ここから本文です
gallery paw padのブログ
小さな街の小さななんちゃってギャラリーです。

書庫全体表示

記事検索
検索

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

さくらねこの写真展は、
単に記録写真ではなく、写真としてのクオリティも保ちながら、
避妊手術の印である耳カットに関心を持っていただくなどの啓蒙発信を目的の一つとして始めました。
それが写真だけでなく、立体作品や絵画などの助けも経て、
いつのまにかパート5
店内に置く募金箱と段々増えて行った販売グッズのおかげで少しまとまった金額もキフ出来るようになったのは、一重に出展者さまたちのおかげです。

皆さん、色々考えてくださいます。有難い。


去る4月に展示を開催いたしました、
「さくらねこ写真・作品展」パート5(2019年)
こちらでのチャリティとしての活動の報告が遅くなりましたことを
お詫びいたします。
ご参加いただいた出展者さまには、
写真や作品での「さくらねこ」の普及啓蒙、
又、作品販売やイベントの開催、
店内に募金箱を設置などでのチャリティに協力いただきました。



店内募金箱にプラスして、
皆さんの物販からのギャラリーマージン分:25625円     
イベントの売上げより、ギャラリー手数料分として5500円    
フォトブック売上げ利益分:8492円   
              合計39617円
こちらに383円をギャラリーから足して合計4万円を支援金としました。


今回、ギャラリー地元の地域猫活動に関係するところに寄付したいという、
出展者様たちとの合意により、世田谷で地域猫活動を邁進していらっしゃる
チームSLPさんにご紹介をお願いして、これから地域猫活動をしていくであろう
自治会、町会に半分づつ支援させていただくことにいたしまして、
ここに報告とさせていただきます。
イメージ 1
イメージ 2


自治会名、町会名は、猫の居場所の特定を防ぐために隠させていただきました。
どうぞ少しはお役に立てますように。
又、その活動に実りがありますように。

この度の支援に関しましてご教示、ご協力いただきました皆様に感謝いたします。



遠方より、素晴らしいミモザをお送りいただきました、Kさん、ありがとうございました。
フラワーデザイナーHさんが素敵に仕立ててくださいました。



おなじみ、酒井勝氏の「その場で猫を描きます」イベントもチャリティとしてくださいました。

ありがとうございます。

来年パート6が出来ますように。
パート6の募集、ご案内は年末ごろしたいと思っております。
どうぞその際はよろしくお願いいたします。

尚、今回のフォトブック、若干数在庫ございますが、
再発行分は主に啓蒙のために配布させていただいています。
販売分はギャラリーの片隅に置いてあります。

Gallery Pawpad

開くトラックバック(0)

昨年の「夏への扉をあけたなら」も続いてのお題表現シリーズ(勝手にシリーズ)

イメージ 16

「纏うもの」
イメージ 2
多分好評だったと思うんです。
いらした方が、お題に興味を持ってきました、
面白いですね。
こういうのいい。
そうおっしゃってくださってる方がいらしたから。
イメージ 3

出展者さんたちには、大変だったかと思います。
わかるようなわからないような出題の仕方。
でも、面白いと思って乗ってくれた。
その成果はしっかり出た展示になったのかなと。

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6


そんなお客様と出展者様たちのおかげで、とても楽しく充実した展示に。
間の土日に手作り系ワークショップも入れてみたりで、
どうででしょうか。
ワークショップや体験、などは入れていきたいなとおもいます。
勿論展示の内容いかんではありますが。

↓上部左のDMに使った青木干城さんのおっさん猫の写真、
見覚えある方おいでかもしれません。
実は、これ以前の「さくらねこ写真展」にて青木さんが展示してくれた写真。

その時は「纏うもの」の企画が既に頭の中にはあったものの、
未だ具体的ではなかったのですが、
この写真で、出来る!とGOサインが入ったのは確か。
そして、そこに別の纏うものを加味して。
そうして出来た企画でした。
これ、どうしても今年のうちにやりたい!
だってメンバー揃ってきてるもの。

そして発動!!

イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

あざらしも、タヌキもリスも、これだからこそ!
その中に自然の営みも見えて。

そして、写真以外の表現でも協力してくださる方が。
イメージ 17

イメージ 15
イメージ 10
イメージ 11

イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14

ワークショップもとても楽しく出来たと思います。
それは次回のブログで・・・出せるかな?(亀もいいかげんにしませんとね。自戒を込めて)




尚、次回の展示は7月20日から。それまではお休みさせていただきます。
ツイッターは時々呟きます。
よろしくお願いいたします。

(想定内のお休みですが、
その間は、自分とギャラリーのメンテナンス、および取材、打ち合わせです。
ご相談などは受け付けますが、メールなどでお願いします。)

イメージ 1

開くトラックバック(0)

6月2日日曜日13時より
Gallery Pawpad 企画展
「纏うもの~猫もいるけど何がいる?〜」
がはじまります。

6月15日土曜日まで。
5日水曜日、12日水曜日、13日木曜日はお休みになりますのでご注意ください。
平日14:00~18:30
土日13:00~19:00
最終日はクローズ17:00まで。
イメージ 1
出展参加者:{写真}青木干城・伊藤匠・小沢竜也・kiyochan・Masahito Sato・丹治輝  {作品}ichironyan・empty can・小林ゆり・酒井勝・さみぃ

今回は参加者の皆さんから、お題が難しいと言われています。
さてさて、どんな写真や作品が飛び出しますやら、お楽しみでございます。

尚、ひらめきの隠れたテーマのひとつは、ファスナーおろせばみんなおっさん、です(笑)

小田急線祖師ヶ谷大蔵、世田谷のウルトラマン商店街にある、Gallery Pawpadにてお待ちしています。
イメージ 2
尚、7月は今回の企画展にも出品していただいております、
酒井勝氏の個展となります。
イメージ 3

次回展示の纏うもの。

展示期間中にあるempty canさんのワークショップのお知らせです。
まだ若干名空きがあるようです。

イメージ 1


又、9日(日)はIsonoさんによる手芸カフェも開催です。

今更聞けない縫物や手芸のあれこれも聞けちゃう、
気軽に試せるワンコイン手芸カフェ。
こちらは事前お申し込み不要で、席があればいつでもどうぞ。
道具材料などは講師がご用意されるようですが、
ご自分の中途で未完成のものなどお持ちいただくのもよろしいかもしれませんね。
初の試みなので、皆さんでよくしていきませんんか?
御協力お願いします。

↓後ろファスナーも捨てがたい!
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

皆様のぉいでをお待ちしておりますね。


開くトラックバック(0)

連日、「東京猫色写真展」は好評をいただいているようです。
ありがとうございます。
イメージ 2
明日はいよいよ最終日になりました。
猫色メンバーさんたちも詰めております。
どうぞこの機会にぜひ。
CLOSEは16時になっておりますので、どうぞご注意くださいませ。
イメージ 3
お知らせを3つ。

その1
「災害で消えた小さな命展」の際、お忘れ物があったそうです。
ギャラリーでお預かりしておりますので、お声をおかけください。
暫く保管させていただきます。
イメージ 1

その2
ギャラリーのレンタルなどにつきまして、
ご相談ご質問は、出来ましたらメールにてお願いいたします。
又、開店日にお店の状況にもよりますが、
対応させていただけるときもございます。
(その際、出来るだけ事前にメールなどいただけますと助かります。)
出来ない場合、又、店主が不在の場合もございます。
ギャラリーは展示がない場合は、基本は閉店しております。
展示がなくてもワークショップなどでの使用はありますが、
その場合は、基本的に一般のお客様はお断りをしております。
メールアドレスは、
です。

その3
告知が遅れましたが、
6月の展示はギャラリーの公募企画展
「纏うもの〜猫もいるけど何がいる?〜」になります。
イメージ 4
出展者の皆様の解釈がどのようになりますか。
猫被ってるのかもしれませんね。

今回の展示、ワークショップなどのイベントがございます。
一部告知も出ておりますが、
追って、又お知らせさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。





開くトラックバック(0)

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事