Galleria2001 Blog

神戸ガレリア2001店長の自転車日記
イメージ 1

赤穂野外活動センターを後にして向かうは日生。
牡蠣のお好み焼き、カキオコで有名なところです。今まで柿は坂越!と思っていたので行く機会がなかったんですが、美味しい水餃子屋さんがあると聞いて足を伸ばしてみることに。
サイクリングの楽しみは食べ物や色んな出会いだと思いますが、個人的には道との出会いもその一つです。なんか良さそうな道があれば迷わず行ってみると、思わぬ発見があったりします。もちろん失敗もあります。その時は引き返すしか無いですが。
イメージ 2

ちょっとしたグラベル。本当に短いですが、こんな寄り道も楽しいです。
イメージ 3

日生に着いたら橋でつながっている鹿久居島と頭島へ行きました。鹿久居島で惹かれる道があったので突き進むと返り討ちに会いましたが、結果的にはこんなに立派な「あけび」と遭遇。
イメージ 4

ほとんど種ですが、甘くて美味しかったです。
イメージ 5

このあたりは本当に景色のいいところです。海に浮かぶ島々のきれいなこと。
のんびり走ってもお腹はすくので、お目当ての水餃子やさんでランチ。
イメージ 6

何個でも食べられる水餃子でした。また食べに来たいです。
お腹もいっぱいになったので、赤穂まで帰ることに。帰りはお知り合いに教えていただいた峠ひとつ迂回ルートで。そのルートがまた良かったんです。道との出会いは嬉しいですね。
赤穂に着いたら近くに美味しいパン屋さんがあったのでおやつを買いによってみました。
イメージ 7

天気に恵まれた二日間のサイクリングもようやく終了。
赤穂から三宮まで輪行で帰りました。
イメージ 8
なんだか寂しい感じの写真になってしまいましたが、楽しいキャンプができたのもこのバイクたちのおかげですね。のんびり走るバイクにご興味がある方は是非、ガレリア2001までご相談くださいね。来月は嫁さんとしまなみ海道キャンプに行きたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日の連休はお休みを頂いてすでに伝説となったDoki土器キャンプFinalを楽しんできました!もちろん今回も自転車で参加です・・・が第一回目に神戸から自走したら、昼食に間に合わなかった苦い経験を活かし、網干までは輪行しました。
三宮から快速で網干まで直通の予定が、朝荷物をバイクに積むのにモタツキ痛恨の予定列車スルーすることになりまして、結局鈍行で行くことに・・・。
本来なら残念なスタートですが、普段は新快速なんぞでビューンと通り過ぎる景色が普通電車だと全く違って見えるんですね。須磨駅ってこんなに海岸と近かったんや・・・とかいつも走ってる2号線が垂水駅からはこんなふうに見えるんや・・・とか新しい発見がいっぱいで楽しかったです。旅はゆっくりがいいですね。
無事に網干駅に着いてバイクの組立。
イメージ 1

まあバイクも重いし荷物もそれなりに積んでいるので、キャンプツーリングは輪行に不向きだと思いますが・・・神戸から網干まで車や信号の多い国道を走ることを考えたら、やっぱり電車で楽をする分は重いバイクを担いで構内を移動することでバランスが取れるってもんですね。
網干駅を出発したらまずはモーニング。
イメージ 2

久しぶりのムッシュさんのアーモンドトースト。もっとボリュームのあるセットもあるんですが、今日最初の目的は赤穂で食べるランチなので軽めに。
写真はないですが、ここから室津や坂越の海岸線の景色を楽しみながらサイクリング。2時間位で目的地の赤穂野外活動センターに到着!無事ランチに間に合いました!
イメージ 3

テントを立てて、美味しいカレーを食べたら芝生の上でライブの音に揺られました。
イメージ 4

尼崎のJAMバンドAQATUKIの音と青空と緑と海とに囲まれて最高でした。
芝生広場ではだしになって音に包まれて、ゴロゴロしながらビールやモヒートを飲んだり、出店されているお店を覗いたり昼寝をしたり・・・そうこうしているうちに暑い中頑張って野焼きしてくれた土器が焼き上がったり。
イメージ 5

