乗り物好きの気まぐれなブログ

https://ameblo.jp/gala8372 こちらに移行予定

全体表示

[ リスト ]

821系の液晶表示

イメージ 1

イメージ 2

 JR九州では今年のダイヤ改正より821系を運用開始しました。鹿児島本線の車両としてはいろいろと改良された新世代の車両で車体は817系やBEC819系と同様のA-trainですが中身が別物ということで新形式が起こされました。



イメージ 3

イメージ 4

 中身では車内案内表示器としてこれまで本線系統の車両ではLEDを採用してきいましたが初めて液晶画面を採用しました。305系、BEC819系の続き3車種目のもので三菱電機製のトレインビジョンを採用していると思われます。JR東日本や西鉄などでは2画面式を採用していますが821系では1画面式を採用しています。JR東日本でもE233系2000番台のように1画面式のものもあるのでデジタルサイネージのコンテンツがまだ充分でないうちは1画面でもいいのでしょう。一応隣の広告枠は取り外して増設できるようになっており、実際に305系では増設が始まっています。

 配置は305系同様すべての扉の上に設置されています。これまではは海側の3箇所のみだったものが増えています。



イメージ 5

 これが表示内容です。一番上の画像の4画面が運行に関する表示です。停車駅はワンマン列車で採用されているOBCビジョンのものよりも表示数が多く多数のもの文字の大きいものがあります。帯の部分は4ヶ国語表示ですがその部分は日本語と英語のみです。大きい表示については乗換案内も表示されJR線以外の乗換案内も表示されます。
 乗車位置案内は305系では駅到着直前にはホームの階段などの設備が表示され列車が滑り込むのようなアニメーション表示がありますが821系は305系と比べ物にならないほどの駅を収録しなければならないため列車の号車表示のみとなっています。


イメージ 6

イメージ 7

 これが確認できたすべての表示です。折り返し時などデータ未入力や再起動時には一番下のようなJRマークが表示されます。これは他社でも同様のようです。それ以外は注意喚起やマナー喚起表示で運行表示の間に2種類ずつぐらい表示されます。車内にこそいないもののクロちゃんはここにも現れます。
 扉の開く方向の表示は行われますが駅によっては入る番線が列車によってまちまちです。その場合は両サイドこの画像の表示が行われるためどちらの扉が開くかは車掌の放送によります。
 駅に到着後扉が開いている間に乗り換えがある場合は乗換案内が大きく表示されるようになっています。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事