時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。イルミナティーによって崇拝されている「バフォメットBAPHOMET=悪魔」が、女神ソフィアと重なり、イエズス会の秘かに信仰する「黒マリア」のことでもあることは、昨日指摘いたしました。このことは、イルミナティーによってフランス革命が‘国政の改革’から‘人類の非文明化・動物化による世界支配’へとその目的地が変えられた際に、ろくな裁判も行わずに罪無き人々を次々に殺害するためにジャコバン政権によって用いられた「ギロチン」という、フランス語では「ギロティーヌla Guillotine」という女性名詞で呼ばれていた処刑道具の乱用問題に窺うことができるかもしれません。
 
ディケンズは、『二都物語A Tale of Two Cities』において、「ギロティーヌla Guillotine」について、以下のように表現しております。
 
――It (la Guillotine) was the sign of the regeneration of humanrace.  It superseded the Cross.  Models of it were worn on breasts from whichthe Cross was discarded, and it was bowed down to and believed in where the Cross was denied.
 
ギロティーヌ(ギロチン)は、人類種が刷新される前兆であった。ギロティーヌは、(キリスト教のシンボルである)十字架に取って替っていた。十字架が取り去られた後の人々の胸には、ギロティーヌの模型のペンダントが飾られていた。そして、十字架は否定され、人々はギロティーヌに頭を下げ、信仰したのであった。――
 
フランス革命の際に、キリスト教に取って替ったとされるのが、「ギロティーヌla Guillotine」信仰であり、「ギロティーヌla Guillotine」こそ、両性具有の「バフォメットBAPHOMET=悪魔」であり、イエズス会の「黒マリア」でもあると考えることができるのです。キリスト教の団体でありながら、イエズス会は秘かにアンチ・キリストであり、「黒マリア」を信仰していることは先に述べました。「ギロティーヌla Guillotine」を多用し、野獣のように罪なき人々を捕えては殺害してゆくヒューマニティーのかけらも無いジャコバン政権こそ、イエズス会が秘かに目標としていたアンチ・キリストの世界であると言えるでしょう。
 
ディケンズは、「ギロティーヌla Guillotine」についてこのように表現することで、イルミナティーによる人類の野蛮化・動物化が、人類史においていかに深刻な問題であるのかを表現したのかもしれません。ジャコバン独裁政権による「ギロティーヌla Guillotine」の多用は、ディケンズをして、イルミナティーの計画が成功しているかのように見せしめ、ディケンズは、英国においても、将来、同じようなことが起こることを心配したのでしょう(その後のフランス史は、イルミナティーの計画が必ずしも成功したわけではないことを示しています)。
 
 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
     [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。「バホメットBahomet」という山羊神の悪魔と、イルミナティーを構成している主要勢力の一つであるイエズス会との関連は、「バホメットBahomet」が両性具有であり、しばしば、‘聖母マリア’との関連を指摘されている点に窺うことができるかもしれません。
 
聖母マリアの象徴であるフルール・ド・リスを上下にひっくり返すと、「メンデスのバフォメット」の頭部になり、これは聖母マリア(に代表される「大地母神=天の女王」の系譜の女神)とバフォメット(=悪魔)が、表裏一体の同一の存在であることを示しているそうです。またバホメットは、「聖母マリア=グノーシス主義の女神ソピアー(ソフィアー)」であるという指摘があります。
 

『死海文書the Dead Sea Scrolls』の研究者であるヒュー・ショーンフェルドHughJ. Schonfield (1901–1988)は、その著書『The Essene Odyssey』にて、「バフォメットBAPHOMET」は「 SOPHIA(英知もしくは英知の女神ソピアー)」のアトバシュ(Atbash、ヘブライ文字の換字式暗号)だという説を唱えております。

 
Wikipediaによりますと、キリスト教の異端的一派であるグノーシス主義は、地上の生の悲惨さの理由を、この宇宙が「悪の宇宙」であることに求めております。すなわち、現象的に率直に、真摯に、迷妄や希望的観測を排して世界を眺めるとき、この宇宙はまさに「善の宇宙」ではなく「悪の宇宙」に他ならないという考えが、グノーシス主義の世界観なのです。この「悪の宇宙」をつくり、その支配者となったのが、ヤルダバオートJaldabaothという名の「偽の神」なのですが、そのヤルダバーオートを作り出したのが、女神・ソフィアであるとされているのです。
 
