時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。想像を絶するようなモンゴルの残虐性は、所謂「ユダヤ人差別」の問題を齎したのではないか、と推測することができます。1290年に英国におきまして、ユダヤ人追放が行われます。1290年という年代は、1096年の第一次十字軍にはじまる十字軍活動が、およそ終焉した年代でもあります。3月28日付本ブログにて、十字軍の停止の理由について以下のように述べました。
 
「ヴェネチア商人が、世界大の‘ユダヤ人’ネットワークを通して、モンゴルとの間に謂わば‘独占奴隷貿易契約’を実現させ、キリスト教徒を奴隷としてイスラム諸国に大量に売った結果、十字軍は、奴隷となっていたキリスト教徒と戦うことになってしまい、もはや意味をなさなくなってしまったようなのです。‘同士討ち’ということになりなり、ヨーロッパ諸国が十字軍に力を入れれば入れるほど、キリスト教徒が減少してゆく、という結果となってしまうからです。これに気付いたヨーロッパ諸国は、十字軍を停止した、ということになるでしょう。」
 
 
このことから、‘ユダヤ人’がモンゴルと手を結んでいるという情報が十字軍より伝わり、ヨーロッパでは、悪逆非道なモンゴル人とユダヤ人が同一視されるようになってしまった、と推測することができます。モンゴル側の全権外交使節となったマスター・ロバートがユダヤ人であった可能性が極めて高いことも、この点を補います。
 
すなわち、十字軍の終焉とユダヤ人の追放が機を一にしていることは、偶然では無いようなのです。モンゴルは、残忍の限りを尽くしてヨーロッパを蹂躙し、大量虐殺し、かつ、奴隷として売り払おうとしたわけですので、モンゴル人への憎しみは、‘ユダヤ人’への憎しみに転化されたのかもしれなせん。
 
‘ユダヤ人’と称される人々には、「ヘブライ12(13)支族」からなる先祖伝来のユダヤ人、並びに、紀元前1世紀頃よりユダヤ教に改宗することで加わってきた様々な民族、すなわち、ネオ・ユダヤ人たちから構成されていることは、本ブログにて、再三にわたって述べてまいりました。「モーゼの十戒the Ten Commandments」を守る人々のメンタリティーは、モンゴル人のメンタリティーとは、正反対と言えるのですが、ユダヤ教に改宗しながら、戒律には無頓着なネオ・ユダヤ人たちが加わって、モンゴルと手を結び、奴隷貿易やヨーロッパ文明破壊活動と密接に関わるようになったことから、ユダヤ人全体に対するイメージは、著しく悪化したと考えることができます。
 
アンネ・フランクの「ユダヤ人の中に、悪い人がいるから、私たちまで、このようなひどい目にあってしまう」という嘆きの言葉は、既に13世紀から始まっていたと言えましょう。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
 

(続く)

この記事に

開く コメント(5)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。チンギス・ハーンが、その領土を急速に拡大した理由について、3月8日付本ブログにて10点を指摘しましたが、今日は、その第6点「6)外国人技術者を登用して、最新の攻城機や火器を用いた」について扱います。
 
モンゴル人は、パオと称される折り畳み式の小さなテントを馬に乗せて、ただただ広い草原を移動して暮らす遊牧民、かつ、馬賊であることから、文明・文化とは無縁の人々であると言うことができます。チンギス・ハンは、いつも同じ服を着ていたといいます。中国共産党の人民服を想起させますが、チンギス・ハンは、文明や文化にはよほど無理解、無頓着な人であり、人生の目的を‘戦争を起こして人々を蹂躙すること’、そして、‘人を自らの意のままに支配すること’のみに置いていた人であったのでしょう。
 
モンゴルの侵入に対して、ヨーロッパ諸国が、冗談であるとして真剣に扱おうとしなかったのも、この点にあります。ヨーロッパの城塞都市を、このようなモンゴル人によって陥落させられるとは、到底思えなかったからです。
 
ところが、モンゴル軍は、次々にヨーロッパ諸都市を攻略してゆきます。ガブリエル・ローナイ氏の『The Tartar Khan’sEnglishman』によると、その理由は、モンゴルが外国人技術者や知識人を雇って、最新の攻城機や火器をつくらせたことにあるそうです。チンギス・ハンの全権外交使節となったマスター・ロバートmaster Robertも、こうした外国人の一人であったと言えるでしょう。
 
文明・文化に無理解、無頓着であっても、チンギス・ハン同様に、‘戦争を起こして人々を蹂躙すること’、そして、‘人を自らの意のままに支配すること’を人生の喜びとし、そのための手段としての文明の利器を利用しようとする指導者もいるのですから、現在でも、こうした国々に高度な先端軍事技術が移転、漏洩したり、有能な技術者が雇われてゆくことは、自らの生存をも脅かすほどの危険性があると言うことができます。昨今の中国共産党政権や北朝鮮情勢を踏まえますと、やはり、歴史の教訓には学ぶべきなのではないでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
   
(続く)

この記事に

開く コメント(2)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。昨日、本ブログにて、チンギス・ハンの名の「テムジン」は、イエス・キリストの原型であり、超古代思想の預言で「最後の審判の日」に再来するとされる救世主の「タムジTammuz」という名に由来し、モンゴルは、おそらくは‘ユダヤ人ネットワーク’からこの超古代思想に関する知識を得ていた可能性について指摘いたしました。
 
