時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。ジョージ・オーウェルのインド帝国警察the Indian Imperial Police in Burmaの警官であったという経歴から、オーウェルには、インドとともにミャンマー(ビルマ)との接点もあるようです。では、ミャンマーと「黒いユダヤ人」との間にも、何らかの繋がりがあるのでしょうか。
 
『インド・ユダヤ人の光と闇』によりますと、インドのケララ州の‘ユダヤ人(白いユダヤ人・黒いユダヤ人)’の間において指導的立場にあったコーダー家の子孫は、19世紀にバグダットからビルマを経由してインドにやってきたといいます。このことからバグダットの‘ユダヤ人(白いユダヤ人・黒いユダヤ人)’は、ビルマに居住していた時期があったことがわかります。では、なぜ、バグダットからミャンマーに移住するようになったのでしょうか。そこで、Wikipediaでミャンマーについて調べてみますと、以下のような記述があります。
 
―― イギリスの挑発で引き起こされた1852年の第二次英緬戦争(英語版)で敗れると、ビルマは国土の半分を失い、国王パガン・ミン(英語版)(在位:1846年–1853年)が廃されて新国王にミンドン・ミン(英語版)(在位:1853年–1878年)が据えられた。イスラム教徒のインド人・華僑を入れて多民族多宗教国家に変えるとともに、周辺の山岳民族(カレン族など)をキリスト教に改宗させて下ビルマの統治に利用し、民族による分割統治政策を行なった。インド人が金融を、華僑が商売を、山岳民族が軍と警察を握り、ビルマ人は最下層の農奴にされた。この統治時代の身分の上下関係が、ビルマ人から山岳民族(カレン族など)への憎悪として残り、後の民族対立の温床となった。下ビルマを割譲した結果、ビルマは穀倉地帯を喪失したために、清から米を輸入し、ビルマは綿花を雲南経由で清へ輸出することになった。
 
1856年から1873年にかけて中国の雲南省・シップソーンパンナーでパンゼー(英語版)と呼ばれる雲南回民(チン・ホー族(英語版))によるパンゼーの乱が起こり、雲南貿易が閉ざされた結果、米をイギリスから輸入せざるを得なくなった。1858年から1861年にかけて新首都マンダレーを建設して遷都。イギリス領インドと印僑の反対で雲南問題は遅れていたが、18857月にイギリス側も芝罘条約を締結して解決し、雲南・ビルマ間の国境貿易が再び許可された。188511月の第三次英緬戦争(英語版)で王朝は滅亡。――
 
 
この記述から、おそらくゴータ家は、「イスラム教徒のインド人・華僑を入れて多民族多宗教国家に変える」という英国政府の政策、否、ヴィクトリア女王の即位によって英国政府内に勢力を伸ばしていたロスチャイルド家とサスーン家の政策にもとづいて、バグダットからビルマに移住した隠れイスラム教徒の‘ユダヤ人’であったと考えることができます。このことから、ミャンマーにも、‘ユダヤ人(白いユダヤ人・黒いユダヤ人)’、特に「黒いユダヤ人」の拠点が築かれており、オーウェルは「黒いユダヤ人」が世界規模でその勢力を拡大させている脅威を実感していたのではないでしょうか。
 
7月4日付本ブログで述べましたように、インドのケララ州は、冷戦終焉後の1998年に至っても「赤旗はつねに見かけられるし、「共産党レストラン」の前には大きなマルクスの「頭部」の石像が置かれており、あたかもマルクスの故郷であるかの如き地域です。20世紀において、ミャンマーなどの東南アジア地域を含めて東アジアには、共産主義化の嵐が吹き荒れるわけですが、その背景には、ロスチャイルド家やサスーン家を中心とした「黒いユダヤ人」勢力があったと推測することができるのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。ジョージ・オーウェルのインド帝国警察the Indian Imperial Police in Burmaの警官であったという経歴から、オーウェルには、インドとともにミャンマー(ビルマ)との接点もあるようです。では、ミャンマーと「黒いユダヤ人」との間にも、何らかの繋がりがあるのでしょうか。
 
