アンティーク・テキスタイル アート Gallery Tulip

☆☆ 情報のUPと染織美術業界&旅行記などの徒然文 ☆☆

全体表示

[ リスト ]

東インド会社

日曜日の夜BSで資本主義に関しての番組をやっていました。
見始めたのは、オランダの東インド会社の船舶を派遣させる為に初めて小口の株を発行し、それがビットコインのように大きく儲けに繋がり、人々はチューリップなど他のものにも投資を始めたが、バブルが弾けて財産を失った人も多くいた、などということ。ちょっと眠かったので、催眠学習の如くに見たり見ていなかったり、という状態でしたが。。。

オスマン帝国から輸入したチューリップに対する熱狂は知っていましたが、そんな様子だったことに少し興味を持って見ていると、後発のイギリス東インド会社との摩擦に話が至りました。
ビックリしたのは、インドネシアでオランダ側がイギリスのスパイとして日本人を捕え、その後イギリス人も捕まえて惨殺したという内容でした。エッ日本人がいてしかもスパイしてた⁈ それに商人なのにライバルを捕まえて殺すまでする⁈ ちょっと信じられない様な事でした。

これをきっかけとしてイギリスの東インド会社は殖民地のインドの貿易に集中するようになったようです。インドネシアではオランダ東インド会社のマークが入った更紗が見付かったりしますが、イギリス東インド会社のスタンプは見当たらない様です。ただ、19世紀の産業革命以降のイギリス更紗は見つかります。

日本でも、オランダと出島で交易を行ったとは言え、幕末のヨーロッパ更紗はオランダという名称ではあってもイギリス製が殆どの様です。
いち早く産業革命に成功したイギリスが優位になったのか気になります。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事