そしてそして今回のキャンプの献立は・・・
イメージ 6

キャンプなのにご飯を作らなくてもいいという贅沢。ゴロゴロしてればいいなんて。
イメージ 7

先程の献立を盛り付けてもらったら、こんな感じになりました。日が暮れてきて、い〜感じに。
イメージ 8
テーブルはあったほうがいいですね笑
ご飯食べてライブ見て、かんぽの宿でお風呂に入ってお休みなさい。
僕と嫁さんは小さめのテントで寝ているので、不便さもありますがまあそれも荷物を軽くするためと引き換えです。ひとりでゆったり寝ているKくんが羨ましかったですけどね笑
翌朝は日の出前に起床。
イメージ 9

この景色を見るためです。
赤穂野外活動センターはこんなところ
イメージ 10

芝生広場下のキャンプサイト。最高ですよね。個人では宿泊利用はできないのでこの環境で過ごせるのは土器キャンのおかげなんです。
イメージ 11
美味しい朝ごはん。体にやさしい朝ごはんを頂いて、ファイナルな土器キャンを名残惜しんで写真撮影。
イメージ 12

みんなの願いが届いて、最高の天気に恵まれた最高のイベントでした。
今日、晴れ祈願に蛇革の財布が生贄に捧げられたのを知りましたが笑
本当に楽しいイベントを作り上げてくださったスタッフの皆様、ありがとうございました!
イメージ 13
つづく・・・

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

うどんサイクリング

季節はどんどん秋へと移っていますが、雨が多いですね。
今週末も台風の影響がありそうです。山も海もどちらの被害も怖いですね。みなさんくれぐれもご注意くださいね。

今月もキャンプに行きたっかったんですが、天気や予定があわずだったので日帰りで香川にうどんサイクリングに行ってきました。
天気予報が微妙な感じでしたが、とりあえずGO。
火曜日深夜便のジャンボフェリーに乗り、早朝に高松に到着。
いつものように寝袋、耳栓、アイマスクで寝ていたらギリギリまで寝すぎて慌てて下船。半分寝ているような状態でした笑
フェリーターミナルで、顔を洗って歯を磨いたらやっと頭が冴えてきました。
さっそく朝から営業している「手打ち十段うどんバカ一代」さんへ!
イメージ 1

朝うどんを何にするか悩みましたが、このあと2軒目のうどん屋さんまで少し距離があるので温かい醤油うどんの中(2玉)に決定。朝からふらっとうどんを食べに来られる環境っていいですよね。
しっかり食べた後はいつものコースを走ります。
イメージ 2

市街地を抜けて香東川沿いのサイクリングロードに出ると、車も信号も少なく快適に走れます。
イメージ 3
今までは春に来ることが多かったので、秋の高松もいいですね。
サイクリングの相棒、SALSAのVAYA(ヴァヤ)650B仕様。道を選ばないし、荷物を積んでも安定感あるし、のんびり走るのにはピッタリのバイク。このバイクのおかげで自転車の楽しみ方が広がりました。
イメージ 4
途中で栗を拾ったりののんびりサイクリング。
週末なら帰りのフェリーが16時台ですが、平日は19時台で、時間はたっぷりあるので。
イメージ 5
柏原渓谷を抜けて、いつもなら三嶋製麺所さんによりますが、今回は初めて近くの「谷川米穀店さん」へ。行列のできる店とは知っていましたが、着いたら平日でも行列でした。週末はもっとすごいそうです。20人も並んでいなかったので、15分ほどで中に入れました。おかわりができるということで、まずは冷たいうどんの小をすだちと醤油でいただきました。さっぱりしていて美味しかったです。温かいうどん小に卵をつけておかわり。青唐辛子の佃煮が辛くて美味しかったです。
来た道を引き返すので、やっぱり「三島製麺所さん」でもいただくことに。
イメージ 6
ネギと赤唐辛子の色合いがきれいですよね。
ここまで何度か峠を超えてきましたが、ここから琴平まではほぼ下り基調です。
今回は時間もあるので、いつも横を通り過ぎていた「まんのう公園」に寄りました。
国営の公園なんですね。
イメージ 7
園内にはレンタサイクルもありますが、自分の自転車を持ち込むこともできます。
イメージ 8
園内には季節の花が咲いていてとてもきれいです。とにかく広い。
サイクリングロードは外周部分に設けられていて、何箇所かある駐輪スペースに自転車を置いて歩くか、停めずに自転車を押して鑑賞するかって感じです・・・多分。
実は方向音痴な僕は園内マップを見ながらサイクリングロードを走っていたんですが、気付いたら行き過ぎていたり方向が違っていたり・・・しかもサイクリングロードは一方通行。帰りの電車時間もあるので、全体を把握できないまま帰ることに笑
お弁当なんかをもってのんびりするには良いところですね。

