時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

倉西裕子

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全226ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。国民の参議院選挙への関心が低い理由は、イルミナティーの両頭作戦が、国民の間に知れ渡っており、与野党のどちらに投票しても、よい政治が行われる可能性が低いことにあると推測することができます。
 
すなわち、与党に投票いたしますと、消費税10%が実施されることとなり、消費の冷え込み、廉価な輸入品の増大、これらにともなう生産の減少、並びに、増税3%分の目的税的な使途による外国人労働者(移民)政策の推進が行われ、日本の経済状態、治安、社会的安定の悪化が予測されます。政権与党に朝鮮・中国系カルト集団であって、イルミナティーの下部組織と推測される創価学会(池田個人崇拝カルト教団?)の政治団体である公明党が加わっていることも、大きな問題であると考えることができます。日本国や日本国民のことを考えずに、創価学会と創価学会員の利益のみを追求する政策を行うと考えることができるからです(創価学会インターナショナルを窓口として、密かに多数の創価学会員の外国人労働者(移民)を日本国に呼び寄せる可能性もあり、数の論理でもある民主主義制度を踏まえれば、日本国の危機)。
 
その一方で、野党の主張は、概ね社会福祉の拡大一点張りであり、財源無き福祉の拡大は、財政赤字を悪化させるのみであり、社会・共産主義化、そして、国家破綻も懸念されてくることになります。
 

すなわち、“与野党どちらに投票してもだめ”な状況にあることになります。こうした状況に対して、投票所に足を運ぶだけの意義は無いことになり、投票しないことによって、政界全体に対する不信任を表現するのも一案です。また、次善の策として、与野党のいずれの候補でありましても、その人柄と選挙公約の内容から判断して、候補者に一票を投じるという方法も一案と言えるでしょう。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

開く コメント(1)[NEW]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。イルミナティーの戦術は両頭作戦であり、両陣営にイルミナティーのメンバーを送り込み、どちらが勝ってもイルミナティーの傀儡政権とするという作戦なのですが、日本の政界の与野党の関係も、両頭作戦である可能性が高い気がいたします。
 
このように考えますと、政界全体が問題であることになるわけですが、イルミナティーの謀略を防ぐための最低限の選挙制度改革は可能であると考えることができます。では、どのような選挙改革が必要になるのか、と申しますと、選挙前に、選挙の争点を10項目ほどリストアップし、各候補者はリストアップされた項目全てに対する是々非々や意見を有権者に向けて公示することを義務付けるという改革です。
 
現行の制度では、選挙公報におきまして、候補者がどのような項目について扱うのか、といった点に規程が存在しないため、各候補者は自らの関心のある事項のみしか、その意見を載せません。従いまして、いかに重要な項目であっても、候補者が扱わなければ、選挙後その候補者が当選した場合に、その項目に対してどのような政策を実施するのかが問われていないこととなり、いわば、白紙委任状態となってしまうのです。すなわち、国家にとりまして重要な項目に対して、候補者は、選挙公約しなくてもよいことになってしまうのです。
 
例えば、今般の参議院選挙の場合、NHKの受信料問題のみを争点として扱うとする候補者の方々があるようですが、仮に、こうした候補者が当選した場合、消費税10%、外国人労働者(移民)問題、安全保障問題などなど、その他の項目に対して、当選者が、国会議員としてどのような政策を提言、実施しようとも、公約違反にはなりません。
 
このような現状こそが、イルミナティーの“思う壺”であり、誰が当選しても、当選者をイルミナティーの側に取りこめば、選挙公約違反せずして、イルミナティーにとって都合のよい政策を推し進めることができるようになってしまうのです。
 
イルミナティーの影響の強い政界におきまして、重要案件の公約の義務付けるといったような選挙改革を、国会議員の方々が実施するのか、否かは疑問ですが、国民の側から選挙改革を政府に強く要請してゆく必要はあるのではないでしょうか。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 
 
(続く)
 

開く コメント(3)[NEW]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。「ラウンドルフ氏ルイ17世説」の問題は、ラウンドルフ家という一家の私的出自問題の解明と言うよりは、イルミナティーの巧妙な戦術の解明に役立つようです。
 

