時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。フランス革命前夜のヴェルサイユ宮殿内部、すなわち、ブルボン朝内部が、共産・社会主義政権のような状態となっていた可能性を指摘いたしましたが、そもそも共産・社会主義思想が、イルミナティーによる詐欺思想である点を踏まえますと、マリーアントワネット偽者説、もしくは、「チーム・マリーアントワネット」説も強ち否定できない気がいたします。複数のマリーアントワネットにつきまして、2018年9月26日付本ブログにて、「白頭山研究所と二人の‘マリー・アントワネット’」と題しまして、以下の記事をアップロードいたしました。
 
 
*****
 
今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。イルミナティーは、白頭山研究所を通して、現在、‘そっくりさん達’を造りだしているようですが、このような工作は、イルミナティーがこの‘そっくりさん達’を造りだすという方法で、その工作活動を成功させてきたという成功体験にもとづくものであると推測することができます。
 
イルミナティーの成功例の典型は、フランス革命前夜におけるマリー・アントワネットMarie-Antoinette 1755112 - 17931016日)の偽者であると推測することができます。マリー・アントワネットがフランス国民の憎悪の対象となる契機となった事件は、「首飾り事件」と称されるマリー・アントワネットの浪費事件です。当時、フランス国民には重税が課せられていたのですが、その税収を湯水のように使い、ついに極めて高価なダイアモンドの首飾りを購入したことが、国民の反フランス王室感情に火を付けることになったのです。
 
しかしながら、今日の研究によりますと、首飾り事件の真相は、まったく異なるものであったことが明らかとなっております。すなわち、マリー・アントワネットが、首飾りを購入したわけではなく、本物のマリー・アントワネットに知られないように、偽者の‘マリー・アントワネット(侍女の一人であったとされます)’が首飾りを購入し、その代金の請求書が本物マリー・アントワネット宛てに送られてきたという事件であったようなのです。そのことを知らないフランス国民は、王妃自身が高価な首飾りを購入したものと勘違いし、マリー・アントワネットを憎むようになったのです。
 
この偽者のマリー・アントワネットが、イルミナティーによって送り込まれた人物である可能性は、十分にありえます。宝飾業は‘ユダヤ人’が従事する傾向にあり、こうした‘ユダヤ人’のなかには、イルミナティーと繋がる「黒いユダヤ人」もあったと推測することができるのです。
 

このように考えますと、今日、マリー・アントワネットの肖像画として知られるポートレートには2種類あることが気にかかります。ひとつは、ディケンズも美人であると評している、ヨセフ・ドゥクルーJoseph, Baron Ducreux (26 June 1735 24July 1802)やエリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランMarie Élisabeth-LouiseVigée Le Brunによって描かれたような面長で、口角の上ったマリー・アントワネットです(ドゥクルーは、フランス王室に嫁ぐ前の14歳のマリー・アントワネットの肖像画を描いています)。もう一つは、額の幅が著しく広く、顎のしゃくれた四角い顔のマリー・アントワネットであり、しばしば、美人ではなかったとも評されております。また、マリー・アントワネットは、ある時期から、筆跡が著しく異なるものともなってもおります。

 
どちらが本物であるのかはわかりませんが、かなり以前から、マリー・アントワネットには、‘偽者’がいたのかもしれません。前者がオーストリアのマリア・テレジアMaria Theresia1717513 - 17801129日)とフランツ1Franz I1708128 - 1765818日)、さらに弟のヨーゼフ2Joseph II1741313 - 1790220日)とも似ている点、そして、後者が、その額の広さにおいてロスチャイルド家のアムシェル・ロスチャイルドMayer Amschel Rothschild1744223 - 1812919日)に似ている点は、あるいは、この事件の真相を示唆しているのかもしれません。
 
(続く)
 
