乗り物好きの気まぐれなブログ

https://ameblo.jp/gala8372 こちらに移行予定

全体表示

[ リスト ]

JR九州のA-train

 JR九州では熊本大分地区に投入された815系より日立製作所が開発したアルミダブルスキンのA-trainを採用した車両を導入してきました。現在815系、817系、885系(883系)、BEC819系、821系、305系の6(7)車種が導入されています。
 そのうち幅広車体の普通列車用は815系、817系、BEC819系、821形の4車種が導入されています。その入口部分の写真になります。


イメージ 1

イメージ 2

 A-train初採用の815系と817系の初期型です。817系では0番台〜1100番台までがこの仕様になります。角の丸まった継ぎ目のないアルミダブルスキンの縁が特徴的です。この世代では車体は銀色です。奥の扉の内側は815系は黄色で817系では白色です。また、入口の周りには815系はほぼ何もなかったものが817系ではCTロゴが追加されています。


イメージ 3

 こちらは817系の後期型で2000番台と3000番台のものです。このモデルでは車体が白い塗装をされるようになりました。それ以外は基本的に一緒ですが細かい改良でドアの上側に雨樋が設置されています。A-trainは屋根の上の雨樋が一体成型で表面がややざらついていたためあまり雨がたれてきませんでしたが、このモデルでは塗装されコーティングによって雨がたれやすくなったための配慮と思われます。


イメージ 4

 BEC819系の入口部分になります。エコということで青基調になりステップの両脇には縦線が入りました。基本的に817系の後期型を踏襲していますがスマートドアが設置されボタン式の半自動ドアが設置されたため扉脇に押し釦が設置されています。最近の車両のためボタンが光って使用の可否を表示するものとなっています。
 奥のドアはクロちゃんが描かれています。ドアにもたれかかるのを心理的に防ぐためでしょうか。ドア窓の固定方法はゴムから金属抑えに変更になっています。また、ドア脇の手すりが817系のコの字から普通の筒状の手すりとなりつかみやすくなっています。


イメージ 5

 821系では車体が銀色となりました。ドア横のCTロゴはBEC819系、811系リニューアル車に引き続き青を採用しています。車体では窓が小さくなったりしていますが基本的に入口周りはBEC819系のままとなっています。スマートドアも設置されておりボタンがありますが案内表示が上側に変更されています。また、821系よりホーム照明が追加され裾の部分に3連照明が設置されています。
 奥のドアもBEC819系と同じものとなっています。ただしクロちゃんは消えています。今はステッカーが貼られていませんが今後817系と同じステッカーが貼られるでしょう。

閉じる コメント(2)

303系は違うのですか?

2019/4/11(木) 午後 11:33 [ NFA_1982 ] 返信する

> NFA_1982さん
303系は近車製で813系なんかと同じグループですよ

2019/4/11(木) 午後 11:47 [ gala8372 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事