ここから本文です
gallery paw padのブログ
小さな街の小さななんちゃってギャラリーです。

書庫動物保護関連

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

さくらねこの写真展は、
単に記録写真ではなく、写真としてのクオリティも保ちながら、
避妊手術の印である耳カットに関心を持っていただくなどの啓蒙発信を目的の一つとして始めました。
それが写真だけでなく、立体作品や絵画などの助けも経て、
いつのまにかパート5
店内に置く募金箱と段々増えて行った販売グッズのおかげで少しまとまった金額もキフ出来るようになったのは、一重に出展者さまたちのおかげです。

皆さん、色々考えてくださいます。有難い。


去る4月に展示を開催いたしました、
「さくらねこ写真・作品展」パート5(2019年)
こちらでのチャリティとしての活動の報告が遅くなりましたことを
お詫びいたします。
ご参加いただいた出展者さまには、
写真や作品での「さくらねこ」の普及啓蒙、
又、作品販売やイベントの開催、
店内に募金箱を設置などでのチャリティに協力いただきました。



店内募金箱にプラスして、
皆さんの物販からのギャラリーマージン分:25625円     
イベントの売上げより、ギャラリー手数料分として5500円    
フォトブック売上げ利益分:8492円   
              合計39617円
こちらに383円をギャラリーから足して合計4万円を支援金としました。


今回、ギャラリー地元の地域猫活動に関係するところに寄付したいという、
出展者様たちとの合意により、世田谷で地域猫活動を邁進していらっしゃる
チームSLPさんにご紹介をお願いして、これから地域猫活動をしていくであろう
自治会、町会に半分づつ支援させていただくことにいたしまして、
ここに報告とさせていただきます。
イメージ 1
イメージ 2


自治会名、町会名は、猫の居場所の特定を防ぐために隠させていただきました。
どうぞ少しはお役に立てますように。
又、その活動に実りがありますように。

この度の支援に関しましてご教示、ご協力いただきました皆様に感謝いたします。



遠方より、素晴らしいミモザをお送りいただきました、Kさん、ありがとうございました。
フラワーデザイナーHさんが素敵に仕立ててくださいました。



おなじみ、酒井勝氏の「その場で猫を描きます」イベントもチャリティとしてくださいました。

ありがとうございます。

来年パート6が出来ますように。
パート6の募集、ご案内は年末ごろしたいと思っております。
どうぞその際はよろしくお願いいたします。

尚、今回のフォトブック、若干数在庫ございますが、
再発行分は主に啓蒙のために配布させていただいています。
販売分はギャラリーの片隅に置いてあります。

Gallery Pawpad

開くトラックバック(0)


平林佳代子さん撮影の
「いるまのねこ」カレンダー、2019年度版、
若干数入荷いたしました。

1部千円で、売り上げは入間の猫さんの為に使われます。
(全額そちらにお渡しします。)

都内で買い求めれますので、よろしければ。
写真集としても素敵で、なおかつ猫の為になりますよ!

平林佳代子さんの写真展、来年1月に予定しております。
どうぞお楽しみに。
寒いところにホットな写真展になりそうでわくわくです。

イメージ 1

開くトラックバック(0)

イメージ 1
(Beeちゃん、生後2か月くらい。友人の撮影してくれた写真です。)

数年前のある日の事。

こんな悩殺な子が目の前に降ってきました。

その頃、ほぼ毎週通りがかる場所の、今まで猫を見たこともない場所で
遠くから子猫の泣き叫ぶ声が。
(母猫呼んでいる?)

