乗り物好きの気まぐれなブログ

https://ameblo.jp/gala8372 こちらに移行予定

全体表示

[ リスト ]

821系の量産化改造

イメージ 1

 821系は今年のダイヤ改正より運用を開始しましたが去年の3月に納車され以後試運転を続けていましたが本格運転開始に際してデッサンどおりの改造が施されました。上が試運転時、下がダイヤ改正後運用中のものです。
 まず目につく違いが先頭部縁のLEDでしょう。デッサンでは描かれていたものの試運転時にはYC1系共々鉄板で塞がれていましたが途中から装着され光るようになりました。鉄板の塞ぎ方から後々装着されるのではと言われていましたが。


イメージ 3

 同じくデッサンで描かれていたものの試運転開始時に装備されていなかったものがドア脇のホーム照明です。ここも鉄板で塞がれておりてっきり何かのセンサーなど簡単にアクセスする必要があるものが入っていると思っていましたが照明が装着されました。


イメージ 2

イメージ 4

 この画像は運転席の部分です。上の画像は上が試運転時、下が運用開始後、下の画像は上から小倉工場公開時、南福岡公開時、運用開始後の画像になります。
 元々は821系はATSをモニター装置に内蔵したということを売りにしていましたが試運転時に不具合があったのか運用開始時に既存の車両と同じく外付けの車外表示装置が設置されそちらを見るようにテプラが貼られています。外から見ると試運転時には計器盤上がスッキリしていたものが既存の車両と同じような見た目となりました。
 車内側から見ると車両公開時にはスッキリしていた見た目がテプラが貼られた状態となりました。いずれもクハ821-2の画像になります。



イメージ 5

 運転席モニターの左側のモニター表示内容です。速度計を表示しているのは一緒ですが背景が試運転時には白背景だったものが黒背景になりました。JR西日本やJR東日本など他社でもメーターの背景は黒が多いのでおそらくそちらのほうが合理的ななにかがあったのでしょう。
 ATSのモニター表示は使用を中止されましたが現在も試運転時と同様表示されたままとなっています。


イメージ 6

 こちらは右側のモニターです。速度家の表示も可能ですが通常はこちらのモニター表示となっています。こちらは基本的に表示内容は変更はないようです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事