ぎゃらり壷中天 鈍青房掌編

“鈍青房”は小生の庵号です。物をめぐる掌小話を掲載していきます。

全体表示

[ リスト ]

コンドルは飛んでいく

  『コンドルは飛んでいく』
 
 動物園の鳥類舎の前で。
「動物の形状っておもしろいよね」
彫刻家志望の生野君がしみじみと言う。
「変態を繰り返して、何万年もの時間を生き延びてきたその果ての姿だもんね」
生物学を専攻している吉野君が答える。
「つまり、優生遺伝子がこういう形状を選択してきた結果ということ?」
「そう。地球の環境変化に応じて、身体の機能や形状をうまく変化させた種だけが今も生き延びて、こうして我々の目の前にいるということだよね」
 するともう一人、その様子をかたわらで聞いていた自称“不思議大好きの夢想家”の
由美ちゃんが、
「ところでさ、性格のよい亀と、いじわるなパンダだったら、どっちが好き?」
「僕は亀。性格は問題じゃない。あの形が意表をついてるよ」と彫刻家志望の生井君。
「これってどちらか選ばなきゃ駄目なの?どちらも生物学的には興味深い対象で好きなんだけど」
と、生物学専攻の吉野君。
「じゃあガリガリの白鵬と足の遅いウサイン・ボルトとでは?」 
お構いなしの由美ちゃんは思いつくままに究極の選択を繰り出す。
「これで性格がわかるとでもいうの」
彫刻家志望も生物学専攻もあきれて聞き返す。三人は話しながらコンドルの檻の前にやってきた。
「“コンドルは飛んでいく”っていう歌知ってるでしょ。そう、I’d rather be a sparrow than a snail. カタツムリになるならスズメになった方がいい。というあれ」
「サイモン&ガーファンクルだよね」
「もとはアンデスのフォルクローレだけど、サイモン&ガーファンクルがカバーして世界的に知られるようになったのね」
「それで?」
「つまり、種の違いや特徴の差異はあっても少しずつ変化しながら、生物は次の世代へ、未来へとバトンを渡していくことを使命づけられているのよね。強いものも弱いものも、大きなものも小さなものも、みんなでこの先も繁栄していくことが大事なの。そうコンドルはどこまでも飛んでいくのよ」
 
 進化のベクトルはまっすぐに前を向いている。そこにあるのは遙かに果てのない道のりだ。今はまだその途中。三人の人生はこれからも続いていく。それをコンドルが見ている。                       
イメージ 1
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事