Galleria2001 Blog

神戸ガレリア2001店長の自転車日記
2018年始まりました。今年も宜しくお願い致します。
恒例の初乗りは淡路島へ初詣サイクリングに行ってきました。
朝6時に家を出たときには雨がパラパラ。すぐにやみ、道中は天気に恵まれましたが、途中アラレが降ったりもしましたね。

岩屋をスタートしてまずは手掘のトンネルを見学。
イメージ 1
実際に見ると結構もろいです。
イメージ 2
とても魅力的な場所ですね。
イメージ 3
淡路島は普段海岸線だけを走ることが多いですが、内陸もおすすめです。先日下見に来たときは岩屋から花さじきに上り、ほぼ尾根沿いに走りましたが、かなりのアップダウンだったので今回は内陸は少なめにしました。

初めて訪れる伊弉諾神宮で初詣。
イメージ 4
周辺はお参りされる車で渋滞していますが、自転車ならスイスイです。
イメージ 5
お参りした後は、内陸のアップダウンを経て、ウェルネスパーク五色を目指します。
急な坂も多いですが、この区間の景色や道が最高です。今回は参加者が20名を超えたいたので、3グループに分かれて走りました。僕たちのんびり組は何度か道を間違えたこともあり、レストランのランチタイム終了の14時までギリギリ。
イメージ 6
最後に待ち構える参道を横切る激坂を超えて、14時まで残り10分。
とりあえず、Kさんと一緒に先にレストランに向かいました。
ここからの下りが最高です。
しばらく島の内陸を走っていたので、久しぶりの海との再会。おもわず笑顔になる景色です。
イメージ 7
ここで皆で写真を取りたかったのですが、思い出よりも飯。
この写真は下見の時に撮影したものです。
イメージ 8
無事ランチに間に合いました!レストランが心地よい暖かさで、いつも外に出たくなくなります。

ランチ後は坂を下って、西海岸へ出て岩屋を目指します。向かい風を覚悟していましたが、坂を降りたところにあるコンビニののぼり旗がバタバタとはためいて、向かい風確定・・・
イメージ 9
強烈な向かい風の中を皆で列になって進みます。サイクリングなので一番ゆっくりな方にペースを合わせて走ります。それもサイクリリングの醍醐味ですね。一体感が出て楽しいんです。岩屋に着く頃にはすっかり日もくれましたが、無事ゴールできました。
明石から神戸までの道中はスーパームーンに見守られながら。
そういえば朝出るときにも見守られていましたね。

今年も楽しく一年のスタートをきることができました。
次回のサイクリングは3/21(水祝)に赤穂牡蠣サイクリングの予定です。
詳細は日が近くなったらお知らせしますね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日は琵琶湖マイアミランドで行われた、関西シクロクロスに参加しました。
滋賀県は寒かったです。
先日バイクを納車させていただき、一度だけビンディングの付け外しを一緒に練習したHさんが、朝一のCL3で関西シクロデビュー!
イメージ 1

モトクロスバイクに乗ってられたので、上手でした。持久力が着いたらもっと楽しくなりますよ。
イメージ 2

最終周回で前を走る別カテゴリーの子どもを「抜けー」と応援すると、ゴールまでデッドヒートになってしまいました笑 大人げない走りも大事です笑
イメージ 3

寒かったですが、陽が出て走っているとちょうど良かったですね。
Mくんがシューズを忘れるというハプニングもありましたが、みんなで砂地獄を楽しみました。
イメージ 4

Yさんがこんなかわいい差し入れをもって応援に来てくれました。かわいいでしょ。パン生地も具もとても美味しかったです。ありがとう!
イメージ 5

自分のレースは・・・。今シーズンは残留も怪しい・・・。とりあえず頑張ろうと思います。
イメージ 6

帰りに台湾料理の「久香亭」さんで遅いランチ。
一緒に行ったMくん、がグーグルマップを駆使して探すご飯屋さんはいつもアタリ。今回も大当たりでした。近くにあったら夜にも行きたいです

昨日からお尻の筋肉痛。砂浜を走ったからでしょうか笑

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
翌日は5時過ぎに起きるも雨がパラっと来たのと、ライトを忘れた(結果的には持ってきていた笑)ので、少し時間を遅らせて明るくなってきてから万座毛まで走りました。気持ちよかったです。ただやっぱり身体のダメージが少ないのが気になる。追い込めていないのか、身体が強くなったのか、どっちやろ。

美味しい朝ごはんをまたまたお腹いっぱい食べて、道の駅で土産を買って、中城城跡を観光。
イメージ 2
またそばを食べに
イメージ 3
ここで伊丹行きの210組と別れ、100組はひめゆりの塔へ。昨年は海軍壕へ行きましたが、こういう時間も貴重ですね。空港に行く前に無理を言って、三線の先生のお見舞いに。元気で安心しました。来年は研究所でみなさんと集まりたいですね。