 
*****
 
 おそらく、本者のマリーアントワネットの知らぬ間に、ヴェルサイユ宮殿にはもう一人の“イルミナティーのマリーアントワネット”があり、断頭台の露として消えたのは、本者のマリーアントワネットであったのではないか、と推測することができます(処刑直前に描かれたマリーアントワネットのスケッチから、処刑されたのは面長の本者のマリーアントワネットなのでは)。さらに、ルイ17世につきましても二人あった可能性があり、タンブル塔にて僅か10歳で病死したルイ17世は、本者のマリーアントワネットの子であり、もう一人の“イルミナティーのルイ17世”は、逃亡したがゆえに、ルイ17世は生存しているとする説が長く信じられるようになり、また、その子孫と称する人々が多数存在している理由となっているのではないでしょうか。
 

 フランス革命前夜のヴェルサイユ宮殿には、イルミナティーの世界(共産・社会主義独裁体制)が重なってしまう理由は、イルミナティーの介在によるフランス王室の二重性にある気がいたします。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 

 
(続く)

開く コメント(2)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。昨日、2006年に制作された『マリーアントワネット』という映画が、NHKにて放送されておりました。マリーアントワネットのオーストリアからフランスへの輿入れに始まり、最後は、ヴェルサイユ宮殿から逃亡するまでのフランス革命前夜のフランスの宮廷の有様を描いた映画なのですが、この映画は、以下の点からフランス宮廷の末路と言うよりも、「共産・社会主義王朝」の末路を秘かに描いた作品であるのではないか、と推測することができます。
 
1)マリーアントワネット役のキルスティン・キャロライン・ダンストKirsten Caroline Dunstさんは、民主党のオバマ前大統領の支持者であったことにも示されるように、左翼系の社会・共産主義者の雰囲気を持っており、王族役には相応しくない。
2)登場人物が使う英語の言葉づかいも、フランス王族・貴族の言葉遣いとしては、不釣り合いなガサツな現代英語であり、バックミュージックもロックミュージックであり、社会・共産主義政権によって占拠されたヴェルサイユ宮殿内の社会主義者達の会話であるかの如くの会話に聞こえる。
3)映画は、登場人物に、“後継ぎのいないフランス貴族が、下層民の男子を購入して後継ぎとした”、“泥棒が爵位を買って、侯爵に成り済ました”といった内容のセリフを言わせており、ヴェルサイユ宮殿内が、なぜ、社会・共産主義者の集まりのような下品な状況となったのかを、それとなく説明している。
4)映画は、主人公のマリーアントワネットにルソーの所謂「自然へ帰れ運動」を喧伝させている。すなわち、映画のマリーアントワネットは、人類の非文明化・動物化の支持者であり、社会・共産主義思想(イルミナティー思想)の持ち主である。映画のマリーアントワネットは、ケーキにかぶりつくなど、食事のマナーに無頓着である点も、この点を補う(西郷隆盛も同じ)。
5)映画のマリーアントワネットは、劇場などで、同調拍手を観客に強いていた。同調拍手は、指導者が国民に強いることにおいて独裁共産・社会主義国の特徴でもあり、マリーアントワネットは、王妃というよりは独裁者の風情である。
 
 このような点から、映画のフランス宮廷には、社会・共産主義が重なっており、マリーアントワネットの姿には、中国共産党の毛沢東夫人の江青やルーマニアのチャウチェスク夫人と重なっているような気がいたします。フランス宮廷末期は、社会・共産主義独裁国の末期と実際に似通った状況であったのかもしれません。

 


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

(続く)

開く コメント(4)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。世帯ごとに徴取されるNHKの受信料が、芸能プロダクションなどの迂回ルートを経てイルミナティーの資金源となり、さらには、質の低いヴァラエティー番組、並びに、偏向ニュースや歴史改竄ドラマの制作・放送を通して、NHKが、世論をイルミナティー優位に導くための国民洗脳装置として機能するようになっているとなりますと、やはり、受信料の問題も含め、NHKの在り方は、国民の間で議論すべき重要な課題であると言うことができます。
 