『インド・ユダヤ人の光と闇』によりますと、インドのケララ州の‘ユダヤ人(白いユダヤ人・黒いユダヤ人)’の間において指導的立場にあったコーダー家の子孫は、19世紀にバグダットからビルマを経由してインドにやってきたといいます。このことからバグダットの‘ユダヤ人(白いユダヤ人・黒いユダヤ人)’は、ビルマに居住していた時期があったことがわかります。では、なぜ、バグダットからミャンマーに移住するようになったのでしょうか。そこで、Wikipediaでミャンマーについて調べてみますと、以下のような記述があります。
 
―― イギリスの挑発で引き起こされた1852年の第二次英緬戦争(英語版)で敗れると、ビルマは国土の半分を失い、国王パガン・ミン(英語版)(在位:1846年–1853年)が廃されて新国王にミンドン・ミン(英語版)(在位:1853年–1878年)が据えられた。イスラム教徒のインド人・華僑を入れて多民族多宗教国家に変えるとともに、周辺の山岳民族(カレン族など)をキリスト教に改宗させて下ビルマの統治に利用し、民族による分割統治政策を行なった。インド人が金融を、華僑が商売を、山岳民族が軍と警察を握り、ビルマ人は最下層の農奴にされた。この統治時代の身分の上下関係が、ビルマ人から山岳民族(カレン族など)への憎悪として残り、後の民族対立の温床となった。下ビルマを割譲した結果、ビルマは穀倉地帯を喪失したために、清から米を輸入し、ビルマは綿花を雲南経由で清へ輸出することになった。
 
1856年から1873年にかけて中国の雲南省・シップソーンパンナーでパンゼー(英語版)と呼ばれる雲南回民(チン・ホー族(英語版))によるパンゼーの乱が起こり、雲南貿易が閉ざされた結果、米をイギリスから輸入せざるを得なくなった。1858年から1861年にかけて新首都マンダレーを建設して遷都。イギリス領インドと印僑の反対で雲南問題は遅れていたが、18857月にイギリス側も芝罘条約を締結して解決し、雲南・ビルマ間の国境貿易が再び許可された。188511月の第三次英緬戦争(英語版)で王朝は滅亡。――
 
 
この記述から、おそらくゴータ家は、「イスラム教徒のインド人・華僑を入れて多民族多宗教国家に変える」という英国政府の政策、否、ヴィクトリア女王の即位によって英国政府内に勢力を伸ばしていたロスチャイルド家とサスーン家の政策にもとづいて、バグダットからビルマに移住した隠れイスラム教徒の‘ユダヤ人’であったと考えることができます。このことから、ミャンマーにも、‘ユダヤ人(白いユダヤ人・黒いユダヤ人)’の拠点が築かれており、オーウェルは‘ユダヤ人(白いユダヤ人・黒いユダヤ人)’が世界規模でその勢力を拡大させている脅威を実感していたのではないでしょうか。
 
7月4日付本ブログで述べましたように、インドのケララ州は、冷戦終焉後の1998年に至っても「赤旗はつねに見かけられるし、「共産党レストラン」の前には大きなマルクスの「頭部」の石像が置かれており、あたかもマルクスの故郷であるかの如き地域です。20世紀において、ミャンマーなどの東南アジア地域を含めて東アジアには、共産主義化の嵐が吹き荒れるわけですが、その背景には、ロスチャイルド家やサスーン家を中心とした「黒いユダヤ人」勢力があったと推測することができるのです。
 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。『動物牧場』の結末における、「豚」のナポレオンの登場によって、人間と「豚」との区別が難しくなってきたという状況は、「黒いユダヤ人」組織が、「白黒をはっきりさせる」ことを避けるという戦略で、古代より人類普遍の価値を人道や民主主義として結実させた西欧文明に深く入り込み、内部からその破壊を狙う巧妙な作戦を遂行していることを示唆していると言うことができます。
 