そんなこんなで2泊3日のツールドおきなわが終了。
来年も出たいな。そのためには仕事もトレーニングも嫁さん孝行も頑張ろう。

この一年トレーニングにお付き合い頂いたみなさん、ありがとうございました。今回ゴールできたのも休みを合わせていただいたり、沢山の時間を共有できたからだと思います。また来年に向けてコツコツ積み上げていこうと思いますので、お付き合い宜しくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
レース当日朝。曇り。午後から小雨が降るかも・・・って予報。おきなわにしては少し肌寒い。

5時に起きて6時から朝食。昨夕チェックインした時には0630から朝食と案内されましたが、スタート地点に移動するためのシャトルバスが0710に出発するのに合わせて朝食の時間も早めてくださいました。ありがとうございました!

奥のスタート地点へ移動し、昨日預けたバイクを受取。
なぜかツールドおきなわ100kmスタート地点で、ドローンで集合写真を撮影するというとても貴重な体験。
イメージ 2
Kさんありがとうございました。2度もありがとうございました笑

記念撮影後、最初の上りを往復して軽くアップ。
準備をしていると国際女子に出る大学生がなにやら慌てている。どうしたのか尋ねると、トピークの延長バルブの使い方がわからず空気が入らないとか。タイヤを触ってみるとしっかり空気は入っている。どういうこと?って思ったら、タイヤに8〜13barって表示があるので10barは入れたいと・・・10BAR
ほぼアップダウンの沖縄のコースで、しかももしかしたら雨が降るかもしれなくて、体重の軽い女子が10BARってことで8barに落ち着きました笑
ショップとか部で教えてもらわへんのかな。ホイールもきっと借り物なんだと思うけど、借りるにしてもレース前に使っておかないとね・・・下りやら、コーナーやら、制動力やら・・・ねぇ・・・
延長バルブの使い方を教えながら空気を入れてあげたら、慌ててスタートへ向かっていきました。

チャンピオンクラスが目の前を通過し、市民210も通過。やはり市民210の人気は凄いですね。僕もチャンピオンクラスよりも市民210の結果のほうが気になりましからね。続いて国際女子、100kmアンダー39がスタートし、いよいよオーバー40のスタート。昨年の上位のみなさんにご挨拶させていただき、それぞれの気合を感じました。僕自身は落ち着いていました。いつもの通りスタート前は欠伸ばかり出るし。

スタートは2列目から。
パレードの後しばらくしてリアルスタート。たまに飛び出していく人がいるけどしばらくしたら戻ってくるし、ペースもそれほど速くはない。余裕を持って前方で位置でき下りもそのままの位置で下る。初参加のKさんがこの下りで早くも追いついてきた。この一年一緒に練習する機会が特に多かったので、ここで一緒に走れたのは嬉しかった。

海沿いに出ても無理しない程度のペースで進む。前の人に差し込みすぎる人が何人か居て、もしものことを考えてそういう場合は少し前に上る。トンネルに入るまえに右側のスペースの開いている側に移動して周りとの距離を少し空けて走る。2個目のトンネルに入った時に、前を走る人の挙動に不安を感じて脚を少し緩めると、前の二人が接触してふらつき出した!ヤバイ・・・脚を止めて左側に少し進路を移していくと、右側の縁石付近で二人共落車。なんとか避けられそうやけど、バイクが跳ね返って飛んできたら終わる・・・予想通りこっちにバイクが飛んでくる・・・さらに左に進路を移しながら・・・バイクも寄ってきて・・・タイヤが右足に接触。ボヨンと当たって、この後自分のディレイラーか後輪に絡んだら終わる・・・と思ったら無事だった。後ろで続く落車音は聞かなかったように思う。とりあえず助かった。

集団は大きかったので右から上る人に合わせて前に上がり、普久川の登り口では10番位の位置へ。ダンシングを積極的に使って前の方で補給ポイント通過。ここでソレイユの選手が抜け出ていったけど、そのまま追わず。結局この選手ともう一人が合流して逃げきたんですけどね。岡山のエンデューロで優勝した人やたっけ・・・とか思いながら見送ってしまった。

安波ののぼりもそれなりのペース。一旦下ってから緩やかなアップダウンが続く頃にはまったりモードに。結局気温のせいもあってかかなりの人数が残っていた。
東村に入ってから、2001番ゼッケン選手の声掛けでローテを回すけど上げまくる人もいてなかなかスムースには回らない。あまりに上げる人がいてそれを追うのにハムが攣りそうになるし。