イエズス会が、秘かに黒マリアを信仰している点は、本ブログにおきまして、再三にわたって指摘しておりますが、グノーシス主義を踏まえますと、裏聖母マリアとも言える「黒マリア」とは、ソフィア、すなわち、「バフォメットBAPHOMET=悪魔」のことであると推測されてくるのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
   [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。イルミナティーの下部組織である「荒くれ男」たちのV字形の顎鬚は、6大悪魔の一人、バホメットという男女両性具有の山羊神を象徴しています。バホメットは、イスラム教の教祖のマホメットに由来するとする説があり、以下の理由から、バホメットは、イルミナティーとユダヤ教、並びにイスラム教との間の密接な関係を表わしていると考えることができます。

1)バホメットとモロコ神とは同一、あるいは、同系統の神であると推測される。しかも、マックス・ヴェーバーの『古代ユダヤ教』によれば、特に北イスラエルでは、ヤㇵウェ、バール神、並びに、モロコ神はしばしば習合し、同一視されていた。特に後者の2神は動物神であること、並びに、子供を生贄に捧げる等、神の性格が類似しており、”バホメット”こそ、ユダヤ教に入り込んだアニミズム的原始宗教の象徴であるのかもしれない。

2)14世紀、テンプル騎士団Knights Templarが密かに崇拝していた悪魔はバホメットとされている。11世紀末から13世紀にかけての十字軍時代、テンプル騎士団はエルサレムにあって、何らかの重大な秘密文書を発見したとされる。マホメットもまた、イエルサレムで啓示を受けたとされており、同一の文書を呼んだのかもしれない。その文書は、ユダヤ教とバール神やモロコ神といった異教の神との関係に関するものであり、マホメットが影響を受ける一方で、テンプル騎士団も、密かにバホメットを崇拝するようになった可能性も否定できない
 
3)ガブリエル・ローナイ氏の『The Tartar Khan’s Englishman』によると、13世紀にモンゴル側の外交官となったマスター・ロバートは、テンプル騎士団に所属していた。本年3月18日付本ブログで述べたように、マスター・ロバートは、英国のジョン失地王が、1213年にイベリア半島のモロッコの王国に派遣した外交使節団にその名が見える。その際、モロッコ国王からロバート一人が特別に厚遇されていることから、ロバートは、イスラム教世界と親しかったと考えられる。通訳を通さずにモロッコ国王と会見していることは、ロバートが、元はイベリア半島のイスラム教徒であった可能性すら示す(ちなみに、山羊皮を「モロッコ皮」と言う)。聖オーバンス教会の年代記編者によると、「with a face like a Jew(ユダヤ人のような顔をしていた)」とされていることから、ロバートは、西アジア出身のスファルディーであったと推測される。そのロバートは、モンゴルに入る前まで、悪魔的タルムードが多くつくられたとされるバビロニアに長く滞在している。バビロニアがユダヤ・ネットワークの中心地であったとすると、バホメットの頭文字のBは、悪魔的なタルムードが発達したバビロニアに由来しているのではないだろうか。マホメットとバビロニアBabyloniaが融合して、バホメットとなったのかもしれない。

4)チンギス・カーンは、ユダヤ商人やイスラム商人を区別せずに厚遇し、そのアドヴァイスに従ってモンゴル帝国を建設している。チンギス・カーンの顎鬚が、山羊髭の典型であるところも気にかかる。また、”青き狼”を祖とするチンギスは、凶暴で残忍なアニミズムに対して親近感を懐いていたかもしれない。
 
これらの点から、イルミナティーが崇拝しているバホメットとは、古来よりあった動物神の悪魔であり、特に、イスラム教とユダヤ教において密かに共通して崇拝されてきた悪魔であると推測することができるのです(あるいは、改宗ユダヤ人のなかにも、密かなバホメット信者がおり、マルクスがその典型であると言えるでしょう)。
 
 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
    [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

(続く)

この記事に

開く コメント(0)

