の裏の問題を知っていたのかは未詳であり、またイエズス会が世界支配志向勢力とどの程度の繋がりを有しているのかはわかりませんが、イエズス会の唱える移民推進・擁護策がこのまま進められますと、結果的に、イスラム教徒・中国・朝鮮人(特にモンゴル系)の人口構成比率が上がり、日本国という国名は残っても、中身の違う国になってしまう点には、注意を要する必要があります。
 
昨今の天皇譲位問題に関する有識者会議のメンバーに、何故か、上智大学の国家賠償法を専門とする識者が選ばれてもおり、イエズス会は、国民の知らない間に、‘世界同時社会改造’、すなわち、ロスチャイルド家を中心とした世界支配志向勢力による世界支配を援護・支援しているとも推測することができます。イエズス会と日本との繋がりの強さは、特に、我が国において、イエズス会の動きには、十分警戒しなければならないことを示していると言えるでしょう。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 

(続く)

この記事に

開く コメント(3)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。フランシスコ・ザビエルの問題は、日本におけるザビエルの布教活動には、いわば裏の側面があった点からも指摘することができます。
 
ザビエルは、中国で亡くなり、その遺体はポルトガルのリスボンに運ばれます。その後、右腕下膊は、1614年にローマのイエズス会総長、クラウディオ・アクアヴィーヴァ(1581-1615年)の命令で切断されることになります。右腕の切断は、イスラム教では、窃盗を働いた人物に対して行われる刑罰である点は、注目されます。
 
イエズス会が、隠れイスラム教である可能性につきましては、本年1月18日付本ブログにて指摘いたしました。イエズス会の創始者であるイグナティウス・ロヨラとザビエルは、ともにイベリア半島のバスクの出身です。7世紀よりイベリア半島(現在スペインとポルトガル)には、後ウマイヤ朝などのイスラム教国が建国され、イスラムの世界となっておりました。レコンキスタによって最後のイスラム教国の首都ゴルドバが陥落し、イベリア半島がキリスト教国となるのは、西暦1542年となってからです。このことから、イベリア半島には、隠れイスラム教徒が多かったと考えることができるのです。従いまして、イエズス会によるザビエルの右腕の切断は、ザビエルが”窃盗犯”と認識された可能性を示しているのです。
 
この時本人の死後50年以上経過しているにも係わらずその右腕からは鮮血がほとばしり出たとされ、これをもって「奇跡」として、ザビエルは列聖されることになるのですが、イエズス会の日本での活動につきましては、武器の密売や、日本人女性は色が白いことからホワイト・スレーブとして海外に売りさばいたなど、とかく多くの悪評があります。加えて、窃盗を働いていた可能性は、ルイス・フロイスの書簡に、本能寺の変が起こった際に、イエズス会士たちは、日本人から『あなたたちは、本当は泥棒であったのですね』という趣旨の指摘を受けたと記されていることからも、窺うことができます。
 
 ローマ提督・ポンティウス・ピラトは、イエス・キリストを磔刑から救うために、「イエス・キリストと泥棒のどちらを生かすか」とユダヤの民衆に問いかけます。当然、ユダヤの民衆は、イエスを生かすよう求めるであろうと予測してのことであったのですが、ユダヤの民衆は、泥棒を生かすようと、ピラトに求めるのです(恐らく、ユダヤの民衆はヘロデ・アンティパスが送り込んでいたイドメア人の‘さくら’)。
 
このことに示されますように、キリスト教は、反窃盗の宗教です。歴代イエズス会の総長のなかで、クラウディオ・アクアヴィーヴァは、反窃盗の意識を持っており、ザビエルの墓を暴き、右腕を切断したのかもしれませんが、イエズス会には親窃盗・アンチ・キリストの側面があるのです。
 
イエズス会は、世界支配志向勢力の一角を担い、現ローマ法王が初めてのイエズス会出身の法王でありますように、現在でも世界情勢に大きな影響を与えております。おそらくは、世界支配を狙っていると推測することができます。世界支配志向勢力によって世界が支配されてしまいますと、‘泥棒天国’となってしまいますので、世界支配志向勢力に対しましては、抵抗してゆかねばならない、ということになるでしょう。
 
 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。1549年のイエズス会士、フランシスコ・ザビエルの来日は、「キリスト教の伝来」として教科書などにおいて扱われております。しかしながら、以下の理由から、ザビエルの来日に対する教科書のこのような記述には問題があり、教科書を訂正する必要がありるように思えます。
 
その理由とは、ザビエルによる「キリスト教の伝来」は、『聖書』の正確な邦訳などを通しての純粋なキリスト教の伝来ではなく、イエズス会というカトリック関係の外部組織の解釈を通しての、いわば捻じ曲げられた“キリスト教”の伝来であったことです。2016年12月14日付本ブログにおきまして述べましたように、イエズス会とは、イグナティウス・ロヨラ、ならびに、フランシスコ・ザビエルなどの修道士たちによって、1534年にパリで結成されたカトリック擁護の私的組織です。ロヨラが元軍人であったこともあり、法王への絶対服従をその要綱として掲げるなど、イエズス会組織は、軍隊組織に近いものとなっておりました。
 
軍隊的組織の欠点の一つは、指揮命令系統において頂点にある人物への絶対服従が優先され、その人物に対する善悪の判断が欠けてしまう点です。当時のカトリックは、免罪符の発行や事実上の妻帯など、腐敗の極みに達しておりました。イエズス会の要綱に従えば、こうした法王への絶対服従が優先されますので、イエズス会は、むしろ暴力的手段を以って、信者に対して法王や教皇庁の腐敗には目をつぶることを強要するような組織であったことになります。また、ロヨラは黒マリアの信仰者であり、イエズス会士は、非文明世界礼賛者でもありました。
 
芥川龍之介が、その短編小説、『煙草と悪魔」にて、「悪魔なるものは、天主教の伴天連か(恐らくは、フランシス上人)がはるばる日本へつれて来たさうである」と記述しておりますように、イエズス会のキリスト教は、本来のキリスト教の教えからはかけ離れた‘悪魔崇拝’であり、その悪魔崇拝の伝来を、教科書は「キリスト教の伝来」として位置付けてしまっていることになるのです。
 
喩えていいますと、仮に、いずれかの国で創価学会を通しての仏教伝来があり、その国の教科書が、これを「仏教伝来」として扱っているに等しいことになります。創価学会は、正式な仏教の宗派ではなく、日蓮宗に属する門徒衆の私的な集まりです。信仰内容も悪魔崇拝であるようであり、また、その信仰の対象は、仏陀ではなく、実際には北朝鮮出身の池田大作という人物です。教祖(池田)への絶対服従という善悪の判断の欠けた組織形態も、イエズス会に近いと言うことができます。
 
このように考えますと、フランシスコ・ザビエルの来日を「キリスト教の伝来」とする教科書の記述は、訂正すべきなのではないでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事