Galleria2001 Blog

神戸ガレリア2001店長の自転車日記

うどんサイクリング

今年もうどんサイクリングに行ってきました!
神戸から船で高松に行けるので本当に便利です。
深夜1時発のフェリーに乗って、明朝5時過ぎに高松港着。
ロッカーに寝袋などの荷物を預けて出発。
まずは早朝から営業されている「さか枝」さんで朝うどん。
イメージ 1

かけの中を頼み、豆とたけのこの天ぷらをトッピング。
イメージ 2

しょうゆ豆を想像していましたが、金時豆の甘いやつでした。意外な美味しさに、ちょっとくせになりそうです。

朝ごはんの後は栗林公園で朝の散歩。
ここの松は本当に見事です。写真はありませんがw
イメージ 3

菖蒲池で記念撮影。
イメージ 4
街なかのオアシスを堪能した後は、約40kmかけて2軒目のうどん屋さんを目指します。
朝早い時間なので、市街地の国道も車が少なく走りやすいです。
高松空港の南あたりからサイクリングロードを走り、車も信号も殆ど無い自然豊かなルートを楽しみます。
イメージ 5

この道は昨年も走りましたが、最高です。
イメージ 6
昨年は川沿いに柏原渓谷を走りましたが、今年はマウンテンドームの手前で尾根道に上がるルートに変更。個人的には大好きな荒れた道ですが、ロードの方には少し怖かったようです。来年はみんなディスクブレーキ、700×40Cくらいのタイヤのバイクで行きましょうねw
尾根道のアップダウンに苦戦しながらも、峠を下ってようやく「三島製麺所」さんに到着!
イメージ 7
うどん小に卵をつけてなんと170円!のんびりした雰囲気の中で美味しいうどんが食べられます。ここでは熱いのと、冷たいのを小で2杯食べるのがおすすめです。

ここから琴平までは、ほぼ下り基調。今まで頑張った甲斐があります。
途中でパン屋さんの「ハヌル」さんに寄り道。
イメージ 8
中庭で美味しいパンをいただきます。
快調に琴平まで走って、輪行。琴電ものんびりでいいですね。
イメージ 9
皆さんは高松築港へ。時間が心配だったので、僕は嫁さんと二人で皆さんの骨付鳥を受け取りに「一鶴」さんへ。結果的にはかなり時間に余裕がありました。
イメージ 10
フロントのパニアバッグ。走ってるときはほぼカラ。骨付鳥13本を運ぶために持ってきたようなもんです。
イメージ 11
船で外の景色を楽しみながらスパイスの効いた骨付鳥をいただきました。
昨晩は睡眠時間が短いので、この後爆睡でした。またまた神戸に船がつくことに感謝してうどんの旅が終了。今回もみなさんのおかげで楽しい旅でした。ありがとうございました!次はどこに行きましょうかねぇ。

そういえばジャンボフェリーの歌が変わりましたよね?

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

背中ベタベタ・・・

今朝はCXで山に行こうと寝る前は思っていたんですが、朝起きたら眠かったのでやめ。そのかわり仕入にバイクで行くことに。
帰りは雨予報なので、レインウェアもオルトリーブの防水パニアに。
イメージ 1

今日みたいな蒸し蒸しする日は、荷物は背負わずに自転車に持ってもらうのが快適。背中も風が流れて、ベタベタから開放されます。帰りに市場やスーパーで買い物しても楽々。
バイクはSalsaのVAYA(ヴァヤ)650B仕様。とにかくずーっと乗っていたくなるバイクです。の〜んびり走れる楽しいバイクです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日は、7月の神河町ヒルクライムに参加する3人でコースの下見を兼ねてサイクリングに行ってきました。
役場近くの公園に車を停めて、早速コースを試走。序盤はかなり勾配が緩いです。ガーミンで距離を確認しながら走っていたんですが、走行距離が2.5キロからなかなか変わらない・・・フリーズしてました。肝心な時に・・・。」
峰山高原までの案内看板で距離を確認しながら走りましたが、のこり7キロから斜度が少しづつきつくなってきます。後半4キロがとくにきつくなります。ちくさ高原に近い感じですが、序盤が頑張れるだけに後半に足を残すのが難しいコースですね。