チャールズ・ディケンズCharles JohnHuffam Dickensが、ジャーナリストの視点からフランス革命を描いた小説『二都物語A Tale of Two Cities』(1859年)は、チャールズ・ダウニィというフランス貴族のフランスからイギリスへの逃亡問題をテーマとした小説です。

 
主人公のチャールズ・ダウニィさんは、品行方正で善良であり、啓蒙思想の持ち主でありながらも、暴虐な領民支配によってその悪名が知れ渡っていたフランス貴族の家に生まれたために、ギロチンに送られることになります。そのダウニィさんには、シドニーさんというそっくりさんがおりました。シドニーさんは、いわゆるならず者であったのですが、ダウニィさんの夫人であるルーシー嬢に密かに思いを寄せており、ダウニィさんを助けようとして、ダウニィさんの処刑前夜に監獄に忍び込み、ダウニィさんと入れ替わります。この結果、シドニーさんはギロチンにかかり、ダウニィさん一家はイギリスへ逃亡することができることになるのです。
 
昨日、「この問題を、逆パターンに置き換えて、密かに表現したのが、チャールズ・ディケンズCharles John Huffam Dickensが、ジャーナリストの視点からフランス革命を描いた小説『二都物語A Tale of Two Cities』(1859年)である気がいたします」と述べました。ルイ17世の場合は、本者が亡くなり、偽者が生き残ることになったのではないか、と推測することができますが、『二都物語A Tale of Two Cities』では、本者が生き残り、偽者が亡くなるのです。ジャーナリストのディケンズが、仮に、「ラウンドルフ氏ルイ17世説」の真相を知っていたといたしますと、『二都物語A Tale of Two Cities』には、裏の裏があるような気がいたします。
 
すなわち、シドニーさんが、ダウニィさん一家の前に現れて、「自分は、監獄でシドニーさんと入れ替わったダウニィである」と主張した場合、両者はそっくりですので、ダウニィさん一家は、シドニーさんをダウニィさんであると思い込む可能性があると言うことができます。行間から小説の結末は、ルイ17世と同様に、本者が亡くなり、偽者が生き残ることになったとも解釈することができるのです。ディケンズ氏は、「ラウンドルフ氏ルイ17世説」から見えてくるイルミナティーの常套手段から着想を得て、『二都物語A Tale of Two Cities』を著わしており、その際に、本者が亡くなり、偽者が生き残ることになったという点を曖昧としたのではないか、と考えることができます。
 
「ラウンドルフ氏ルイ17世説」を世に広めた英国ロンドンの出版社から出版された書籍は、1809年から1812年にかけて首相を務めておりましたスペンサー・パーシヴァル卿Spencer Perceval 1762 – 1812)の甥であって、バッキンガムシェアのカルヴァートン司教であったチェールズ・G.パーシヴァルCharles G. Percevalによってドイツ語から英語に翻訳されておりました。この点も、「ラウンドルフ氏ルイ17世説」の信憑性を高める結果となったようなのですが、パーシヴァル首相は、英国史上、暗殺された唯一の首相である点が気に掛かります。暗殺者は、ジョン・ベルリンガムJohn Bellingham (1769 – 18 May 1812)であり、ロンドン育ちで宝石商に見習いを勤め、ロシアに滞在して交易していた経歴のある人物です。「黒いユダヤ人」との繋がりを推測させる経歴であり、「Bellingham」という苗字は、ベルリン出身であった可能性を示唆させます。ラウンドルフ氏が、ベルリン出身であった点を踏まえますと、ベリンガムとラウンドルフ氏は何らかの関連があるのかもしれないのです。すなわち、両者はイルミナティーであったのではないか、と推測することができるのです。
 
おそらく、パーシヴァル首相は、イルミナティーによって暗殺されていたことから、甥のチェールズ・G.パーシヴァルも、イルミナティーからの暗殺を恐れて、イルミナティーが「ラウンドルフ氏ルイ17世説」を世に広めるのに協力したのではないかと考えることができるでしょう。
 

このように推測いたしますと、「そっくりさん」を作り出し、さらに、裏の裏をかくというイルミナティーの巧妙な常套手段の恐怖が見えてくるのではないでしょうか。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