もう一軒うどん屋さんを回ろうと思ったんですが、もう閉まっていたので金比羅山へ。醤油ソフトクリームを食べて、琴電に乗って瓦町へ。「一鶴さん」で骨付鳥を持ち帰りにしてもらってフェリー乗り場へ。ちょうどフェリー乗り場についたときにパラパラと雨が降り出しましたが、走っている間は天気がもってくれたので一日楽しめました。
フェリーも空いていたので、くつろぎながら胡椒のきいた骨付き鳥をいただきました。
24時過ぎに神戸に着いたら雨。レインウェアは用意していたので問題なし。
来月はDOKI土器キャンプ!11月もバイクキャンプに行きたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

夏の終わりに川沿いサイクリングに行ってきました。
以前、宍粟市を流れる千種川上流のちくさ高原までのヒルクライムをしたときに横を流れるせせらぎが、とても気持ちよかったのを思い出しそちら方面へ。
のんびり輪行したかったので、姫新線の三日月駅まで電車で行ってそこから、志文川を上って途中から千種川を下る50kmくらいの予定。
前日にS木さんに7時三宮発くらいの新快速に乗るのはどう思いますすかと相談したら、通勤時間帯とかぶるのでやめておいたほう良いとのアドバイス。
遅い電車にするだけなのももったいないので、和田岬まで走ってメゾンムラタさんで朝食のパンを買いに。コーヒーは家で淹れて持参。
イメージ 1
お忙しいのに村田さんが出てきてくれました。先日村田さんがフランスでの足に使っておられたバイクをメンテナンスさせていただきました。とても大切にしてくださっていて嬉しかったです。村田さんのパンはどれも食べたいものばかり。電車に乗るまで我慢できずにみさき公園でつまみ食い。
神戸駅から比較的空いている新快速に乗り込み美味しいパンを食べながら姫路まで行き、姫新線に乗り換え。播磨新宮で三日月行きの電車に乗り継ぎますが、時間が30分近くあったのでここから走ることに。
イメージ 2
メインの通りを外れるとこんな道が現れたり
イメージ 3
こんなところや
イメージ 4
寄り道ばかりw
ようやくスタート地点の三日月駅へ。すでに15キロほど走ってます。
イメージ 5
今回初めて三日月駅に来ましたが、素敵な地名ですよね。
このあと少し走ったらお昼にとろろ汁を食べる予定。播磨新宮からの15キロもお腹を空かせるためにはちょうどいいかんじでした。
志文川沿いを上流目指して走ります。
で到着!
イメージ 6
ん?
ん?
イメージ 7

お休みでした・・・
残念・・・
先に言ってしまいますが、この先コンビニとかありませんでした。千種川沿いにも全然なかったですw
途中で地域の道の駅みたいなところがあって野菜に紛れてぶどうが売っていました。このぶどうが美味しかったです!なんとか昼ごはん?にありつけました。
イメージ 8
上流の方に進むとやはりいい感じ。
お腹はまだまだ空いてますが・・・ぶどうでは足りませんでしたw
イメージ 9
今回川沿いをルートにしたのは、暑くなったら浸かればいいと思ったので。
なのでしばし川遊び。
実際にはときおりパラパラと降る雨が心地よく、どちらかといえば涼しいくらいだったので、足をつけるだけでちょうどいい感じ。水の冷たいこと。
かなりゆるい上りを登り続けて、帰りは千種川をゆる〜く下って三日月駅の一つ隣の播磨徳久駅へ。
千種川沿いは開けていて開放的な雰囲気でとても気持ちいいです。志文川に比べると交通量は多くなりますけどね。
しかしこちらにもコンビニなし。もう少しで駅というところでようやくヤマザキショップが現れて二人でおにぎりを頬張りました。
イメージ 10
川遊びをするのにサドルバッグにぶら下げて持っていった島ぞうり。友人の奥さんがつくってくれたゴーヤーちゃんぷるー柄なんです。
なんとか明るいうちに播磨徳久駅に到着。思いのほかサバイバルなサイクリングになってしまった。
翌日嫁さんがとろろをすってとろろ飯を作ってくれました。美味しかったです。ぶどうも買ってきてくれましたが、これは現地で食べたほうが美味しかったですw
僕たち夫婦は、サルサのvayaとmarrakeshってバイクでサイクリングを楽しんでます。ふっといタイヤでの〜んびり走るので、30キロとか50キロぐらいの距離でも十分楽しめます。フラットペダルなので寄り道して歩くにもいい感じです。
そんな楽しみ方をしたい方におすすめのバイクがキャノンデールから登場!
イメージ 11
TOPSTONE(トップストーン)です。詳細は後日・・・お楽しみに!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