ジョージ・オーウェルこそ、英国を内部から蝕むこの問題の深刻さを危機感を以って認識し、小説という形で世に警告した人物であったのかもしれません(現在では、日本も含め多くの国々で深刻化)。しかしながら、オーウェルの若すぎる死の後も、この危機は去るどころかさらに深まっているように思えます。

6月28日付本ブログにて、故ダイアナ元皇太子妃(196171 - 1997831日)の背後には、「黒いユダヤ人」勢力があった可能性を指摘いたしました。故ダイアナ元皇太子妃は、成婚当初は、英国の伝統的なセンスの服装で登場し、シャイな内向的な人柄とされ、スチュワート朝の血統を継ぐ”もっともイギリス人らしい女性”として英国民に歓迎されました(ロスチャイルド系とは逆の容姿)。しかしながら、同元妃は、やがて英国の伝統、否、英国の国家としてのアイデンティティーさえも揺るがし、悲劇的な最後を遂げる運命を辿ります。

ダイアナ元皇太子妃の暗殺の原因は(状況的には暗殺説の信憑性はかなり高い…)、直接的にはその再婚相手にあったとされています。パキスタン人医師のハスナット・アフナド・カーン氏(Hasnat Ahmad Khan195941 - )であれ、エジプト人富豪の子息であるドディ・アルファイド氏であれ、両者ともイスラム教徒であり、「黒いユダヤ人」との関連が示唆されます。仮に、いずれかと再婚していた場合、将来の英国王の継父はイスラム教徒となり、「黒いユダヤ人」勢力を背景に持つ異父兄弟姉妹が誕生する可能性もありました。それは、英国民にとりまして、英国のアイデンティティーの崩壊とイスラム化を齎す大きな脅威となったことでしょう。しかしながら、さらにその遠因を探りますと、離婚に至ったのは、チャールズ皇太子との不仲のみならず、ダイアナ元皇太子妃の「黒いユダヤ人」勢力の方針に沿った王室を利用した内部からの”英国破壊”にあったのかもしれません(もっとも、「黒いユダヤ人」の間の内部抗争である可能性も…)。

英国人らしく見えた故ダイアナ元皇太子妃は、よく観察しますと、全世界の人々を魅了したチャーム・ポイントではありながら、その目のみは英国人らしくなく、「黒いユダヤ人」にしばしば見られるアラブ・インド・パキスタン系の鋭い三白眼でした。それでは、同元妃亡き後の現在の王室はどうでしょうか。将来英国王となる可能性のあるウィリアム王子は、血筋や経歴からして「黒いユダヤ人」との密接な関係にあると推測されるケイト・ミドルトン嬢と婚姻しており、「黒いユダヤ人」勢力は、一歩、歩を進めたこととなります。国柄や国家の安全に対する脅威は続いていることとなり、将来の英国に暗い影を落としていると言えるでしょう。そして、日本国の皇室にも、同様の危機は密かに、そして、確実に忍び寄っているように思えるのです。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。ナチス・ヒトラー政権とは、実際には「黒いユダヤ人」勢力による政権であり、アウシュビッツなどに代表されるユダヤ人迫害は、ドイツの一般国民の‘ユダヤ人’に対する反感を巧妙に利用して、「黒いユダヤ人」によって仕組まれた「白いユダヤ人」絶滅作戦であった可能性が高いことは、6月19日・20日付本ブログにて述べました。このような巧妙な作戦を遂行することができた理由は、7月25日付本ブログにて述べた『動物牧場』の以下の結末が説明しているかもしれません。
 
「豚から人間、人間から豚、そして、また豚から人間を見てみても、その生き物の外見は、もはやどちらがどちらであるのか言い当てることはできなかったThe creatures outside looked from pig to man, and from man to pig,and from pig to man again: but already it was impossible to say which was which
 
