時事随想抄

国家と国民のための政治を考える

倉西裕子

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。イルミナティーのように、人類の非文明化・動物化・家畜化を目的に活動する“陰謀団”がありますと、まずもって、平和のための“パワーバランス論”を唱えて2大陣営による軍事力の均衡状態をつくらせ、その後に、戦争を勃発させるという作戦を採る可能性があることを昨日指摘いたしました。
 
軍事力が均衡しているわけですので、第一次世界大戦の西部戦線のように戦争は膠着状態となって長期化し、両陣営に甚大な被害が齎され、“陰謀団”の目的が達成されてしまうことになるのですが、読者の皆様の中には、「東西両陣営の持つ核の核抑止力を以って第二次世界大戦後の平和は保たれたのではないか」という“パワーバランス論”にもとづいた反対意見をお持ちの方々もおられるかもしれません。
 
このような反対意見をめぐりましては、昨今、米国の前オバマ大統領やICANのように、イルミナティー系と推測される個人や団体が、核兵器廃止運動を活発に展開している点が注目されます。このような動きは、イルミナティーが、核兵器は抑止力を持つが故にむしろ邪魔であり、“核無き世界”の方が、目的を達成するのに都合がよいと考えている可能性を示唆しております。
 
『シオンの議定書Protocol of Zion』から、そもそも、イルミナティーの世界支配計画は、イルミナティーが軍隊を持つことによって可能となる計画であることがわかります。すなわち、世界各国の軍隊を事実上、イルミナティーの傘下に置くという作戦が遂行されてきたようなのです。軍の属する国籍は各々違っても、裏では、すべて、「国際イルミナティー軍」ということになるのでしょう。
 
例えば、日本の場合は、明治時代には、日本軍は、『大日本帝国憲法』や「軍人勅諭」などを通しまして、「チーム明治天皇」の軍隊となり、実質的には「チーム明治天皇」の背後にあるイルミナティーによってコントロールされる“国際イルミナティー軍”となっていたと推測することができます。各国の軍隊が“国際イルミナティー軍”となるような状況下におきまして、イルミナティーは戦争やクーデターを起こすことができ、世界を支配することができると考えていたのでしょう。
 
ところが、核兵器が開発されると、計画案は変更を余儀なくされたと推測することができます。戦争の勝敗が核兵器に左右されるようになったからです。本土決戦があり得たなかで、広島と長崎に落とされた原子爆弾が、第二次世界大戦の終結に決定的な役割を果たしたことが示しますように、核兵器の攻撃力と数が問題となる時代となったのです。極端に言いますと、精巧に製造された核兵器があれば、軍隊はいらないということになります。
 
従いまして、戦後、イルミナティーは、兵士よりも核兵器などのロケット兵器を支配しなければならなくなったわけです。「イルミナティーの軍隊」ではなく、「イルミナティーの核」が必要となったはずなのです。しかしながら、核兵器のボタンはシビリアン・コントロールのもとにあり、必ずしも「イルミナティー軍」のコントロール下にあるわけではありませんし、社会の複雑化や情報公開によって、各国の軍隊が、都合良く「イルミナティー軍」となってくれるわけでもありません(軍内部の二分化もありえます)。また、核による被害は、人類に人類の非文明化・動物化・家畜化をもたらすのではなく、イルミナティーのメンバー自身も含む全人類の滅亡をもたらす可能性があります。さらに、イルミナティーは、暴力主義や野蛮で野性的なメンタリティーを好みますので、核兵器優位のもとでの兵隊の必要性の低下にもとづく軍事訓練の縮小は、好ましくなかったとも言えるでしょう(マッチョな兵士よりも、より高度な軍事技術を開発する青白き科学者が、戦争の勝敗を決める時代は、暴力主義のイルミナティーにとって都合が悪い)。
 

このことから、イルミナティーは、“核無き世界”の方が、人類の非文明化・動物化・家畜化といった目的を達成するのに都合がよい考えるようになっていると推測することができ、オバマ前大統領やICANのノーベル平和賞の受賞、そして、昨今、我が国でも徴兵制の導入が唱えられるようになっていることも、こうした計画の一環であると考えることができるのです。