ゴール地点を確認して、役場とは反対の一宮方面に降りて福知渓谷を上ることに。
途中で久しぶりのパンク。
イメージ 1
福知渓谷から砥峰高原までの道もいいですね。
イメージ 2
こんな景色の中を走れるのは幸せです。
イメージ 3
砥峰高原はいつ来てもいいですね。
イメージ 4
ここからは尾根沿いに峰山高原へ戻りました。
まだまだ知らない道が多いのでまた走りにいきたいですね。
今回は水曜日に休みを合わせていただきありがとうございました!楽しい一日になりました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Traveller

高校の友人が、Schwinntravelerをオーダーしてくれました。

イメージ 1
オプションのWALDのフロントバスケットがさらに使い勝手を良くしてくれます。
イメージ 2
普段遣いの自転車なのに名前は「Traveler
 
この自転車に乗ったら、いつも通る道を変えてみたり。寄り道してみたり。
毎日見ている街が違って見えたり、新しい発見があったり、ワクワクドキドキ。
それこそまさにTraveler
速く移動するための道具になることが多い自転車ですが、本来の自転車の楽しみ方は、きっとそんなワクワクドキドキ。
 
Travelerで思い出したこと。
イメージ 3
3年前に友人の結婚式で訪れたサンフランシスコで泊まったPoint Reyes Hostelの"If you want to stay plugged in, stay somewhere else."と書かれたポスター。そしてその下に書かれてる"For Travelers, not tourists." ある意味潔さと自分の強みを知ることって大切ですね。
 
自転車とポスターに繋がりを感じた今日このごろ。春ですね、お出かけしましょうか。
 
そういえば、サンフランシスコに着いた時にFBで投稿したら真っ先にコメントをくれたのは彼だったなぁとまたまた思い出しました。
 
ありがとう!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年始まりました。今年も宜しくお願い致します。
恒例の初乗りは淡路島へ初詣サイクリングに行ってきました。
朝6時に家を出たときには雨がパラパラ。すぐにやみ、道中は天気に恵まれましたが、途中アラレが降ったりもしましたね。

岩屋をスタートしてまずは手掘のトンネルを見学。
イメージ 1
実際に見ると結構もろいです。
イメージ 2
とても魅力的な場所ですね。
イメージ 3
淡路島は普段海岸線だけを走ることが多いですが、内陸もおすすめです。先日下見に来たときは岩屋から花さじきに上り、ほぼ尾根沿いに走りましたが、かなりのアップダウンだったので今回は内陸は少なめにしました。

初めて訪れる伊弉諾神宮で初詣。
イメージ 4
周辺はお参りされる車で渋滞していますが、自転車ならスイスイです。
イメージ 5
お参りした後は、内陸のアップダウンを経て、ウェルネスパーク五色を目指します。
急な坂も多いですが、この区間の景色や道が最高です。今回は参加者が20名を超えたいたので、3グループに分かれて走りました。僕たちのんびり組は何度か道を間違えたこともあり、レストランのランチタイム終了の14時までギリギリ。
イメージ 6
最後に待ち構える参道を横切る激坂を超えて、14時まで残り10分。
とりあえず、Kさんと一緒に先にレストランに向かいました。
ここからの下りが最高です。
しばらく島の内陸を走っていたので、久しぶりの海との再会。おもわず笑顔になる景色です。
イメージ 7
ここで皆で写真を取りたかったのですが、思い出よりも飯。
この写真は下見の時に撮影したものです。
イメージ 8
無事ランチに間に合いました!レストランが心地よい暖かさで、いつも外に出たくなくなります。

ランチ後は坂を下って、西海岸へ出て岩屋を目指します。向かい風を覚悟していましたが、坂を降りたところにあるコンビニののぼり旗がバタバタとはためいて、向かい風確定・・・
イメージ 9
強烈な向かい風の中を皆で列になって進みます。サイクリングなので一番ゆっくりな方にペースを合わせて走ります。それもサイクリリングの醍醐味ですね。一体感が出て楽しいんです。岩屋に着く頃にはすっかり日もくれましたが、無事ゴールできました。
明石から神戸までの道中はスーパームーンに見守られながら。
そういえば朝出るときにも見守られていましたね。

今年も楽しく一年のスタートをきることができました。
次回のサイクリングは3/21(水祝)に赤穂牡蠣サイクリングの予定です。
詳細は日が近くなったらお知らせしますね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事