そばに線路があり、もしやそこに子猫が落ちてる?と気にしながら
様子を確認しながら歩いていると、
でかいマンションにくっついている小さな公園?の植え込みのそばに、
サラリーマンらしき男女がなにやら額を突き合わせてたたずんでいる。。。。
泣き叫ぶ声は続く。

(嘘だ、違う、猫の声じゃない)wwwと思いつつ、
結局どうしたんですか?と声をかけると、

植え込みに隠れていく細い尻尾・・・。
見ると、お弁当用アルミのカップにミルク。

ネコですか?と聞くと、
そうなんです、とおねーさんが言い、そのまま去って行ってしまう。
男性とともに。(苦笑)
「おーい、丸投げかよー!」
と叫ぶ余裕もなく。(大笑)

さーて、どうすっかなあ。
そこは地元ではないけれど、通っている場所なので、多少の土地勘はある。
その近辺、ゴミ捨て場だらけなので、まず間違いなくカラス多い。
その時もカラス凄かった。確か近所の民家でカラスのたまり場になっているような木もあるし。

しばし逡巡。
ミルクを少し植え込みに押しやると、仔猫が顔を出して飲み始める。
(下痢しないでよーと思いつつ)
綺麗な仔猫。捨てられたばかり?毛並みは外にいるっぽくないけれど、
すぐどうのこうのはなさそうなので、ほんの少しだけ辺りをチェック。
ハハネコはすぐ近くにはいなそう。
糞とか痕跡もなさそう。

何故か、その日駅前で配っていたトートバッグをもらったのを取り出し、
ミルクに夢中な子猫をむんずと捕まえて、
トートバッグに押し込み、ベンチに座って暫く撫でて落ち着かせる。
その間も辺りをチェックしつつ。。。

そうしてやってきたのが、仮名Beeちゃんでした。

保護活動を応援し、後方支援や啓蒙を手伝い、
積極的に宣伝もするけれど、
現場には出ない。
間の折衷役に徹する、と決めてギャラリーを始める、
そう決めたのに保護してしまった。
まさか、その年にその後7匹も保護することになるとはおもわずに。
(その後はそういう機会に幸いなことに?恵まれなくて、最初の決め事を守ることが出来ています。)

イメージ 2

そんなこんなで隔離期間をギャラリーと友人の家で(感謝!)過ごしたのち、
自宅にて保護することになりました。

知合いのカメラマンさんとかが、撮影しに来てくれたりして、
写真映えもする子なのに、何故かなかなかご縁がなく、
でも待った甲斐のあった、素敵な里親さんが見つかり、
相思相愛のBeeちゃんは、ヒナちゃんという新しい名前をいただき、
(赤い彗星の)シャア君と言う心の広いおにーちゃんを得て、新生活に。

何度かお邪魔したのですが、引っ越されたという事で新居にお邪魔してきました。

イメージ 3
最初は、誰?!

イメージ 4
何故か愛想のいいはずの兄まで同じ行動を(笑)仲いいねー。

イメージ 5
階段を行ったり来たりしながら、少しづつ近づいてきて、

あれ?もしかして、おばちゃんは・・・?

イメージ 6
近づいてボケてしまった、写真。それすら愛おしいけど。

私の声音?に反応してたのかな。
その後匂いを確認して、そうなの?となり。。。

いやー、感無量ですね。
前回お邪魔した時も、結構早くに思い出してくれたのだけど、
正直、もう私を忘れててもいいと思ってた。それだけ幸せになってるのだから。
でも、覚えてくれてるのは心底嬉しい。

イメージ 7
その後は、膝にも来てくれるし、ゴロンスリン、撫で要求。

感無量とはこのことか。

今でもムスメです。
嫁に出したと思っています。
Leiさん、本当に家族にしていただいて良かった。
ぜんぜん心配していません。
どうぞ末永くお願いします。






Gallery Pawpadはあくまでも、
レンタルギャラリーです。
動物メインで動いていますし、チャリティやボランティアを応援しますが、
現場作業などは、私が病身の為に活動に限りがあり、出来ません。
目の前にいる子を見捨てることは出来ませんが、
その時の事情によっては、現在自分の家族としているねこズを優先します。
これは、少しのボランティア活動を経験して理解したことで、
自分の出来る範囲で、出きる事を末永くなるべくする、というスタンスです。

その中での一幕、とご理解くださいますように。

尚、ご自分で企画され、運営もされる、責任をもった形での
譲渡会報告会などでのレンタルにはぜひご協力したいと思います。
ご相談にも応じます。




開くトラックバック(0)

おはようございます。

本日も「さくらねこ写真展3」14時OPEN
山崎航氏在廊予定でございます。

スペシャルゲストがゆる〜く在廊かも?
さて誰でしょう?

