乗り物好きの気まぐれなブログ

旧同名ブログが容量いっぱいになったのでこちらに移動。旧gala8357。他所で画像を使っているかも。

高速・特急バス(JR系)

すべて表示

JR九州バス744-16556(再掲載)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 この車両はJR九州バスが保有しているエアロクイーンです。
 博多支店に所属しており中国JRバス単独運行になっていた「出雲ドリーム博多号」に使われています。当初は改造エアロエースが使われていましたがこの車両の投入によって鹿児島支店に戻っています。おそらく納車が参入に間に合わなかったのでしょう。


 ポスト新長期規制適合のQTG-規制の車両になります。ここのところ夜行用としてエアロクイーンの導入が続いており2TG-規制でもエアロクイーンが導入されています。
 エンジンなどはQRG-規制やLKG-規制の頃と変わっておらずエンジンや排ガス浄化装置の改良で排ガス規制をパスしているようです。ただ、QRG-規制時代の2014年にエンジンに改良が入っているようです。またQTG-規制に適合しているため平成27年度燃費基準の+15%に適合しています。後部窓がガラスからポリカーボネイドに変わったりなど地味に軽量化などを施して燃費を稼いでいるようです。
 また、一昨年の8月より義務化された車線逸脱防止支援システムの標準装備化が行われており従来から装備されていたMDAS-靴皺良が施されているようです。

 基本的な仕様はメーカー標準のハイウェイライナー仕様と思われ窓はスモークガラスの全窓固定窓となっています。リアスポイラーはレス仕様です。後部に設置されている防犯灯はLED式になっておりクリアレンズの物がついておりこれまでの青いものとは印象が異なります。光る時は従来通り青い光を発するようですね。
 クーラーは直結式ですがエアロクイーンは床下のみの設定のため従来通りの見た目となっています。ただし、デンソー製ですがグリルの形状はかつての三菱重工製のようですね。ただ、直結なので静かなのですが停車中はちょっと効きが弱いのが残念でしょうか。
 トランクは3スパンでうち2スパンが乗務員仮眠室になっています。従来使用されてきたエアロエースでは昼行用のため乗務員仮眠室を装備していませんでしたが今回の車両では装備しています。ただし、この路線も途中久地PAで乗務員の交代を行うので使用はされていません。
 方向幕にはこれまで導入してきたエアロエースとかわりなく側面は分割された2段表記で停車中はスクロールし走行中は便名と行き先を表示します。



イメージ 6

イメージ 7

 運転席も前年式と同じ形式のため変わっていません。上がJR九州バス担当区間、下が中国JRバス担当区間です。両区間とも始発から終点までの時刻がスタフに書かれています。しかしそれぞれの会社の書式で書かれているため全く異なった書き方となっていますね。



イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 車内は3列独立シートとなっています。これまでの偏心3列シートからの大幅クオリティアップでしょう。
 座席はこれまでの青いモケットから一転して黒いモケットになっており、メーカー標準の座席に可動式枕を追加したものとなっています。これが最後部まで3列なので従来の中国JRバス便よりも定員が1名少ない28名です。鹿児島支店の車両には装備されていないプライベートカーテンも新たに装備するようになりました。
 付帯設備はトイレのみでテレビは最前部に格納式を装備しているようです。各座席にはモバイルコンセントが設置されており天井には去年のマイナーチェンジから標準装備になったプラズマクラスターを装備しています。最近流行りのプライベートカーテンは装備していません。
 また、読書灯は頭上にメーカー標準のものが装備されていますがこの車両では背面にもLED式のものが設置されています。

 入口の部分は夜行用ということで運賃箱などは装備しておらず、仕切り扉を装備しています。ステップの部分にはLED式のステップライトを装備しています。この照明は特に点滅するというわけではないようです。また、自動ブレーキを装備しているということでその注意書きがステップに描かれています。
 この車両は基本的に夜行用で予約座席指定制の路線に使われますがそれ以外の路線も想定してでしょうか入口の部分には簡易型の運賃箱を設置しています。
 また、夜行用なので最前部に通路の仕切を装備しカーテンも装備していますが、夜行用の車両に多いB列の最前部のパーティションがなく1B席のドリンクホルダーなどは両側のパーティションに設置されておりやや遠くなっています。その分フットレストはないですが足元は広くなっています。



≪車輌Data≫
登録番号・・・・・・・・・・福岡230あ45-56
社内番号・・・・・・・・・・744-16556
車輌車種・・・・・・・・・・三菱ふそう/MFBM
車輌型式・・・・・・・・・・QTG-MS96VP
車両年式・・・・・・・・・・2016年式

車輌仕様・・・・・・・・・・3列独立シート/中央床下トイレ
補足事項・・・・・・・・・・
    
関連:JR九州バスの車両・・・・・まとめ

その他の最新記事

すべて表示

北九州西鉄タクシー503

2018/11/14(水) 午後 8:45

 この車両は北九州西鉄タクシーが保有しているコースターです。      ポストポスト新長期規制適合の新型コースターです。最近車番が割り振られたようです。  西鉄だったらリエッセ兇任睥匹気修Δ任垢タクシーの方はトヨタディーラー ...すべて表示すべて表示

JR九州の自動券売機

2018/11/13(火) 午後 10:36

 この券売機は門司港駅に設置されているものです。  基本的に他の駅に設置されている高見沢サイバネティクス製のVTQシリーズですがICカードが他の駅のものはカードを差し込むのに対してこちらは台に載せるタイプとなっておりJR九州では珍しいタイ ...すべて表示すべて表示

祐徳自動車613

2018/11/13(火) 午後 8:29

 この車両は祐徳バスが保有しているエアロエースです。  佐賀営業所に所属している車両と思われます。  2TG-規制のポストポスト新長期規制の車両になります。おそらく佐賀県ではまだほとんど導入が進んでいないモデルになります。祐徳 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事