 
すなわち、オーウェルが『動物牧場』において現実社会に存在する企みの”告発”を試みていたとしますと、この結末から以下の点を指摘することができます。
 
1)「黒いユダヤ人」は、昨日指摘したように、肌の色がダークな人々のみによって構成されているわけではなく、一見すると「白いユダヤ人」や白人のキリスト教徒に見える人々も含んでおり、外観からだけでは見分けることが難しい。アドルフ・ヒトラーに関しても、最新の遺伝子解析技術によって北アフリカ系の遺伝子の保有が明らかとなった。
2)「黒いユダヤ人」のマラーノによってキリスト教カトリックの支援団体のイエズス会がつくられた。イエズス会は、反キリスト教であることを踏まえると、一口にキリスト教組織といっても、実際には親キリスト教組織であるのか反キリスト教組織であるのかは曖昧となった。
3)‘成り済まし’、借金のかたによる養子、子供の入れ替えなどの方法を通して、「黒いユダヤ人」の子弟が「白いユダヤ人」や白人キリスト教徒の‘子’となり、多くの家々が乗っ取られて、「黒いユダヤ人」勢力の家筋であるのか、「白いユダヤ人」勢力の家筋であるのかが、わからなくなってきた。
 
これらの3点から、「黒いユダヤ人」組織は、白人・キリスト教世界に深く入り込み、「白黒をはっきりさせる」ことを避けるという戦略で、巧妙な作戦を遂行することができた、と推測することができるのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 
(続く)

この記事に

開く コメント(0)

 今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。「黒いユダヤ人」の問題についてさらに論を進めるために、また、読者の誤解と混乱を招かぬように、本日は、”ユダヤ人”と総称される人々の間に見られる「白いユダヤ人」と「黒いユダヤ人」の区別について扱っておきます。
 
特にインドにおいて「白いユダヤ人」と「黒いユダヤ人」の区別ははっきりしているため、本ブログにおいて、「白いユダヤ人」と「黒いユダヤ人」という用語を用いることとしたのですが、インド以外の地域の’ユダヤ人’の区別にも用いてしまっておりますので、本ブログにおきましては、これらの用語は、ひとまずは、以下のような定義において用いています。
 
白いユダヤ人:「ヘブライ12(13)支部族」の大部分、おそらくは、ハーフ・マナセ族以外の支部族の子孫のことであり、人種的には‘白人’と称されるコーカソイドである。西暦70年のディアスポラ以降、ローマ帝国によっておもにライン・ラント地方などに移され、アシュケナージとも称される場合がある。宗教的には、『旧約聖書』、特に、「モーゼの十戒」を重視し、キリスト教との間に親和性がある。
 
黒いユダヤ人:「白いユダヤ人」とアラブ人、インド人、黒人などの奴隷女性との間に出生した婚外子、ならびに、解放された際に‘ユダヤ教’に改宗したこれらの民族の人々のことであり、人種的には、肌の色がダークであるセム系である。このため、「黒いユダヤ人」と称される(混血の場合には、僅かながらも白い肌の「黒いユダヤ人」もある)。「黒いユダヤ人」は、西暦70年のディアスポラ以降、特に、イスラム圏の中近東、バグダット、インドなどの地域において多く発生しており、セファルディーとも称されている。これらの地域は、モンゴルに支配されていた時代もあったことから、「黒いユダヤ人」には、モンゴル系の人々も含まれる。これらの「黒いユダヤ人」の多くは、イベリア半島がイスラム圏にあった時代に、イベリア半島に移住したことから、‘ユダヤ教’からキリスト教に改宗したマラーノ(「豚」の意味)には、「黒いユダヤ人」が多い。イグナティス・ロヨラもその一人である。宗教的には、「モーゼの十戒」を軽視し、バグダットで成立していた「タルムード」やスペインで成立していた「カバラ」を重視し、イスラム教との間に親和性がある。本論では、「黒いユダヤ人」の定義に、マラーノを含める。その理由は、マラーノは「偽装キリスト教徒」であり、内心においては、むしろ反キリスト教者であり、イスラム教系のユダヤ教を信奉しているからである。
 
このように”ユダヤ人”の間のグループを「白いユダヤ人」と「黒いユダヤ人」の定義を整理してみますと、両者の間には、親キリスト教であるのか反キリスト教であるのか、親モーゼの十戒であるのか反モーゼの十戒であるのか、という大きな対立軸があることがわかってまいります。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
  [https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
(続く)

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事