ここから本文です
プリオシーヌ
イラストと音楽とお笑いと

書庫全体表示



ジャンニ・ロダーリ作
パジャマを着た宇宙人
第10回



逃走


お店のアンドロイドからもらった地図のおかげで、
迷うことなく宇宙空港にたどり着いたエリオット。
乱れた服装を整え、落ち着いた態度で、多くの人々が行き交う建物に入ると
案内係のアンドロイドに声をかけた。
「僕は5年H組の生徒です。地球へ運ばれる木馬は、
どの宇宙船に積まれるのですか?」
「少々お待ちください。99番ロビーに停泊しています。あと15分後に出発ですよ」
「ありがとう」
エリオットは構内案内図を見上げて99番ロビーを探した。
「建物の一番奥にあるのか。結構遠いなぁ」
最初は落ち着いて歩きながら、
そして、だんだん早歩きになりながら、そのロビーを目指した。


「ちょいと!エリオットはん?」
後ろから突然アンドロイドに声をかけられて、思わず振り向いた。
「見つけた!」
「しまった!」
エリオットは人の波をかきわけ、慌てて97番ロビーに向かった。
「ちょい、お待ちになって!」
アンドロイドが追いかけてきた。
前方にもアンドロイドがエリオットを待ち構えていた。
エリオットはサッカー選手のように、右に行くと見せかけて左へと
フェイントをかけてアンドロイドをかわすと、そのまま突き進んだ。
そのアンドロイドは、追いかけてきたアンドロイドとぶつかり合い倒れた。
「そう簡単には、捕まらないぜ!」
追っ手を振り切り、やっと99番ロビーが見えてきたその時、
エリオットの頭上から、忍者のようにアンドロイドがクルリと回転し
降りてきて進路をさえぎった。
エリオットは勢いよく、そのアンドロイドにぶつかり尻もちをついた。
「エリオットはん。3番ロビーでロミオはんがお待ちどす」
追いかけてきたアンドロイド達がエリオットを取り囲んだ。
「……わかった、わかったよ。降参だ」
エリオットは両手を上げて、アンドロイドの指示に従った。

つづく


次回 最終話「未来への架け橋」



  • 顔アイコン

    エリオットはとうとう捕まってしまったのね。
    関西弁が面白い〜
    どうなるのかな?。

    sumire

    2019/1/14(月) 午後 4:11

  • 顔アイコン

    > sumireさん

    こんばんは
    どうもありがとうございます
    最初は標準語の口調でしたが
    どこかにおもしろ要素を入れたくなり
    京都弁に変更したんですよ

    ロミオは天使かルシファーか……
    次回をお楽しみにしていてくださいネ!

    Ray

    2019/1/14(月) 午後 7:04

  • アバター

    こんばんは^^

    木馬で宇宙空港まですぐに行けるとはいいですね。

    エリオットが9番ロビーまでたどり着いたのに
    つかまってしまって〜
    どうなるのかな?

    ナイス!

    屋号富有柿

    2019/1/14(月) 午後 8:40

  • 顔アイコン

    > 屋号富有柿さん

    こんばんは!
    どうもありがとうございます
    木馬はバイクみたいな乗り物で 誰でも使うことができます
    動く歩道もあるので 移動には困らない設定です

    次回で最終回です。
    どうなるかは お楽しみにしていてくださいね!

    Ray

    2019/1/15(火) 午後 7:23

  • 前門のアンドロイド 後門のアンドロイドって感じで、とうとう捕まってしまいましたね〜(笑)

    後はロミオの出方次第、って感じでしょうか?
    何せ前回、ロミオは「僕は……彼を残すべきだと思います」と言った人物ですから。

    志的好奇心

    2019/3/15(金) 午後 9:50

  • 顔アイコン

    > 志的さん

    こんばんは
    どうもありがとうございます
    そうですね
    ロミオとあるのかないのかわからない政府の
    判断ですね
    この場面のエリオットはインディー・ジョーンズの
    ハリソン・フォード風味になっています

    Ray

    2019/3/16(土) 午後 6:49

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事