 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 

 
(続く)

開く コメント(0)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。イルミナティーの最終目的が、白いユダヤ人を含む白人系の人々や文明人、ならびに、その文明によって築かれた諸都市を地球上から消滅させることで、人類を動物化、非文明化、家畜化させることにあり、その目的達成の手段として世界戦争を起こすとともに、その長期化と激化のために戦力均衡という作戦が採用されていることに気付きますと、第二次世界大戦は、教科書に載っているような民主・自由主義諸国からなる連合国と全体主義諸国からなる枢軸国諸国との間で戦われた政治的価値をめぐる戦争という表面的な目的とは、まったく異なる目的を持った戦争であったことになります。
     
このことがわかりますと、第二次世界大戦は、よい教訓になるとも言うことができます。それは、「戦力均衡の恐怖」とでも言える教訓です。『刑事フォイル』では、連合国の米国企業が、ナチスドイツに爆撃機用の燃料を密輸いたしましたように、果たして、イルミナティーの戦力均衡作戦は成功し、第二次世界大戦は長期化・激化することとなり、多くの白いユダヤ人を含む白人系の人々や文明人が戦争の犠牲者となり、多くの文明都市が甚大な被害を受けました。このことは、迂闊に“パワーバランス論”に同調してはいけないという教訓を示しているのではないでしょうか。
 
現在でも、国際政治・軍事の世界では、“パワーバランス論”があります。複数の超大国や諸国連合の勢力や軍事力が均衡していると、牽制しあうことになって、結果として平和が保たれるという理論です(“パワーバランス論”をもとに、中国共産党政権を政治的・軍事的に支援すべきとする説もあるようです)。
 
ところが、イルミナティーのように、白いユダヤ人を含む白人系の人々や文明人、ならびに、その文明によって築かれた諸都市を地球上から消滅させることを目的に活動している“陰謀団”がありますと、まずもって、平和のための“パワーバランス論”を唱えて、勢力均衡状態をつくらせ、その後に、戦争を勃発させるという作戦を採る可能性があるのです。軍事力が均衡しているわけですので、第一次世界大戦の西部戦線のように戦争は膠着状態となって長期化し、両陣営に甚大な被害が齎されることになります。
 

このように考えますと、イルミナティーがこの世にある限り、迂闊に“パワーバランス論”に与してはいけないということになるでしょう。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

開く コメント(0)

本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。ヒトラーが、反ユダヤ主義を唱えながら、本当は、その逆で、「黒いユダヤ人」側、すなわち、イルミナティー側にあった可能性が極めて高いことは、第二次世界大戦末期に、ベルリンに侵攻したソ連軍が、すなわち、イルミナティーの傀儡国が、自殺したとされる“ヒトラーの遺体”や遺品をすべてモスクワに持ち帰っている点において示唆されているかもしれません。
 
“ヒトラーの遺体”がソ連邦にあるために、ヒトラーの生死をめぐって医学的な検証ができなくなり、ソ連邦の発表通りに、ヒトラーは死亡したということになりました。しかしながら、ヒトラーは自殺しておらず、アルゼンチンに逃亡したとする信憑性の高い説があります(アルゼンチンにおいて撮影されたヒトラーとされる人物は、確かにヒトラーによく似ており、また、ベルリンの地下壕で自殺したとされる人物は、その身長や容姿から別人である可能性が高い)。このアルゼンチン逃亡説が正しければ、アルゼンチンとソ連邦が、共謀して、すなわち、口裏をあわせてヒトラーをアルゼンチンに逃していたことになります。アルゼンチンであることに、ソ連邦とイルミナティーとの関連が見えるようです。
 
アルゼンチンには、共産主義テロリストのチエ・ゲバラなどバスク移民が多いという特徴があります。イエズス会(後のイルミナティー)の創設者のイグナティウス・ロヨラやフランシスコ・ザビエルが「黒いユダヤ人」系のバスク人であしましたので、アルゼンチンは、もとよりイエズス会の影響の強い国であり、南米におけるイルミナティーの拠点であったと考えることができます。
 
