ここから本文です
世界絵画美術館巡り旅
絵画鑑賞好きの皆さまと情報共有

書庫全体表示

 2018年1月に北米西海岸をツアー旅行しました。モニュメントバレーの次にアンテロープ・アッパーキャニオンを観光しました。その時の写真を紹介します。
        アンテロープ・キャニオンの写真(Wikipediaから)
イメージ 1
 コロラド川が雨季の時だけ流れる谷合で、岩の割れ目に土砂交じり水が流れ込んで、長年掛けて出来たトンネル状の通路がアンテロープ・キャニオンです。迷い込んだアンテロープ(羚羊)を追いかけて羊飼いが見つけたと伝わるようです。正午の或るタイミングで、写真の様な入射光が見られるようです。
          アンテロープ・キャニオンのツアー出発直前
イメージ 2
 ナバホ族の町ページのほぼ中央部に、ツアーの出発所がありました。荷台の中央部に背中合わせのベンチが取り付けられて幌をかぶせたトラックに乗って、アンテロープ・キャニオンに向かいました。凸凹道を10〜15分で着きました。観光客12人か14人が乗れたと思います。1台当たり一人のナバホ族のガイド(女性)が案内してくれました。
            アンテロープ・キャニオンの入口
イメージ 3
 下の砂は非常に細かくて均一でした。雨季に砂岩の割れ目の間を砂交じりの水が流れ込んで、アンテロープ・キャニオンを造ったようです。
               入口を入った処の景観
イメージ 4
観光案内のパンフレットに良く出てくる箇所です。岩が水で削られた跡が良く分かります。
              記念撮影の定番スポットで
イメージ 5
              ここも記念撮影スポット
イメージ 6
               上を見上げた写真
イメージ 7
             ハート型が写る撮影スポット
イメージ 10
横向きのハート型が分かりますでしょうか。90度回転した写真も紹介します。
イメージ 11
              ウェーヴと呼ばれる場所
イメージ 8
波の様な模様が美しい壁面です。
           ウェーブと呼ばれる記念撮影スポット
イメージ 9
                 入射光の写真
イメージ 12
何故かは分かりませんが、斜め横からの入射光が撮影できました。
              ここも記念撮影スポット
イメージ 13
          アンテロープ・キャニオン奥側の出入り口
イメージ 14
      アンテロープ・キャニオン奥の出口でガイドさんと記念撮影
イメージ 15
 記念写真やハート型の見える写真は、このガイドさんが撮ってくれました。ナバホ族の女性だとの事でした。他では見られない景観を堪能しました。

  • 顔アイコン

    こんばんは(*´∀`*)
    とっても芸術的なショットですね
    随分前にセスナ機でグランドキャニオンは観光したことがあります
    降りて歩かなかったので、素敵な体験で羨ましいです

    [ fuku ]

    2018/2/8(木) 午後 6:06

    返信する
  • 顔アイコン

    > fuk*****さん
    コメントありがとうございました。他では見た事が無い景観で、興味深い体験でした。機会を見つけて、是非観光することをお薦めします。

    [ galleryhopping ]

    2018/2/9(金) 午前 8:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事