 国家安全保障上の問題は、特に看過されえないように思えます。昨日、読者の方から、コメント欄にて、NHKの『ちこちゃんに叱られる』という番組の「ちChi」は中国(China)、「こKo」は韓国・朝鮮(Korea)を意味しているという説があることを教えていただきました。当該番組は、「日本人が知らないことを知っている中国・朝鮮人の「ちこちゃん」が、無知の日本人を叱る」というコンセプトの中国・朝鮮人上位の上から目線の番組であった、ということになるのです。すなわち、“日本人は無知であるから中国・朝鮮人による支配を受け入れなさい”という隠れたメッセージが、当該番組には込められている可能性を指摘することができるでしょう。
 
 さらに、報道番組の『ニュースナイン』にて、「一つの中国」として中国共産党政権によるウイグル支配を既成事実として認めるような発言を、ニュースキャスターが行っていたことも、安全保障上の問題であると言うことができます。言語や文化の異なる国々が、中国によって武力征服され、多数の中国人が送り込まれてきたことによって、中国共産党政権の一方的な主張の通りに「一つの中国」として認識されるようになってしまいますと、日本も他人事ではありません。特に、事実上の移民政策である一号資格外国人労働者の受け入れ制度が本年4月に始まったこともあり、日本がウイグルやチベットと同じ道を辿る可能性は、皆無ではないのです。
 

 このように考えますと、NHKは、特にイルミナティーの代理人国家の影響を強く受けているようです。参議院選挙の争点となってもおりますので、NHK改革は、近々の課題であると言えるのではないでしょうか。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)
 

開く コメント(2)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。NHKの受信料の問題は、NHKがイルミナティー、並びに、その下部組織である創価学会や統一教会などの強い影響下にあると推測されることにおきまして、参議院選挙でも争点となりえる問題であると考えることができます。2018年6月1日及び7月2日付本ブログにて、以下の記事をアップロードいたしました。
 
*****
 
NHKの大河ドラマはイルミナティーの歴史隠蔽プログラムか(2018年6月1日)
 
今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。5月8日付本ブログにて、以下の理由から、「河」という文字がイルミナティーと関連している可能性を指摘いたしました。
 
①イルミナティーは、モンゴル帝国の再興を目的として活動している「黒いユダヤ人」の国際組織であるが、その中心勢力のロスチャイルド家の元家名は「Khan」であり、チンギス・カンGenghis Khanの末裔であると自認していると考えられる。「Khan」は漢字では「河汗」と表記されるため、ロスチャイルド家は、家名を漢字で表記する場合、「Khan」に「河」の文字をあてていると推測される。従って、イルミナティーは「河」の文字を好む。
②‘ユダヤ人’の満州移住計画が、「河豚計画」と名付けられた真の理由は、「河豚(ふぐ)」が、ロスチャイルド家を意味する「河」と、改宗ユダヤ人のマラーノ、すなわち、イエズス会を意味する「豚」をあわせた熟語であったからであると推測される。
 
このように考えますと、NHKの大河ドラマの「河」も、イルミナティーとの関連が示唆され、同ドラマシリーズが、イルミナティーが何らかの目的のために、その制作に関与している可能性を指摘することができます。特に、「西郷ドン」は、イルミナティーの主導のもとで行われたと推測される明治維新の中心人物である西郷隆盛について扱っているだけに、その目的は考察するに値すると言うことができます。
 
西郷隆盛は、謎の人物です。まずもって、西郷隆盛の容姿につきましては、上野公園の西郷隆盛の銅像やキョッソーネによる肖像画によって固定化されておりますが、①インターネット上の記事によりますと、「キョッソーネは、西郷と面識がなく肖像写真も存在しないため、西郷の弟の西郷従道や、従兄弟の大山巌の風貌を参考にして、モンタージュ写真のように作成した」、②上野の銅像について、西郷隆盛の未亡人が、まったく似ていないと証言している、③西郷隆盛は、写真嫌いで、肖像写真はほとんど存在していない(明治維新の中心人物のうち、写真嫌いであったのは明治天皇と西郷隆盛の二人のみで、しかも、両者ともに身長180cmの大男であった)、④唯一、西郷隆盛の肖像写真とされる写真が一枚存在しているが、長く骨ばった輪郭を持つその写真の隆盛の顔も、でっぷりとした顔立ちの上野の銅像の顔に全く似ていない、⑤昨今、上野の西郷隆盛像の試作品が発見されたが、なぜか、顔の部分のみ作られておらずのっぺらぼうである、といった点を指摘することができます。
 
