ここから本文です
gallery paw padのブログ
小さな街の小さななんちゃってギャラリーです。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

はじまるとあっという間。

なんて早いんでしょう。

「やさしいねこ」太田康介写真展
本日最終日になります。12時より19時まで。
イメージ 3

「やさしいねこ」をはじめとしての著作本販売、ございます。

イメージ 1
昨日、「残された動物たち」「待ち続けた動物たち」
そして、
「しろさびとまっちゃん」台湾版
イメージ 2
も入荷しました。
台湾版、レアではないでしょうか。

土日は、台風の影響での酷い雨のお天気のさ中、
遠方よりのお客様がおいでくださっておりました。

ありがたいことです。
ぽーちゃんのやさしさが皆様にも伝わりますように。

イメージ 4

太田さんもサインを入れてくださいますよ。
真面目な顔の太田さん。

イメージ 5

そして、太田さんには及ぶべくもございませんが、
2011年から被災動物ボラに少々関わっていた身としましては、
ぽーちゃんを知ることにより、太田さんを知り、
そして東日本大震災時の、あの被災動物たちの苦難を知っていただけるのは
有難いことです。
そうやって、広がっていくのはとても嬉しいです。

正直、関わった者たちにはもう当たり前に普通になっていたこと、
例えば、街中でダチョウを見かける、といったことを
ご存じなかった方もまだまだおいでだったことに、
ある意味衝撃を受けました。

それも理解できます。色んな状況があるから。
それでも、もう7年になろうとしてるのに、とも思います。


ここ数年何回か世田谷区のギャラリーのある地域での防災訓練では、
ペット同行避難訓練が、「一応」組み込まれております。
今年は、今までその会場となっていた地元の小学校が改築工事中なので
ないかとおもっていましたが、どうも会場を移して今年もあるらしいということが、
地元の裏道の掲示板の傍に掲示してあったそうです。
そして、世田谷区のHPを見たら、まだ掲載していなそう。

毎年毎年、防災訓練の宣伝が足りないと意見を言っている。
毎年毎年、世田谷区のHPから、防災訓練の告知の場所にたどりつくのが大変なのも意見として訴えているつもりだけど、いつになったらなおるのだろう?
今日にでも大地震が起きた時、もう間に合わないよね。
東京では、東北各地とは又違った大災害になるでしょう。
その時、どうするのか?

みんながぽーちゃんのようにやさしいねこじゃない。

そう憂えてしまった昨晩でした。

10月30日月曜日、12時から19時まで。
太田さんとぽーちゃんと、オーナーでお待ちしております。

まったりとじっくりご覧くださいませ。

イメージ 6
次回は、もうひとつのずいずいずっころばし

イメージ 7

俵の鼠が米喰ってちゅう、ちゅうちゅうちゅう



この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事