開く コメント(0)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。「ルイ17世」であると主張したカール・ヴィルヘルム・ナンドルフ氏Karl Wilhelm Naundorff (1785? – August 10, 1845)が、「イルミナティーのルイ17世」であった可能性は、以下の点からも窺うことができるようです。
 
ランドルフ氏は、独ベルリンの時計職人であったようですが、放火犯として服役していたこともあるような人物です。氏の両親につきましては、本人がルイ16世とマリーアントワネットであると主張していることに示されますように、まったく不明であり、ランドルフ氏は、いわば完全に“出自不明”の人物なのです。
 
そして、ランドルフ氏をめぐっては、自らがルイ17世であると世に訴え始めるのが、ロンドンからであるという奇妙な状況があります。ロンドンの出版社から、氏が生存していたルイ17世であるとする書籍が出版され、一躍、「ランドルフ氏ルイ17世説」が、マスコミを通して瞬く間に広く知れ渡るようになるのです。
 
真偽不明であったことから、それを確かめるためにランドルフ氏は、ルイ17世の教育係であった女性、アガサ・ランボーAgathe de Rambaudの家で暮らすようになり、この女性が、ランドルフ氏はルイ17世であると認めたことから、「ランドルフ氏ルイ17世説」は、俄かに信憑性を帯びるようになりました。その一方で、ルイ17世の姉であるマリーテレーズは、ランドルフ氏はルイ17世ではないと証言し、真偽の判断は、21世紀にまで持ちこされることになったのです。
 
こうして2004年に、DNA鑑定の結果、ランドルフ氏は、マリーアントワネットの子ではないことが判明したわけですが、では、なぜ、ルイ17世の教育係であったアガサは、ランドルフ氏はルイ17世であると認めたのでしょうか。この女性が、ルイ17世と「イルミナティーのルイ17世」の両者の教育係であったと考えますと、辻褄は合う気がいたします。アガサは、革命が発生してもギロチンに送られることは無く、相当額の年金を得ておりました。ルイ16世やマリーアントワネットと近い関係にありながら、ギロチンに送られなかったことは不審であり、アガサは、ジャコバン恐怖政権から何らかの懇意を受けていた可能性があります(ジャコバン恐怖政権はイルミナティー政権である可能性が高い)。
 
イルミナティーが、フランス宮廷内に送り込んでいた「イルミナティーのルイ17世」とは、そらくは、ルイ16世、もしくは、マリーアントワネットの同意のもとで、国王一家が引き取っていたルイ17世によく似た児童、すなわち、ランドルフ氏のことであると考えることができます。その目的は、革命が発生し、処刑されそうになった際に、ランドルフ氏を替え玉とすることであったと考えられます。しかしながら、教育係であったアガサが、タンプル塔から逃したのは、本者のルイ17世ではなく、ランドルフ氏であったのではないか、と推測することができるのです。
 
すなわち、王党派が、ルイ17世を逃亡させようとした際に、どちらが本者のルイ17世であるのかをアガサに確認したと推測することができます。この点を知っていたアガサは、ランドルフ氏を指して「こちらが本者のルイ17世である」と嘘をついたため、ランドルフ氏、すなわち、「イルミナティーのルイ17世」は逃げることができた一方で、本者のルイ17世は、残酷な死に目にあうこととなったと推理することができるのです。
 
この問題を、逆パターンに置き換えて、密かに表現したのが、チャールズ・ディケンズCharles John Huffam Dickensが、ジャーナリストの視点からフランス革命を描いた小説『二都物語A Tale of Two Cities

』(1859年)である気がいたします。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)
 

開く コメント(2)[NEW]

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。本日7月14日はフランス革命の記念日ですが、昨今、頓に、「フランス革命とは何であったのか」という問いをめぐって、もう一度よく考えて直してみなければならない国際情勢となっている気がいたします。それは、フランス革命に関する研究が進んだ結果として、革命前夜、革命、そしてナポレオンによる独裁政権の成立を含むその後の経緯には、不審点が多いことに加えて、イルミナティーというイエズス会とロスチャイルド家を中心とした「黒いユダヤ人」による国際秘密結社の革命への関与も明らかとなってきたことによって、これまでの「民衆革命」や「ブルジョア革命」と言う単純な図式では、説明されえないことが明らかとなってきているからです。
 