このように、まずもって、容姿から謎であり、明治維新にイルミナティーが深く関与していたことを考えますと、そもそも西郷隆盛なる人物は、実在していたのか、否か、言い換えますと、「チーム西郷隆盛」であったのではないか、とい疑問さえも提起することができるかもしれません。そして、NHKの大河ドラマ「西郷どん」は、その事実を隠ぺいするために製作されている可能性が浮上してくることになるでしょう。
 
NHK『西郷どん』は「イルミナティー革命」の悪質なイメージ操作ドラマ(2018年7月2日)
 
今日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が記事を書かせていただきます。昨日のNHKの大河ドラマ『西郷どん』の内容が、看過され得ないほどにペテン的で危険な内容でしたので、今日は、この問題について扱います。
 
 
同ドラマにおける問題のシーンは、‘西郷’が流された島の住民の一人が、「フランスでは、人々によって政府がつくられ、その指導者はどのような出自の人物であろうともなることができる革命があった」という主旨の内容を‘西郷’に話し、西郷は、それが誰であるのかと問うと「ナポレオン」と答え、さらに、小舟に乗って西郷が島を去る際には、その島民が、「革命」の二文字を大きく記した旗を岬の山の上から振って、西郷を見送るという一連のシーンです。
 
そこで、NHKの大河ドラマの製作チームが殊更に高評価を与えているナポレオンという人物が、どのような人物であるのか、と言いますと、2017年4月30日付本ブログなどにて扱いましたように、以下の点を指摘することができます。
 
①フランス革命の混乱に乗じて軍事クーデターを起こして政権を掌握している。すなわち、民主主義的に選ばれた指導者ではなく、最適者を指導者として選出するための民主主義的制度もつくっていない。
②いつのまにやら皇帝となっており、ルイ16世のブルボン朝を排して、ナポレオン朝を開いたに過ぎない人物である。さらに、ブルボン朝よりも中央集権化を押し進めている。
③歴代フランス王のなかで、初めてフランス人に対して、銃を向けた王、すなわち、自国民を虐殺した王である(ルイ16世でさえも、フランス国民に銃を向けることは無かった)。
④ナポレオンは、フランス人ではなくコルシカ人であった(あるいは、「黒いユダヤ人」か)。
⑤ナポレオンの出身地であるコルシカ島には、その旗章がネイティブ・アフリカンの頭部であるという特徴がある。2017年2月11日付本ブログにて指摘したように、ヴィクトリア女王の母であるマリー・ルイーゼ・ヴィクトリア・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト(Marie Luise Viktoria von Sachsen-Coburg-Saalfeld)の出身地であるコーブルクの市章は、1430年以降、聖マウリティウスという黒い肌を持つネイティブ・アフリカンの頭部である。黒人崇拝は、イエズス会の黒マリア信仰、すなわち、非文明崇拝を想起させる。
⑥コルシカ島は、長くジェノバに属していたが、ジェノバは、ヴェネチアとともにモンゴル帝国との間に活発な交易を行っていたヨーロッパの2つの都市国家のうちの一つでもある。イルミナティーを構成する中心勢力のロスチャイルド家は、その元の家名が、「カンKhan」であることは、イルミナティーとジェノバとの密接な関連を示唆する。
⑦ナポレオンは、フリーメーソン(イルミナティー)であったとされている。
 
ナポレオンをめぐるこのような点と、「河」がロスチャイルド家を意味していることに示唆される「大河ドラマ」とイルミナティーとの密接な関係を考えあわせますと、『西郷どん』を製作している「大河ドラマ」の製作チームが、「革命」という言葉を民主革命として理解していないことは確かです。すなわち、「大河ドラマ」の製作チームは、①中国思想における王朝交替という意味の「易姓革命」、②イルミナティーの最下層者が国王になるべきとする「蛇鷹輪の思想」、そして、③人類の非文明化革命、すなわちインテリ、知識・教養人の抹殺を意味する「文化大革命」とが結びついた「イルミナティー革命」として「革命」という二文字を理解しているのでしょう。
 