NEW SystemSix

イメージ 1
cannondale2019モデル話題のエアロロードに見て触れてきました!
先週の水曜日に富士山の麓で行われたキャノンデールブランドキャンプ。今回の目玉はブランド初のエアロロードバイク「システムシックス」。
イメージ 3
ホイール、ステム、ハンドルが空力を追求したKNOTという専用パーツに。
イメージ 4
ブレーキホースなどはヘッドチューブを通るのですが、ステム部分もそれらを覆い隠すような構造なのでメンテナンス性は良いですよ。
イメージ 5
Power2Maxのパワーメーター標準装備のモデルもあります。使用には登録が必要でたった5万円でパワーメーターが手に入る!
これまでエアロロード否定派だったブランドなので、なんで今さら・・・といった感じも正直ありますが、まずはプレゼンテーションでお勉強。

エアロロードのプレゼンは大体が○%何がど〜したこ〜したって話になるんですが、今回もそんな感じ。エアロでないロードバイクとの比較で、1キロ走って3秒タイムが縮まるとか、EVOと上り頂上で18秒しかタイム差が開かないとか、スプリントなら4車身差をつけられるとか・・・言葉のマジックもふんだん笑 6%までの勾配ならエアロードのほうが速いんだとか。まあそんな情報を頭に入れての試乗タイム。
基本的には普段乗っているオールラウンドモデルのスーパーシックスEVOとの比較です。
イメージ 2
試乗コースは前半は緩やかな上りで、折り返して同じ道を戻るので後半は下り。またがって踏み出した感じは、特に違和感なし。KNOTハンドルの肩部分は手が置きやすい。エアロポジションが取りやすいです。リムハイトが64ミリあるのでダンシングするとホイールが煽られる感じで、そのあたりはEVOの方が気持ちいいですね。剛性については硬いというイメージで乗りましたが、特に硬さは感じませんでしたが後で聞くと空気圧を5BARにセッティングしていたそうなのでよくわかりません笑

で本題のエアロはどうなの?って話なんですが、僕は走っていて向かい風と追い風の違いはわかりますが、右斜め前から吹いてる風なのか左斜め前なのかとかは分からない鈍感なロード乗りなもんで・・・笑
乗車時の空気抵抗はライダー75%、バイク25%って言いますがその25%のさらに○%ってのがわかるほど敏感ではないのですみません。
ただ後半の下りで感じたのは、安定感がすごく良かったです。エアロバイク特有のハンドリングなど扱いにくさは全く無く、普通に違和感なく乗れたことがこのバイクの長所なのかもしれませんね。のぼりも苦手としないエアロロードですね。のぼりが得意ってことではないです。のぼりはやっぱりEVOです。

速く走りたい人のバイク・・・その通りです。さっきバイクの空気抵抗は25%って書きましたが、エアロを追求するならその分を重箱の角をつつくように小さなことを積み重ねていく必要があるんですよね。
たとえばエアロヘルメットや窮屈なシューズカバーやエアロワンピースを着るのと同じです。少しでも抵抗になるものがあればそれらを削っていく。そういう作業、走りを求める人のためのバイクです。

もちろん、見た目は抜群にかっこいいので一目惚れで乗るバイクでもあります。

8月31日まで早期予約受付中です。
キャノンデールのことならお任せくださいね。

実は情報解禁前のバイクがあるんですが、そのことについては後日UPしますね!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事