今回2回目のヒヤリは慶佐次での補給の時。
100kmの補給はここでの1回だけです。
上りながらボトルを受け取るのでそれほど難しくは無いです。手前で持っているボトルを捨てる場所が道路左側に設けてあって、みんな走りながらボトルを放り投げるんですが、自分も左によってボトルを捨ててさあペースを上げようとした瞬間、右側からボトルが飛んできて鼻っ面をかすめていきました飛んできた方を見ると平謝りの選手が笑 まあ空のボトルなんでノックアウトはないと思いますが。ボトルを捨てるときは弧を描くように投げましょうね。ツールドフランスなんか見てると、ボトルが集団の上を越えるようにして道路脇に飛んでいきますよね、あんな感じでお願いします。

カヌチャからの車線規制区間で210kmをメインとした集団と混走になる。気がつくと周りは210だらけ。どうやら100の集団は前方にいるようなので慌てて前に移動。

羽地の上りでペースを上げたかったけど、太ももの前も後ろもいつ攣ってもおかしくない状態。実際ダンシングしてると攣っていた。
なんとか集団に紛れて下りに入り、最後の平坦へ。ラスト500mくらいからペースが上がって自分も上げていこうとするが、他の選手にペースを合わせるのがやっと。順位を上げられずに集団のままゴール。24位でした。

脚は攣ったけど、身体のダメージは昨年や一昨年のほうが酷かった。結局何もできずに終わったのは後悔している。力不足です。昨年と同じ展開で逃げ切られたけど、100の場合はやはり逃げ切られる可能性大。逃げは早めに潰すか、自分が逃げるかって感じ。結局ローテはうまく回らないし、回すなら意思疎通のできる8人くらいが良いのかもしれない。人数が多ければいいって訳ではないですね。
100kmは210、140kmと比べると競技レベルや過酷さはかなり低いと思いますが、それでももっと100のレースを面白くするには自分が強くならないといけないですね。

来年はシクロクロスのスケジュールなどを見ながら参加を考えないといけませんが、今のところは参加する方向でトレーニングしていこうと思います。やはり自分にとっては特別な大会です。

ゴールしたら、沖縄の先輩Mさんが今年も那覇から応援に来てくれました。いつも休みの所わざわざありがとうございます!

210kmのTさんの完走を知って、とても嬉しかったです。ほっとしました。Tさんの練習内容を夏ぐらいから見ていたので、本当に良かったと思いました。あの練習をしてやっと完走できるんですね。それを感じているので、僕は簡単には210、140kmに挑戦なんて言えません。それに自分は100kmのチャンプが付けられる2001番のゼッケンが欲しいので笑 店名に因んでるだけですが。

100km、210kmを走ったみんなが無事帰ってきて本当に良かったです。落車が多かったので怪我なく終われて本当に良かったです。

イメージ 3
夜は本部で打ち上げ。ちょっと遠かったですね。すみません。次回はもう少し近いとこにします。

この記事に

開く コメント(0)

今年もツールドおきなわに参加しました。
いつもは神戸発着の飛行機なんですが、今年は行きは関空発だったので神戸空港に車を停めてベイシャトルで関空まで。帰りは神戸着です。
このベイシャトルの揺れがこの日はすごかった Mさん以外は船酔い。0530発だったので寝不足もよくなかったみたいです。
飛行機がすこし遅れたので、結局伊丹発の210km組とちょうど同じくらいに那覇空港に着きました。
中古レンタカーだと空港で受取、乗り捨てのオプションを付けてもかなり安く利用できます。今年は6名で3台。バイクも余裕で積めたので

高速を使って名護まで移動。
地元のスーパー、金秀で水などを買ってから宮里そばで腹ごしらえ。
イメージ 1

昆布が得した気分になる、美味しいそばです。
名護漁港に車を停めて、受付へ。会場の雰囲気を味わうと、今年も来たなぁ・・・と思いますね。
イメージ 2
駐車場に戻って210組は今夜のホテルへ。
100組はスタートとゴールの場所が違うので、バイクを組み立ててトラックに預けスタート地点まで運んでもらいます。ホテルまではシャトルバスで移動。漁港に停めた車は明日ゴール後に引き取ります。

バタバタしているうちに1640のバスの時間になり、ホテルへ向けて出発。
普久川ダムの上りを経由してくれるのがとてもありがたいです。いつもこんなに長かったけ・・・って怖気づきますが

18時まえにホテルについて、補給食やゼッケンの準備をし19時から夕飯。
バイキングってやっぱり食べすぎますね。パンパン

21時過ぎには寝ました。途中トイレに起きたりしましたがしっかり寝られました。
いよいよレースです!


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事