現在の北朝鮮や中国共産党政権の独裁・非文明体制は、まさに、「イルミナティー革命」がどのような結果をもたらすかを示しております。『西郷どん』は、日本において現在進行中の「イルミナティー革命」、すなわち「易姓革命+蛇鷹輪の思想+日本版文化大革命」に、良いイメージを与えるためにイルミナティーによってつくられた悪質なイメージ操作ドラマであると言えるのではないでしょうか。
 
(続く)
 
*****
 
大河ドラマが、イルミナティーによる国民洗脳プログラムである可能性が高い点を踏まえますと、他の番組もしかりであり、イルミナティー、並びに、その下部組織と考えられる創価学会、統一教会などのメンバーによって、番組がつくられている可能性を指摘することができるでしょう。
 
すなわち、ニュースではイルミナティーの思想に沿った偏向報道が行われ、ヴァラエティー番組やドラマなどでは、出演者の大半が創価学会系・統一教会系のタレントとなり、イルミナティーの思想を広めるための番組となっていると推測することができるのです。また、タレントなどへの出演料も受信料から支払われることになりますので、創価系・統一教会系の芸能プロダクションを通しまして、受信料はイルミナティーの資金源ともなってしまうことになるでしょう。NHKは、イルミナティーの巨大な利権となっていると言えるのではないでしょうか。
 

このように考えますと、“公共放送”という名目で集められている受信料は、その実は、イルミナティーという反日・世界支配志向勢力の活動を支えるために使われていることとなり、大きな問題として認識されてくることとなるのです。


よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

開く コメント(4)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。今般の参議院選挙には、NHKの受信料をその争点に挙げる候補者が多いという特徴があるようです。そこで、NHKの受信料が、なぜ問題となっているのか、本日は、受信料の齎す不公平感について考えてみることにしましょう。
 
NHKは、公共放送の事業体として、国家における緊急事態、災害にける警報や被災状況地域など、国民の一人一人が基本的に知っておくべき情報を知らせる伝達手段であるがゆえに、政府機関であると言うことができます。逆に言いますと、仮に、NHKのような公共放送事業体が存在しなければ、外国からの武力攻撃などによって国民の生命と安全が脅かされるような非常事態などが発生した場合、国民にそれを伝える放送手段が存在していないということになり、政府としての役割に重大な欠陥があるということになるのです。従いまして、NHKは、本来は、税金によって運営されるべき事業体です。
 
ところが、奇妙なことに、NHKは世帯ごとに受信料を徴収するという方法で運営されております。さらに、その受信料は、年間およそ2万4千円ほどであり、決して低い料金とは言えない料金なのです。低所得者であるがゆえに受信できないという世帯も発生しているかもしれず、国民の生命と安全が脅かされるような事態が発生しても、低所得者のみがその情報を知り得ないという不公平が生じる現状にあるのです。
 
では、こうした不公平を是正するには、どのようにしたらよいのか、ということになりますが、もっとも抜本的改革であって、合理的な方法は、NHKを完全解体して、国民の生命と安全が脅かされるような非常事態のみを「緊急放送」として放送する権利と義務を政府が担うというものです(法律の制定も必要)。すなわち、民間のTV放送局やラジオ局、インターネット業者、スマホの配信業者など、あらゆるメディアに対して、「緊急放送」を即座に配信させる権利と義務を政府が有するようになりましたならば、NHKという巨大組織は必要が無いということになるのです。
 
このようにいたしますと、TVを見ている人はTVを通し、ラジオを聴いている人はラジオを通し、パソコンのインターネットを閲覧している人は、インターネットを通し、スマホを使っている人はスマホを通して国民の生命と安全にかかわる重大情報を得ることができ、政府といたしましても、NHKを通さずしてその基本的役割を果たすことができるようになるのです。
 

すなわち、逆に、すべてのメディアを、非常時、緊急時に、一時的に、“公共放送局化”させるという方法も、公平性を担保するための一案ではないか、と考えられるのです。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 

 
(続く)

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事