明日の土曜日はお休みですが、日曜日はなんとあの、あの
アマチュア落語家で獣医師の、moco先生が
落語とトークを!!16日日曜日14時よりです!
ご期待ください!!
イメージ 1

今日で熊本や大分のあの大震災から1年たつのですね。

色々考えさせられている震災です。
東日本大震災の教訓が生かされたかな?少しは、と思ったのもつかの間、
またいろいろなことがあります。

Gallrery Pawpad、では、熊本などの被災動物の為に少しでも、と
初めてハンドメイド作品を公募させていただき、
その作品を販売することで支援金にかえさせていただきました。

一旦終了した後、店内に展示によって置けるときに
募金箱を置かせていただき、
今年の3月31日でひとまず終了と、しめさせていただきました。
この金額の中には、ハンドメイド作品やフリマのものを後からお買い上げくださった方の商品代も入っております。

その総計ですが、30801円になりました。
(前回振り込むときに、キリよくしてしまって残っていた8円を足してこの金額です。)

今回も被災動物の保護などに実際に九州に行かれて活動されていた
チームうーにゃんさんに振り込ませていただきました。
ネット送金しましたが、ご本人より振込確認済実のご連絡をいただいております。
うささん、お忙しい中ご確認ありがとうございました。

尚、前回のご報告は、こちらです。(当ブログ記事にリンク)

熊本の為にお願いしました、ハンドメイド作品で、
パウパッドにおまかせくださる、とありがたくもおっしゃっていただいた作品
(作品バックご希望の方のものは返送済みです。)
がまだ、若干残っております。
近日にフリマをしたいと思っておりますので、
その際にハンドメイドコーナーを設けさせていただこうと思っております。

店主、昨年秋に急に持病持ちになってしまうという事態が起きまして、
ゆる〜い運営がますますゆる〜くなっておりますが、
まだまだ頭の中に企画もありますので、まだゆる〜く続けていきたいと思っています。
どうか、なまぬるく見守ってくださると嬉しいです。
そのため、企画展など、また開店日など、休廊日が多くなり、
開店時間もまちまちで、皆様にご迷惑かと存じますが、
どうかご理解いただけますよう、お願い申し上げます。

又、改めてご報告申し上げますが、
昨年から今年にかけてしておりました、企画展天売島のねこについて
その際に置きました募金箱の中身をあけて、
そちらは天売のねこ問題の連絡協議会さまに振込済みです。
こちらは22974円になります。
(小林三枝子さん作成、協力パウパッド、&畠山雅子氏のフォトブック販売分も入っております。)

これからもPawpadをよろしくお願いします。


開くトラックバック(0)

はい、隼人君、譲渡会では固まってしまい、
その美貌を発揮できず。。。
残念なりでございました。
イメージ 1
昨年10月に某所で保護。
親たちはリリースで、兄弟たちとともに里親募集。
6月末に生まれたらしいので1歳になりました。
白にグレーの模様のイケメン男子。
但しものすごい慎重派で、イマイチまだ人を信じ切ってない感があり。
でも、こんなこを自分の手で幸せにしたい、と思われる希望者さん、
おいでになりませんか?
保護した時は栄養失調で発育不全でしたが、立派に育ち(すぎ)ました。
エイズ白血病検査マイナス。去勢済。
仔猫の時にみょーにおとなしかったので、一般血液検査は受けており、
問題ないという結果でした。

お問い合わせをおまちしています。

尚、大蔵地域猫の会さんでお願いしていました、
たまちゃんですが、幸い里親さんが決定しております。
ありがたい、ありがたい。
隼人も続け〜〜〜!!!

譲渡会、選挙もあったせいもあるかもしれませんが、
随分と沢山の方においでになっていただいて本当に感謝です。

またしばらくは休廊しておりますが、
猫毛祭りが8月5日から始まります。
どうぞおいでくださいませ。

皆様の夏の善き日を!!

開くトラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事