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。世界各国の移民、並びに、移民受け入れ政策の推進派の指導者の多くが、悪魔崇拝のイルミナティーの下部組織のメンバーであることを示すV字形の山羊髭を生やしている場合が多いことは、昨日指摘いたしました。すなわち、イルミナティーが、移民や移民依りの‘王室(皇室)のメンバーや政治家を用いて、再び、‘人類を非文明化、動物化することで世界を支配する’ために、何らかの暴動、行動を起こそうとしている兆候なのではないか、と考えることができるのです。
 
この点に鑑みますと、昨今のシリア難民問題の背景につきましては、イルミナティーの謀略である可能性を考えてみるべきではないかと思います。シリア難民につきましては、祖国が内戦に見舞われた「気の毒な人々」というイメージがあるかもしれません。しかしながら、シリア難民が、何者かによって、計画的に組織された集団である可能性は、シリア難民には、その多くが屈強な若者(男性)達であり、高齢者、子供、女性が少ないという奇妙な特徴があることにおいて認めることができます。内戦ですので、あらゆる年齢層が、難民となってもよいはずですが、なぜか、年齢層や性別に偏りがあるのです。
 
シリアは、古来、その残虐性で知られるアッシリアの後身であり、シリア人には、「荒くれ男」の範疇に属する人々が多いと推測することができます。このようなメンタリティーの人々が、内戦を理由に大挙してヨーロッパ諸国に流入してきたことになります。おそらくイルミナティーは、‘シリア難民(その多くがV字型の山羊髭)’という新たな「荒くれ男」をヨーロッパに送りこみ、フランス革命や共産革命のような暴力革命を起こさせ、将来的にヨーロッパ人を大量虐殺、もしくは、追い出し、ヨーロッパを支配することを計画しているのではないか、と考えることができるのです。
 
このように考えますと、結果的に内戦を長引かせているシリア政府、紛争当事者、そして偽和平仲介者もイルミナティーのメンバーであるのかもしれません。「敵は本能寺にあり」という表面的な目的と真の目的とが異なる場合に用いられる言葉がありますが、ISなどのイスラム諸勢力が、シリア国内で暴れている目的は、シリアにおける政権の掌握ではなく、「「荒くれ男」を如何にしてヨーロッパに送りこむか」、ということにあるのかもしれないのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。組織された「荒くれ男」達、すなわち、イルミナティーの下部組織は、イルミナティーが、‘人類を非文明化、動物化することで世界を支配する’ための何らかの暴動、行動を起こす際には、必ずと言っていいほど登場する人々であるようです。
 
 教科書では、1789年のフランス革命では、”民衆”がバスティーユ監獄を襲撃したと記されていますが、ディケンズの『二都物語』で暴露されているように、その中心的活動部隊は、「カルマニョール」と称された殺人・略奪集団であったことは容易に想像が付きます。事前に内部構造に関する情報を収集した上で、実行部隊を訓練しないことには、かくも首尾よくバスティーユ監獄を攻略できるはずもありません。
 
悪魔崇拝は、「バホメットBahomet」という男女両性の山羊神からV字形の顎鬚を象徴としていることは昨日の記事で述べましたが、山羊髭の特徴は、1917年のロシア革命においてこそ顕著です。レーニン、トロツキー、ブハーリン、プレハーノフ、マルコフ、カウツキーなど、共産党幹部のほとんどが、明らかにV形の山羊鬚を生やしているのです。
  
1970年代、ベトナム戦争期において米国を中心に発生した所謂‘ヒッピー文化’も、山羊鬚集団によって起こされた暴動の一種であると言うことができます。‘ヒッピー文化’の非文明化・野蛮化した若者たちは、軒並みV字形の山羊髭を生やしております。米国内に反戦運動を起こさせ、東西陣営の代理戦争とも言えるベトナム戦争において共産主義陣営側を有利に導くために、イルミナティーは西側諸国内において‘ヒッピー文化’を蔓延させたと考えることができるのです。
 
そして、現在、再び、特に、世界各国の移民、並びに、その推進派の多くが山羊髭を生やしていることは気にかかります。日本においても、メディアに登場する芸能人やタレントのみならず、街を歩いておりましても、山羊鬚の若者を多く見かけます。イルミナティーが全世界において「荒くれ男」の組織化を企図し、人類文明を堕落させるための何らかの暴力的な行動を起こそうとしている兆候なのではないか、と疑うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事