例えば、ジャコバン独裁恐怖体制の残忍性・残虐性は、フランス国民の王室や貴族層への憎悪という点のみでは説明され得ない気がいたします。大半のフランス人は敬虔なキリスト教徒であって善良なる市民や農民であり、王室や貴族層の生まれであるといった理由のみによって無実の人々をギロチンに送るということには、賛成ではなかったようであるからです。チャールズ・ディケンズCharles John Huffam Dickensが、ジャーナリストの視点からフランス革命を描いた小説『二都物語A Tale of Two Cities』(1859年)によりますと、残忍で残虐な暴力行為は、「カルマニョール」と称された外国人(特にオランダのセファルディ系ユダヤ人)とパリの最貧民街(サンタトワーヌ)の人々によって構成され、奇抜な服装で踊り歩く特定の集団によって行われておりました。
 
「カルマニョール」のメンバーは、互いに「ジャックJack」という洗礼名の合言葉で呼び合っていたそうです。この洗礼名で呼び合うという法方は、「カルマニョール」がカトリック系の集団であったことを示唆しております(カルマニョールの奇抜な服装は、プロヴァンス地方の服装に近いとされておりますが、プロヴァンスは教皇領であった時期が長い)。
 
そして、パリのカトリック系集団と言いましたならば、イエズス会が想起されてくるのではないでしょうか。イエズス会は、バスク系黒いユダヤ人のイグナティウス・ロヨラ、ならびに、フランシスコ・ザビエルなどの修道士たちによって、1534年にパリで結成されたカトリック擁護の組織であり、その本部はパリにあったのです。16世紀以降、イエズス会は、パリの貧民地区の下層民(多くは移民)を組織して、「カルマニョール」という組織をつくっていた可能性があるのです。
 
昨日、本ブログにて、「マリーアントワネットは、ルイ17世の姉であるマリーテレーズによく似た女の子を引き取っており、恐らく、革命が勃発した際には替え玉に使おうとしていたと推測することができます(もしくは、その女の子は「イルミナティーのマリーテレーズ」)」と述べました。この女の子の母親は、ヴェルサイユ宮殿に勤めていた小間使いの女性と「ジャック」という名の人物との間に出生した子であるそうです。この点から、この女の子は、やはり「イルミナティーのマリーテレーズ」であった可能性が高いと言うことができます。「イルミナティーのルイ17世」につきましても、ナンドルフ家のお墓は、オランダにあるという不可解な点があり、オランダには、「黒いユダヤ人(セファルディ系ユダヤ人)」が多い点を踏まえますと、革命前夜のフランス王室は、フランス王室と「イルミナティーのフランス王室」が重なる状態にあったと推測することができるのです。
 
このようなことが可能であるのか、否か、多くの読者の方々は疑問に思われるかもしれませんが、当時のフランスの状況は、“非情報化社会”であったと言うことができます。王室内部におきましても、王、王妃、国政に携わる廷臣(帯剣貴族・法衣の貴族)、貴族層、出入りの商人、下男下女、それぞれの間での情報遮断が巧みに行われており、また王室と国民の間にも深刻な情報遮断があったようなのです(マリーアントワネットは、国庫が赤字であることすら知らなかった)。そして、「すべての情報を掌握しえる立場にある何者か」による情報操作・隠蔽、フェーク情報の流布などによって、状況はコントロールされていたと考えられるのです。その「すべての情報を掌握しえる立場にある何者か」こそ、イルミナティーであったのではないでしょうか。
 
従いまして、国民のフランス王家への不満と怒りは、イルミナティーによって悪用され、本来、フランス革命によって、フランスの政体は、腐敗しきった王制の廃止による理性的共和政政体へと移行するはずが、イルミナティー好みの残虐で動物的なジャコバン独裁恐怖体制の成立へと導かれてしまったと推測することができるのです(1917年のロシア革命に際しても、穏健なナロードニキ革命から暴力革命のボルシェビキ革命へ向かってしまうという同様の事態が発生)。

このように考えますと、情報遮断や情報操作は実に危険であり、行き過ぎた個人情報の保護にも、問題がある気がいたします。
 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]
 

 
(続く)

開く コメント(2)[NEW]

全226ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事