このことからか、第二次世界大戦期中、アルゼンチンは中立国でありながら、ヒトラーやベニート・ムッソリーニと親しいなど枢軸国寄りの姿勢を保っっております。そして、独裁者として知られるペロン大統領Juan Domingo Perón(任期:1946〜1955年)のファーストレディのマリア・エバ・ドゥアルテMaría Eva Duarte de Perón1919- 1952年)はバスク系アルゼンチン人でした。私生児であり、パンパス草原の貧しい村・ロス・トルドスでバスク系アルゼンチン人の未婚の母親から出生した無学、無教養の女性であるなど、イルミナティーの「お気に入り」となる要素を十分に持つエヴァは、果たしてファーストレディとなりますと政治に介入し、アルゼンチンを財政破綻に導いております。あるいはイルミナティーは、アルゼンチンの共産主義化を狙っていたのかもしれません。
 
そして、オランダのユダヤ人とヒトラーとの関連につきましては、昨日、扱った通りですが、オランダのユダヤ人(セファルディ系の黒いユダヤ人)もバスク系が多かったと推測することができます(このことと関連してか、オランダ王室のマキシマ王妃はバスク系アルゼンチン人)。
 

このように考えますと、「バスク系アルゼンチン人」をキーワードとして、ヒトラーとソ連邦は繋がっていたと言うことができるのではないでしょうか。第二次世界大戦におきまして、ナチスドイツとソ連邦は、表面上は敵同士ということになっており、確かに一般国民同士は敵対していたのですが、その権力の中枢におきましては、恐ろしいことに、実は繋がっていたということになるのです。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 

 
(続く)

開く コメント(0)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。5月18日にNHKで放送された英国のTVドラマ『刑事フォイル』は、米国の「黒いユダヤ人」による第二次世界大戦の激化への関与も、暴露しているようです。
 
そもそもイルミナティーが、第二次世界大戦を起こした目的は、白いユダヤ人を含む白人系の人々や文明人、ならびに、その文明によって築かれた諸都市を地球上から消滅させることによって、人類を動物化、非文明化、家畜化させることにあったと考えられますので、イルミナティーは、戦争をより長期化、激化させて被害を大きくさせるために、連合国と枢軸国の戦力を均衡させる必要がありました。あっさりとどちらかが勝利してしまいますと、被害は小さくなりますので、なるべく戦争を長引かせるとともに、互いにより激しく攻撃しあうようにする必要があったようなのです。
 
従いまして、ドラマに描かれる米国企業家による軍用機用の燃料のナチスへの密輸も、このような戦争の激化を秘かに目的としていたと考えられるのですが、その密輸に使われた船の名が、「エレノア・リー号」であった点は、注目されます。
 
当時の米国の大統領は、フランクリン・デラノ・ルーズベルトFranklin Delano Roosevelt 1882130 - 1945412日)であり、ルーズベルト家はユダヤ系オランダ人を起源とする移民の家系でありました。特に、その夫人のエレノア・ルーズベルトは、同じくユダヤ系オランダ人であるとともに、隠れ共産主義者であったと指摘されている人物です。密輸に使われた米国船籍の船舶の名の「エレノア・リー号」の「エレノア」は、エレノア・ルーズベルトを想起させるのです(リーは、南北戦争のリー将軍を想起させ、リー将軍は、実はイルミナティーのメンバーであって、戦争を激化させていた?)。
 
ドラマでは、ナチス政権と米国の企業家(おそらくは黒い「ユダヤ人」)との関係を示す証拠写真が、ユダヤ人収容所の事務所の壁に飾られた『さまよえるオランダ人Der fliegende Holländer』というユダヤ人であるハイネの詩を原作としたオペラを題材とした絵の額縁の裏に隠されております。
 
『さまよえるオランダ人』の主人公であるあまりにも罪深いオランダ人の船は、あるいはエレノア・リー号を意味していたのかもしれません。エレノア・リー号によって、ナチスに爆撃機用の燃料が提供され、それによって、ロンドン大空襲をはじめとした英国本土への空爆が行われ、大きな人的・物的被害がもたらされたのですから、まさに、エレノア・リー号も、神罰が下るほどの罪深い船であると言えるでしょう。
 