この点に関しまして、「テムジン」という名は、もとは、タタール人の族長の名であった点にも、注目する必要があるかもしれません。3月14日付本ブログにて述べましたように、ガブリエル・ローナイ氏の著書のタイトルが『The Tartar Khan’s Englishman』であることに例示されますように、モンゴル人は、征服した相手の民族名の「タタールTartar」を自称しておりました。民族名のみならず、チンギス・ハーンの「テムジン」という名もまた、タタール人の族長の名です。チンギスの父が、タタールを征服した際に、この名を生まれたばかりのチンギスに付けたのです。
 
そういたしますと、モンゴルよりも前に、タタール人が、離散したメソポタミア文明の分派の民族であるか、あるいは、同じく、メソポタミアを起源とするユダヤ人のネットワークから古代思想に関する知識を得ていたと推測することができます。
 
タタール人とは、鉄器文化の担い手としても知られており、古来、我が国の製鉄が「蹈鞴(たたら)」と称されている理由でもあり、初代天皇である神武天皇の皇后の名も「媛たたら」という名であることも、我が国とタタール、あるいは、シュメールとの関連を示唆させます。「0・1・2・6の法則」が用いられている辛酉革命説や日本書紀紀年法などから、我が国にも、古代文明の思想が入っていることは、確かであると言うことができますので、タタール人と古代文明との接点の問題は、我が国と超古代文明との関連を解き明かすための一つの糸口となるかもしれません。
 
我が国と古代文明との関連を踏まえますと、古代思想の預言で、「最後の審判の日」に再来する救世主とされる「タムジTammuz」という名は、あるいは人称固有名詞ではなく、日本語で「たましいTamashi」、すなわち、魂spiritを意味するのかもしれません。今日は、エプリルフールです。皆様、「タムジTammuz魂説」をお信じになるでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。チンギス・ハンが、超古代思想における「最後の審判の日」を悪用したことにつきましては、以下の点も指摘することができます。
 
『聖書』「旧約聖書」(エゼキエル書第8章14・15節Ezekiel,Chap.8th ,14-15)には、‘タムジTammuz’という名のかつて善政を敷いていた国王の再臨を希求するエルサレムの人々の嘆きについての記述を見ることができます。メソポタミア地方から出土した楔形文字の読解から、‘タムジ’とは、紀元前2500年頃にシュメールの都市国家、ウルクの国王であったドゥムジDumuzi the Shepherd Damuzi the Fishermanのことであることがわかっています。ドゥムジは、1)救世主のような善政を敷いた人物とされている点、2)冥界から戻ったとされる点、3)人々がその再来・再臨を希求し続けていた点の3点から、シュメール学者の間には、イエス・キリストの原形は、ドゥムジであるとする説があります。
 
そして、「最後の審判の日」に再臨するのは、イエス・キリストであるとされていますthe Second Coming of Jesus Christ。そのイエス・キリストの原型が、‘タムジTammuz’であることは、超古代思想の預言におきましても、再来する救世主の名は、‘タムジTammuz’に近い発音の名であったと推測することもできます。そこで、チンギス・ハンの名が「テムジン」である点が注目されていきます。いずこからか、――おそらくは‘ユダヤ人ネットワーク’から――この超古代思想に関する知識を得たテムジンの父は、この超古代思想から発想を得て、息子に「テムジン」と名付けたと考えることができるのです。
 
『聖書』「黙示録(暴露録)the Revelation」を読みますと、その再臨が預言されている救世主は、人の不幸を見ることを喜びとするような悪逆非道、残虐無慈悲なチンギス・ハンではないことだけは確かなことです。チンギス・ハンは、超古代思想において預言されている救世主は、悪によって苦しめられている人々を救うべく高い道徳や人格を有している点を無視して、救世主の名のみを悪用し、世界の唯一の‘支配者’となろうとしたと言えるでしょう。同じ『聖書』に預言された存在であるのならば、戦争を他国に仕掛け続けたチンギス・ハンは、むしろ、悪魔の化身、「赤い竜the Red Dragon」であると言えるのではないでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
  
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。チンギス・ハンによる超古代思想の悪用につきましては、以下の点も指摘することができます。
 
本ブログにて、『聖書』「ダニエル記the Book of Daniel」と「黙示録the Revelation」、並びに、日本書紀紀年法における0、1、2、6の4つの数字の用例・用途から、人類にとりまして重要な歴史的事象が生じる年代や年数をめぐり、「0・1・2・6の法則」があることについて述べておりますが、この法則も、超古代思想に起源を持っております。人類にとりまして最大の事件となると預言されている「最後の審判の日」も、この法則に適った年代である可能性があり、昨年の西暦2016年もこの法則に適う有力な候補年の一つでした(ただし、暦法との関連で、新年が何月何日から始まるのかをめぐり前後1年の誤差があります)。
 
したがいまして、モンゴルは、超古代思想のみならず、「0・1・2・6の法則」も悪用したようなのです。すなわち、モンゴルの一部族長であったテムジンが、チンギス・ハンを称するようになったのは1206年のことであり、その孫で、元朝を開くフビライ・ハンの即位は1260年のことです。おそらく、ユダヤ人ネットワークを通じて超古代思想についての知識を持つようになったチンギス・ハンは、敢えて1206年にハンを称することとし、自らの即位の日を「最後の審判の日」と位置付け、‘全世界の支配権は、神によって預言されていた’と嘯いたのでしょう。
 
巧妙に、「0・1・2・6の法則」を悪用して、自らの詐欺行為の権威づけを行った点も、チンギス・ハンが稀代の詐欺師である理由となるでしょう。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事