ルーズベルト大統領は、真珠湾攻撃を知っていたとされております。戦争の長期化と激化は真珠湾攻撃によってもたらされたと考えますと、憶測の域はでませんが、第二次世界大戦の激化の背後には、やはり「黒いユダヤ人」の国際組織があったのではないでしょうか。


 

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 

[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ]

 
(続く)

開く コメント(0)

 本日も、古代・中世史研究家の倉西裕子が、記事を書かせていただきます。本ブログにて、ヒトラーは、反ユダヤ主義を唱えながら、本当は、その逆で、「黒いユダヤ人」側、すなわち、イルミナティー側にあった可能性が極めて高いことを再三にわたり指摘しておりますが、昨日NHKで放映されたTVドラマ『刑事フォイル』の内容は、それを裏付けるものでした。
 
当TVドラマは、第二次世界大戦からその直後の時代を時代背景としており、諜報機関のMI5ものとして面白いドラマとなるよう、大幅に脚色されてはいるものの、基本的には史実にもとづいた筋書きとなっております。昨日の内容は、英国に拠点を持つ米国の大手石油企業が、実はナチスを支援しており、軍用機用の石油不足に悩むナチスのために、秘かに、英国で製造された燃料を密輸していたことが、ホイルたちMI5によって暴かれたというものです。
 
連合国側にあった米国の企業が、秘かに枢軸国のナチスを支援し、当該企業によって密輸された燃料を用いて、ナチスが大きな被害をもたらしたロンドン空襲を行っていた事実を知って、主人公のフォイルたちMI5は、大いに憤りを感じるわけです。
 
なぜ、米国企業がそのような背信行為を行ったのか、その理由は、その企業のオーナーである米国人が「黒いユダヤ人」であったからであるという仮説におきまして、説明することができます。米国企業オーナーがナチス幹部と面会している写真、すなわち、背信行為の証拠となる写真は、ユダヤ人収容所の事務所の壁に飾られた『さまよえるオランダ人Der fliegende Holländer』というハイネの詩を原作としたオペラを題材とした絵の額縁の裏に隠されており、事件の背景には、オランダ人があったことが示唆されております。
 
本年2月7日付本ブログにて扱いましたように、オランダ人には二種類の人々があります。元からの生粋のオランダ人は、ゲルマン系の長身、金髪、碧眼、白人の人々であり、「バタビア人」や「ボーア人(アフリカ大陸に移住したオランダ人)」とも称され、オランダ人の大多数を占めておりました。もう一種類のオランダ人は、本ブログにおきまして再三にわたり扱っておりますように、16世紀のハプスブルグ家支配下において、同じくハプスブルグ朝下にあったイベリアからオランダに移住してきたアジア・アフリカ系の「黒いユダヤ人」、すなわち、セファルディ系ユダヤ人であり、低身長、黒髪、黒目、褐色の膚の人々でありました。
 
『さまよえるオランダ人』のオランダ人は、アフリカ最南端の喜望峰で遭難した船長であることから、セファルディ系ユダヤ人であると考えられます。また、『さまよえるオランダ人』の原作者であるハイネも、「黒いユダヤ人」であって、Wikipedia(日本語版)によりますと、「1803年、イスラエル人の私学校リンテルゾーンに入学する。翌年、ナポレオン法典が公布され、ユダヤ人でもキリスト教徒の学校に入ることが許されたため、リンテルゾーンと並行してフランシスコ派修道院内の標準学校に入学」しているそうです。ハイネとフランシスコ派との関連は、ハイネがイルミナティーであった可能性を示唆しているでしょう。
 
このことから、『刑事フォイル』は、米国企業の背信行為の背後には、「黒いユダヤ人」があることを示唆していると推測することができるのです。米国にも多くの「黒いユダヤ人」がおりますので、こうした人々が、第二次世界大戦におきまして、秘かにヒトラー政権を支援していたことは、史実であったのではないでしょうか。すなわち、第二次世界大戦は、黒いユダヤ人の国際組織、イルミナティーによって操られていたと言っても過言ではないのかもしれないのです。

 
よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
 
[https://blog.with2.net/link/?626231 人気ブログランキングへ] 
 
(続く)

開く コメント(0)

全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事